カンボジアで訪れたいアンコールワット+トム+タプロームの旅!

カンボジアで訪れたいアンコールワット+トム+タプロームの旅!

カンボジアに行くなら、どうしても有名なアンコールワット、アンコールトム、タプロームの3箇所を見たかった私。思い切って行ってきたので今回は一部、アンコールワットでの朝日鑑賞を紹介します。

参加したツアーは、朝日鑑賞 (早朝ピックアップ) から始まり夜の21時までの行程。まさに「凝縮」のツアーでした!
最初に、マイクロバスで迎えに来てくれて、みんなでアンコールパス購入所に向かいます。(アンコールワット遺跡群を見学するためにはアンコールパスという入場券が必要なのです。)

早速アンコールワットでの朝日鑑賞📣🌄初日の出並みの人の多さに驚愕!

この日はタイミングよくサンライズが見れなかったけど、それでも待っていると朝日が顔を見せてくれた!!

このあと、遺跡3箇所を堪能して夕日もしっかりと見届けた。3箇所もまわる凝縮ツアーだったけど、朝日も夕日も両方見れて大満足な旅だった!いつか気球にのって朝日が見れるアンコールバルーンにもチャレンジしてみたいな。

【貸切or混載】アンコールワット3大遺跡1日観光ツアー 朝日夕日鑑賞+アプサラダンスショー 空港お送りプラン選択可!<昼・夕食/日本語ガイド/気球オプション有> | シェムリアップの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

3大遺跡観光(アンコールワット、アンコールトム、タプローム)と朝日&夕日鑑賞が付いた凝縮ツアーの決定版!昼食、夕食付きが嬉しいポイントです。美しい朝日とアンコールワットを上空から鑑賞いただけるアンコールバルーンオプションも選択可。

アンコールワットの有名どころを効率的に観光できました

投稿者:ベルディ
参加日:2018-08-15
気球で朝日を見るオプションを付けましたが、あいにくい曇りの天気で見られませんでした。6時過ぎには夜が明けるそうですが、気球が安全に飛べるかのテストを開始したのがもはや7時前からですので、天気が良くても朝日が昇るところは気球の上からは見られません。正直、このオプションはつけなくても良いかもと思います。
アンコールワットの3大遺跡は効率良く回ってくれて、解説も聞くことができるのでわかりやすいです。おすすめ写真スポットなども教えて下さり、大変良い観光でした。
遺跡巡りはずっと外ですし、アップダウンもあるので必ず水分は多めに持っていた方が良いです。トイレ休憩もありますが、外のトイレですのでティッシュやアルコール消毒は持っておいた方が良いでしょう。
昼食・夕食はおいしかったです!カンボジア料理って日本ではなじみないですが、日本人が好む味付けだと思います。
夕食は伝統ダンスを鑑賞しながらですが、ショーが45分くらいありました。踊りの意味が記載されたパンフレットを頂き、楽しめました。ショーの後は、踊り子さんたちと写真撮影が可能ですので記念にぜひ撮ってみて下さい!
  • 遺跡の上でいい感じに腕を曲げて寛ぐお猿さん

濃密で楽しい一日!

投稿者:美食王(旅人)
参加日:2018-07-15
7月の三連休の中日に参加。参加者は女性6名、男性1名で、関西人の女性を中心に(?)非常に和やかな雰囲気でした。ガイドのカンボジア人男性はささやき声のイケメン!(笑)常に笑顔で説明も丁寧で、日本語も問題なく、飽きさせないよう適宜クイズを出してくれていました。ピックアップ時間も数分差がある程度で申し分なし。午前中に歩き廻って疲れたことから昼食後に1時間のマッサージ時間を確保してくれ、午後も支障なく楽しめました。雨季のためか朝日も夕日も曇っていて見れませんでしたが、重要な遺跡群をそれぞれ短くも長くもない適切な時間で丸一日見て回ることができ、非常に濃密な一日でとても楽しめました。ありがとうございました!
  • 幻想的な朝日です。

憧れのアンコールワットを大満足できるツアー

投稿者:父さん
参加日:2018-06-26
早朝でのピックアップで寝坊しないか緊張して前夜ぐっすり寝れませんでしたが、朝日のアンコールワットは最高です。一生の記念になります。ガイドのポンさん(Sophon)の歴史背景や今までの色々な出来事を語って頂き、目と耳と歩く事から感動が伝わって来ました。たまたまオフシーズンの参加で少なかったため、プライベートツアーの様になり超ラッキーでした。ランチも夕食も付いてこの価格では儲けがないのでは?と心配になるくらい至れり尽くせりのツアーです。ホントにこのツアーはお勧めです。ちなみに、夕陽は雨天のため見れませんでした。これは仕方がないです。しかし、その時間にマッサージに案内して頂きました。これも良かったです。
  • 朝日に照らされるアンコールワット

1日中楽しめました!

投稿者:WAKA
参加日:2018-06-21
今回、初アンコールワットでした。
一人旅でも料金が変わらない理由でこのツアーを選んだのですが、予想以上に満足しました。
朝日鑑賞では、朝日によって刻一刻と色が変わる空、アンコールワット及び池の水面を十分に楽しむことが出来ました。まさに息をのむ瞬間でした。
その後のアンコールトム、タプローム、アンコールワット観光では、ガイドのトラさんの流暢な日本語説明により観光のポイントがよくわかりました。また、トラさんは写真撮影ポイントをよく知っているだけではなく、アイフォンの撮影機能についても熟知しており、おかげで良い写真が撮れました。
夜の舞踏鑑賞も舞台に近い席で、楽しめました。
食事はカンボジア料理ですが、思ったよりも口に合い、箸が進みました。
1日中遺跡を歩き回りましたが、心地よい疲れでした。

日本語堪能なガイドさん☆ 1組ずつ撮影もしてくれて、その技術にも圧巻でした!

投稿者:Haru-na
参加日:2018-05-20
4:30頃に集合〜21:00頃に解散と丸一日のツアーでしたが、ツアーガイドさんも日本語が堪能で問題なく充実した1日を過ごすことができました。ちなみに帰りはパブストリートなどの希望場所で降車も可能でした。(帰りに言えば間に合います)

朝日を見た後に一旦ホテルに戻り、1時間半〜2時間程度の休憩が入るのも助かりました。飲み物を買える機会があまり無いので、事前に1,2本用意しておくことをお勧めします。私たちは5月中旬の雨季に訪れたこともあり、かなり蒸し暑く「冷えピタ」や「水で濡らして冷えるタオル」「帽子」が大活躍でした。日傘も使えますが、遺跡の中は狭いので使いづらいと思います。

途中で夕日に行く前に時間に余裕ができたからか、マッサージ店(1時間$15) or スーパーに行くかを選択でき、私はそのタイミングでお土産を購入することができました。

アンコールワットではスコールで第3回廊へ上がれませんでしたが、同じ高さの他の遺跡を訪れてくださり、そこがまた絶景てー感動しました!!天気に恵まれませんでしたが、臨機応変に対応いただけたお陰で落ち込むことなく楽しく過ごすことができました。

また、何よりこちらのガイドさんはiPhoneのパノラマ機能で素人では撮れないような素敵な写真を撮ってくれるのもおススメです!(こちらのツアー会社の他のツアーも参加しましたが、どのスタッフさんもこの技術をお持ちでした!)

丸1日、暑さもあってなかなか疲れますが、それでも見どころ満載で、この価格でこのパフォーマンスは大満足です!

大満足のカンボジア

投稿者:ふちこ
参加日:2018-05-11
初めてのカンボジア旅行。
小学3年生の子ども連れでの旅行だったため専用車で申し込みました。
まずガイドさんが日本語堪能で丁寧でちょうど良い距離感を保ってくれてストレスなく観光ができました。写真もたくさん撮ってくれました。
ホテルでの休憩時間もあったため1日観光でもそれほど疲れず楽しむことができました。
またマッサージしたいことを伝えると空いた時間に連れて行ってくれ、次の日の予定も一緒に考えてくれましたし、紹介してくれたカンボジアレストランも清潔感がありリーズナブルでとても美味しかったです。
次回また訪れた時は同じガイドさんに頼みたいと思うくらいよかったです。
ありがとうございました!
  • 朝日鑑賞
  • 南大門
  • アサプラディナーショー 運なのか、センターの前の方の席で見やすかったです。

満喫アンコールワット

投稿者:かべひ
参加日:2018-05-05
ガイドさんも面白く、知識であふれていて飽きることはありませんでした。
朝日も見れて、夕日は曇ってしまいましたが途中で休憩が挟まれることもあり体力ももちました。
ディナーのバイキングも料理の数が多く、どれもおいしかったです。
強いていうなら、ガイドさんが遺跡の中で全員集まる前に説明を始めるタイプの方だったのでガイドさんのそばを死守しなければならなかったことと、トイレ休憩が少なかったことでしょうか。でも、トイレも、行きたいと感じたら伝えれば時間を作ってくれるはずだったので、申告すれば全然問題ありません。遺跡を見ているときって集中しているので気付くと我慢のギリギリだったりします…


ツアー自体と話はちょっと離れるのですが、
アンコールワットの入場券が、クレジットカードでも購入できます。
しかも手数料もかかりません!

私たちは前日の夜にベトナム出発をし、カンボジアに着き、空港で換金をせずホテルに来てしまったことに気付いたときは冷や汗⇒色々策を考えた結果、THE市街地のホテルではないこともあり早朝ピックアップ前にATMで、換金することにしました。
ツアー料金にはアンコールワット入場料が含まれていない為、ピックアップまでに現金を何としてでも作らなければと必死でした。

結果的には、なぜ「アンコールワット クレジットカード」で検索しなかったんだ…とカード払い可を知った瞬間自分を呪いました。暗い中、ATMを守っていたかのような野犬に吠えられおびえる経験もしましたので暗いうちの行動も気を付けてください。

カンボジアでは市街地に換金所はありますが、いたるところにATMがあります。帰り際空港で確認したら、空港よりもキャッシングの方がレートもよかったです。安全そうなATMはいっぱいありますので、お勧めです。

話は戻りますが、
ツアー行程・ガイドさん・車内での水販売・マッサージなど、コスパよく、とても満足でした。
  • 逆さアンコールワット

体力必要ですがかなり充実してます

投稿者:ぐっさん
参加日:2018-04-27
丸1日のツアーですが、主要スポットは押さえてあり充実した内容でした。1万5千-1万8千歩歩きます。当然アップダウンもありますので体力に自信のない方、お子様連れの方はゆっくりできるツアーの方が良いかもしれません。第三回廊は、ドレスコードありノースリーブ、膝が明らかに出ているショートパンツは不可。少しでも膝が隠れていればokとの事(ガイドに聞きました)。心配な方は朝日鑑賞時にガイドに確認すれば良いと思います。自分は半袖半パンサンダル履きで参加しました。アンコールパスはクレジットカードでも購入できます。英語できなくても簡単に買えます。大きさは98x75ミリです。紙製ですので雨や汗でクシャクシャにならないようにカードホルダーやジプロックなどに入れた方が綺麗に保管できますので旅の記念に考えている方にはお勧めします。汗かきの方は着替えを用意するのも良いと思います。車に一時保管、昼食時に着替えられます。最後に買い物などでお釣りを受け取る時はお札に破損や汚れがないかその場で確認、必要あればその場を離れずクレームして交換してもらって下さい。自身うっかり汚い20ドルを摑まされ、その後5店ほどで受け取り拒否の憂き目に遭いました。日本人 は慣れていないので気をつけて下さい。
  • 朝日鑑賞

アンコールワット観光を全部詰め込んだようなツアー

投稿者:クワトロ
参加日:2018-03-22
アンコールワット観光を全部詰め込んだようなツアーでした。早朝、朝日を見るために各宿泊ホテルまでピックアップに来てくれ、見事にきれいな朝日を見ることができました。その後、それぞれのホテルに一旦戻ってくれ、朝食を取ってからツアーが再開。午前中はアンコールトム、タプローム、昼食後、アンコールワット第三回廊に上り、第一回廊の壁画の説明を行ってくれました。夕方、プレループでのサンセットに行きました。前日と同じ場所でしたが、諦めていたらサンセットも少しでしたがきれいな景色を見ることができました。
このツアーは、昼食だけでなくカンボジアの伝統舞踊を鑑賞しながらの夕食が付いていました。かなりリーズナブルな価格に感じました。本当に凝縮されたツアーですが、朝4時30分頃から、夜20時30分くらいまでの長丁場になるので、体力が必要でしたが満足でした。団体のツアーでしたが、ガイドさんは一人ひとりの記念撮影に応じてくれ、ツアー客のスマホを利用しての撮影のテクニックが凄かったです。

専用車によるツアーは、自由もきいてとても満足できました

投稿者:ゆーいち
参加日:2018-03-12
早朝のアンコールワットでは、既に撮影ポイントの池の回りは人で溢れてましたが、ガイドさんが一番前で写真を撮ってくれてすてきな1枚が出来ました。
それ以外でも、インスタ映えのような写真を随所で撮ってもらえ、とてもいい記念になりました。
遺跡では一通りの説明だけではなく、こちらの質問にも丁寧に分かりやすく解説頂き、これも専用車ツアーの醍醐味だと思いました。
夜のアプサラダンスのディナーショーでは、舞台横の最前列の席で、踊り子さんの細かい動きや表情まで見ることができ、こちらも感動しました。
このツアーは早朝から夜まで長いてすが、途中ホテルでの約2時間弱の休憩時間は、シャワーを浴びたり出来てとても助かりました。
また、途中スーパーに寄りたい希望も叶えていただき、地元ならではの買い物も出来ました。
体調もあり夕方のプノンバケン寺院は急坂でもあり、残念ながらパスしてしまいましたので、是非リベンジも兼ねて再訪したいと思います。
はじめてのニュージーランドへひとり旅!

はじめてのニュージーランドへひとり旅!

転職活動の合格通知を受けて、新しい会社へ入社するまでに時間が出来た。思い切ってひとり旅でニュージーランドへ行ってみることに。今回の旅はオークランド(北島)からコロマンデル半島をぐるっと旅して、クイーンズタウン(南島)へ移動するプラン。 クーンズタウンはその名の通り「女...
グレートバリアリーフの真ん中でサンゴ礁に囲まれたい!

グレートバリアリーフの真ん中でサンゴ礁に囲まれたい!

一度は訪れたかった世界遺産の海。ケアンズから少し行ったところにある小さな島「ミコマスケイ」で体験した奇跡のような海の話をお届けします。 1. 白砂の島との出会い そこは1日に100人という入島制限のある星砂の島。サンゴのかけらが鳴らすカランコロンという音が印...