世界の中心で愛をさけぶ!(登れるうちに)

世界の中心で愛をさけぶ!(登れるうちに)

オーストラリアのエアーズロックが2019年10月26日から登頂禁止と言うニュースを見てから気になって仕方がない。10年前に一緒に登った仲良しメンバーでもう一度登れなくなる前に登ろうと、みんなへ連絡を取り合い急遽チームを再結成!夜には星空を見ながらみんなで笑って想い出話しに花が咲く。このメンバーで愛は咲かなかったけど、それぞれの愛を胸に世界の中心で愛を叫んでみた。

  • カタジュタ
  • サンライズ
  • ウルル
  • サンセット
  • ウルル

初めてのエアーズロック一人旅観光にお薦め!!

投稿者:candy
参加日:2018-08-05
ウルルの登頂だけが目的だったら、レンタカーや定期バスなどの選択肢もあったが、このツアーはガイドブックなどには載っていない旬の現地の情報も込みで、エアーズロックリゾート全般についてのインフォメーションを詳しく丁寧にかつ親切に案内してくれるので、一人旅では、なかなか現地の情報を得るのが難しく迷ってばかりで不安の方が多かった自分には、大変helpfulなツアーでした。

サンライズもウルル周辺の観光も出来たし、翌朝、再挑戦でゲートが開いたため登頂できた事、カタジュタではツアー仲間と写真を撮ったり、お喋りを楽しみながら散策できたし、サンセット会場の美しいウルルをバックに何よりもカナッペが美味しかった事、最終日には、優秀なスタッフさん達が、コネラン空港まで責任を持って送り届けて下さり、お陰様で何もかもが素晴らしく満足感で一杯のツアーとなりました。

特に帰りのシドニー空港での乗り換えルートの指南書など、本当にポイントを抑えたサポートをして下さり、とても感謝しております。

値段は少々高いかもしれませんが、このツアーをベルトラさんで申し込んで、コスパも含めて本当に良かったと思っています。

私はロックコネクションを強くお薦め致します。

初訪問にして初登頂出来たラッキーだったウルル

投稿者:たびくろ
参加日:2017-02-28
前日の夕方に同社のサンセットツアーで全貌を見れたウルルにサンライズ観賞の為早朝にまた訪れる。 まだ暗い中に浮かび上がるウルルをまじかに見た、サンセットとは違う感動である。
そして麓散策の為に再びバスに乗ると、ガイドのお姉さんが今朝は一週間ぶりに登山ゲートが開いているとの事!  内心、ゲートが閉まって居れば迷う事ないのだがと思っていたのだが。
登山口に立つと予想通りの急こう配に太い鎖がしっかりと張られている。
あらかじめ用意したゴム引き軍手をはめて登り始める、頑丈な鎖は太く掴み易いが重い。
靴は軽くて滑りにくいウォーキングシューズ。 最大斜度47度と聞いたが、鎖様様だ、登れてる、帰りはどうなるんだと思いながらも登った。やがて傾斜は緩くなり反対側の景色がちらちらと見え少し歩くと384mのウルル頂きに居た。記念写真を見知らぬオージーの人と撮りあった。
下りはやはり大変、一歩一歩ついた足が滑らないのを確認しながら降りた、途中で脚筋がブルブル来たが無事降りれた、まさにホットした。駐車場に向かい日陰で休んでいるとやがて山麓ツアーのバスと合流、後半の山麓ツアーを楽しんだ。 翌日、翌々日の脚筋痛は言うまでもないが、それに見合う登頂であった。
星5つのサンライズ登頂であったが、登頂は自己責任で頑張った我が脚に1つあげて4つとした。

サンセットよりも個人的にサンライズの方が好きでした!

投稿者:みんみん
参加日:2016-09-19
日の出前にサンライズ会場に到着、ホットコーヒーとクッキーなどの軽食で朝日を待ちました。日の出が始まると、パワーを感じます。感動して本当に涙が出ました。エアーズロックに来るまでは、アメリカのグランドキャニオンと同じようなものだろうとそこまで期待していなかったのですが、エアーズロックは時間とお金をかけていく価値のある神聖で本当にパワーにあふれた場所です。丁度9月に訪問した時期が季節もよく、日本ではお目にかかれないワイルドフラワーも沢山ありました。サンライズ鑑賞後は、エアーズロック登山へ。20パーセントの確立でしか登山できないと聞いていましたが、はじめ登山口に行ったときは前日の雨でクローズサインがあったのですが、2度目ダメもとで様子を見にいくとオープン!登山時間1時間半で強風にあおられながら、登頂を駆け抜けましたが、最高でした!

二人での初海外旅行

投稿者:meg
参加日:2017-08-02
初めての二人での海外旅行ということで、昔から行きたかったウルルを選びました。日本からの直行便がなく、シドニー乗り換えで少し疲れてしまったので、添乗員さんにお願いしたところ、柔軟に予定の変更やアドバイスをしていただき、安心して滞在できました。
朝日と夕日に照らされたウルルは、本当に神秘的で自然の雄大さと美しさを間近で感じることができ、またある程度自由に移動もでき、大切な人と二人でゆっくり過ごしながら色が移り変わるウルルの時間を楽しめたので、人生の中の大切な思い出になりました。添乗員さんも気さくで、バスの中もとても楽しく、また機知に富んだお話をたくさんして下さり、ウルルの文化的な側面も学ぶことができたことが、とてもうれしかったです。エアーズロックへの登頂は文化的理由でできませんでしたが、アボリジニの文化を尊重するとあまり登らないほうが良く、登頂しようかどうか直前まで迷っていたため、逆に閉鎖されて良かったかなとも思っています。登頂の代わりにエアーズロックの周りを歩きながら、普段は許されていない側面の岩を神話に基づきながら解説していただき、充実した時間でした。エアーズロック周囲と、カタジュタを1時間半ほど歩けたことで、ハードではないけれど気持ちよくしっかりとハイキングをした感じだったので、ウルルの自然を満喫できました。歩いた後は、冷たいおしぼりやお茶、朝は温かい飲み物など心温まる心配りをうれしく思いました。バーベキューは、まさにオーストラリアというようなお肉を食べれて、ワインも頂け、雰囲気も良く、素敵なディナーとなりました。星空は、あまり星に詳しくないのですが、ガイドさんの説明は面白く、自分では発見できない日本の星との違いも分かって、興味深く話を聞きながらゆっくり星を眺めることができました。自分たちで車を借りて回ろうかとも考えていたのですが、慣れない土地で忙しく過ごすよりは、ゆっくりと時間を楽しめる今回のツアーを選んで本当に良かったと思います。2日間を通して、細やかな心配りと、面白いガイド、そして優しく私たちの旅をサポートしてくださり、本当に感謝しています。これから行く他の方々もウルルでの素敵な思い出ますように。ありがとうございました。
  • 壁画には意味がありました

至れり尽くせりです

投稿者:ささまま
参加日:2018-07-12
エアーズロックの空港を出たところから、最後空港でチェックインで並んでいるところまで見守っていただきました。
何人かの方にお世話になりましたがどなたも親切で感じがよかったです。
なかでも二日にわたりカタジュタとウルル サンセットツアーとウルル サンライズと麓めぐりでお世話になったガイドのレイカさんは最高です!
声のトーン、間がよくて聞きやすかったです。もちろんお話の内容もよかったです。
二日目、10時に三回目のトライでウルル登頂が可能になりほとんどの方が登頂に向かわれたので、残った6名でウルルの麓めぐりをしました。
壁画の意味やひとつひとつの洞窟の説明を聞いたり、いい感じに写真を撮っていただいたり、おしゃべりしながら歩いたこの一時間が一番楽しかったです。
今まで色々なツアーに参加してきましたが、すべてを委ねてこんなにも楽ちんなツアーは初めてで本当にありがたかったです。
  • サンセット会場到着時のウルル
  • 時間が経つにつれ、代わっていきます。
  • 日没後のウルル
  • サンライズに、サプライズレインボー

一生の思い出に残る体験をさせてくれたツアーでした。

投稿者:中井 雄三
参加日:2016-08-31
「エアーズロック(ウルル)サンセット&サンライズ鑑賞とカタジュタ(オルガ岩群)散策ツアー<空港送迎付き/2日間> /スタンダードプラン」 に参加しました。
全般を通して、申し分なく、感謝の気持ちしかないようなツアーです。絶対にお勧めします。
空港到着時は、その日のガイドさんが空港で待っており、ホテルまで送ってくださいます、
ホテル到着後、少し時間をおいてサンセットツアーに参加しますが、カタジュタは直射日光が強い時間になると思われますので、帽子およびサングラスを持って行った方が良いです。カタジュタと呼ばれる場所はあまり有名ではありませんが、実際に行くと圧巻です。とても綺麗で是非お勧めします。
その後の、サンセットツアーはシャンパン付きツアーに参加しました。ちょっとリッチな気分で素晴らしい景色を見れますし、シャンパン越しの逆さウルルの写真も取れました。
刻一刻と過行く時間とともにエアーズロック(以下ウルルという。)は全く違う顔に代わっていき感動。その場にいた方だけしか体験できません。日が沈んだ後の景色も画になります。
ちなみに現地は晴れる日が多い地区ですのでそこまで天気を心配されなくてもよいのかなと思います。(絶対とは言えませんが。)
9月の夜はまだ肌寒いので、ジャケットのようなものを持っていかれた方が良いです。天気が良い地区ですので放射冷却の効果および乾燥してるので急に気温が落ち込みます。
サンライズは、現場でお茶とクッキーをいただけます。外国人観光客も多数来ますので早めの展望台での場所取りをお勧めします(少し寒いですが・・・。)。
ここも、太陽の角度により全く異なるウルルの顔を見れます。私たちの時は少し霧雨があったため不安でしたが、当日はどんどん雲がはけていくとともに、逆に霧雨のおかげで虹のかかったウルルを見れました。感無量です。
その後、ウルル登頂は天候によりできませんでした。しかし、登頂しない方、できなかった方のプランとして、ふもとを歩く散策ツアーや、カルチャーセンター見学などもあり有意義に過ごせます。原住民の方々の暮らしや、文化に触れられますし、散策ツアーは気持ちが良いです。ウルルへのハグができる場所もあります。
最後はしっかりと、空港まで送って下さるとともに、航空機搭乗時の諸注意なども丁寧に教えてくださいました。
今回のオーストラリア観光の中で一番の思い出となりました。私は2名のガイドさんにお世話になりましたが、それぞれ知識豊富で、ユーモアで、安心してツアーを過ごせました。
余談ですが、現地では2泊以上の宿泊をお勧めします。ウルル登頂は天候制限が厳しいです。その際は次の日に再度参加できます。もし、1泊だけだと再登頂の権利を放棄せざるおえなくなります。またツアー以外にも、リソート地区では展望台があるため、昼のウルルや、夜は天の川など満天の星空が見れます。一日ゆっくりリゾート地で過ごすのもアリです。
夜は、各ホテルにレストランもありますので食べ比べをするのもよいと思われます。
私は、カンガルーとクロコダイルとエミュのお肉を食べました。
リゾート地区内はスーパーも近くにあります。
決して値段は安くないと思いますが、個人で行くよりは遥かに充実した日を過ごせるとともに、安心して観光できます。

とってもおすすめ

投稿者:旅好き
参加日:2016-09-14
ツアー中ずっと日本語ガイドさんがついてくれるので、安心のツアーです。エアーズロックリゾートの概要、展望台の位置、ホテルのチェックインまですべて丁寧に教えてくれるので、英語ができなくても大丈夫なようにサポートしてくれます。
 1日目は残念ながら曇りで、サンセットも星空も見れませんでしたが、2日目は晴天で、日の出がきれいに見えました。日の出のポイントには展望台があり、最初は展望台の上で見ていましたが、混雑するし前に木があったりするので、実は一番ウルルに近い少し下りた部分のほうがきれいに写真がとれました。
 9月に参加しましたが、ウルル登頂は今年に入ってまだ8回しかゲートがオープンになっていないとのことで、正直あきらめていましたが、運よく上ることができました。ただ、登頂はかなりハードなので心しておいた方が良いです。体力にはまずまず自信がありましたが、最後までたどり着いて往復するので時間いっぱいで、最後のくだりはかなり足がガクガクでした。途中であきらめている人の方が多かったようです。それでも、一生に一度の経験なので、登頂できてとてもよかったです。
  • カタ・ジュタ

大満喫でした

投稿者:sora
参加日:2018-06-26
往復で送迎が付いていたので、楽ちん・安心でした。
(帰りスーツケースを何処で受け取るべきかも、航空会社スタッフに確認してくれました)

全ての散策時の説明も楽しく、写真なども撮って貰えるので一人参加でも問題無しです。
ウルル登頂再チャレンジとなった為、早起きは辛かったですが、2回もウルルサンライズが楽しめました!
最後の最後に、登山口が開いた時は手が震えました(もう駄目だと諦めてたので)
ツアー時間の関係上、1時間の登山時間しかなかった為、山頂までは行けませんでしたが、ウルルに登れたという感激と感謝でいっぱいです!

登頂再チャレンジで、3日間ツアーに参加となった為、お得に感じました。
ガイドさんは、気さくな方ばかりでツアー以外の質問にも答えてくれます。
本当に、参加して良かったです、有難うございました。

Kata Tjuta &Uluru sunset、sunrise❗️ &Uluru climbing‼️ 最高でした‼️

投稿者:yoshiki&tomomi
参加日:2018-05-01
今回、Sydney経由でUluruに始めて訪れました。年間30〜40%の登頂率だとネットで色々見ていたので、不安はあったのですが、見事に登山できました。
5月のGWを利用してUluruに3泊4日の行程でした。
催行会社のAATKingsのyukiさん始めフィリップさん他スタッフの方々ありがとうございました。
エアーズロック空港に到着して迎えに来て頂いて、説明を受けた後、ホテルへ。13時40分着でホテルで再度説明を受けて14時頃だったのですが運良くチェックインでluckyでした。
まずはKata Tjutaです。
風の谷を歩いて見ると、その大きさに本当に驚きました。途中、説明を聞きながら散策です。
事前に調べていて気にしていたハエは正直あまり気になりませんでした。ハエよけネットも買って行きましたが、使いませんでした。時期も良かったようですが、yukiさん曰く「ハエが払える程度なので少ないですよ」と(笑)本当に多いときは払えるというレベルではなく、白いTシャツの人を遠目から見ると黒いTシャツに見えるほどだとか(笑)
キレイな景色をハエよけネット越しではなく、肉眼で見たいというのもあったので、皆さんの判断で決めて頂ければ良いかと思います。
その後、sunriseへ❗️
天気も良く、キレイなUluruを見ることができました!スパークリングワインとカナッペやスティックサラダやsalmon?が美味しかったです。
その後BBQオプションに行かれた方もいらっしゃいましたが、私たちはHotelに送って頂き、タウンスクエア内のGeckosCafeにてdinnerしました。(滞在中ほぼココでゴハンを食べました 笑)
次の日は日の出前に出発してsunriseへ❗️暖かいcoffeeとbiscuitをもらって、またまたキレイなUluruを鑑賞しました。
その後、いよいよ念願のUluru climbingへ❗️
前の日は、10時にやっと登山口が開いて1時間しか登る時間が取れなかったとガイドyukiさんから聞いてドキドキでしたが8時前に登山口に着いた時点で開いていて climbing startです‼️
早い方だと1時間、平均だと2時間ぐらいで登り降りできるとのことでしたが、私たちは休み休
みで2時間半ぐらいかかりました(笑)
一番キツかったのは最初の7〜800mの鎖のある急勾配でした。遠目で見ているのといざ登ってみるのとでは大違いでした。ただ、鎖のある部分を終えると後は比較的ラクでした。
今回クツを登山用のクツにしたのですが正解でした。滑りにくかったので安全に、余計な体力を使わずに済みました。
そして頂上から見る景色は、ホントに最高でした‼️Kata Tjutaを望むこともできて地球は丸い!と、実感しました。
ただし、来年の10月26日から登れなくなるのですが、その理由、現地の方の気持ちをyukiさんから聞いたので少し複雑でしたがとても貴重な体験ができました。
余談ですが、次の日レンタカーを借りてMount Conner lookoutまで行ってきましたが、こちらもなかなかおススメです。
また、オーストラリアや他の国に旅行に行くときはベルトラさん通じて、様々な方にお世話になりたいと思います。
本当にありがとうございました。
palya‼️