ドイツのノイシュバンシュタイン城へ行くことに?

ドイツのノイシュバンシュタイン城へ行くことに?

ディズニーランドへ連れてってとダダをこねたら、彼が嫌だとすねてしまって大ゲンカ。このネタはもう禁句なんだと諦めていたら、ディズニーランドじゃなくてドイツにシンデレラ城のモデルになった『ノイシュバンシュタイン城』を見に行こうとグレードアップした答えが来た!もちろんすぐに仲直り。私って単純だけど、彼も私の気持ちを考えてくれたのかな?となんだか思わず嬉しくて、優しい彼をまた好きになってしまった。

ノイシュバンシュタイン城&リンダーホーフ城見学

投稿者:和田誠
参加日:2016-05-28
アテンドなしの4名で望んだ初めてのドイツツアー。
ノイシュバンシュタイン城への見学を予定してましたが、私達だけで交通機関を使って行くのは非常に不安でしたので、日本語ガイドツアーに申し込みました。

当日のミュンヘンはあいにくの曇り空、待ち合わせ場所のミュンヘン中央駅に着くと、あきらかにアテンドらしい女性が立っていましたので、向かって行くと声をかけて下さいました。明るくはきはきとした女性で気持ちも明るくなりました。

バスで向かうと次第に天気も良くなりまさに快晴、ヴィース教会を見学し、バスは目的のノイシュバンシュタイン城へ到着。
下から見上げるとそびえ立つ姿はディズニーランドのお城のよう。そしてマイクロバスで城前に到着し、少し待って日本語ガイド案内をいただいてからいざ城内へ。
城内の豪華絢爛さに圧倒されてしまいました。中の写真を撮れないのは残念でしたが、とにかく当時の貴族の生活が蘇ってくるようでした。

その後、リンダーホーフ城へ到着。
前のお城ほど豪華さはないにしろ、敷地の広さと自由な雰囲気に大満足。再度見学しても飽きが全くこないほどの楽しさだったのではないでしょうか。

全ての見学を終えてからは、特に渋滞もなく無事にミュンヘンへ到着。バス内ではアテンドの女性がミュンヘンの見どころや食事処などを紹介してくれましたので、大変参考になりました。

最後に・・・アテンドの女性は城内やバス内でもいろいろ教えてくれ、非常に良い旅になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

雨のノイシュバインシュタイン城

投稿者:tomochan
参加日:2016-06-09
ドイツ旅行を決めた1番の目的は、ノイシュバインシュタイン城を訪れる為でした。初めてのドイツ、個人で行くには不安だった為、今回このツアーに参加しました。

朝一、ミュンヘン中央駅で集合。
第一の目的地、ノイシュバインシュタイン城‼︎移動のバスの車内では、知識豊富な現地在住の日本人ガイドさんが説明してくださるお話がとても興味深く、お城まであっという間に時間が過ぎました。

朝からあいにくの雨で、ノイシュバインシュタイン城は雲に覆われ、遠くから全貌を見る事ができず非常に残念でしたが、神秘的な世界が広がっていました。見学時間が決まっている為、時間に合わせて城に向かい入場。日本語オーディオガイドを聞き、歴史的背景を学びながら城内を見ることができ良かったです。

次に訪れたのがヴィース教会、外の長閑な風景からは想像出来ないほど中の天井壁は豪華で美しいものでした。その後、オーバーアマガウ、リンダーホーフ城を訪れ、個人では絶対に回れない場所を1日で訪れることができ、本当に充実した1日となりました。

最後に、アテンド頂いたガイドさんは本当に素敵な
方でした!!知識豊富で優しい方で、ツアーには関係ないお勧めのレストランや列車の乗り方等も教えてくださり本当に感謝しています。
次回は天気が良い時に、お城の違う姿を見れる日を楽しみにしています。
  • マリエン橋とノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城、ヴィース教会&リンダーホーフ城を満喫

投稿者:Tammy
参加日:2016-07-10
7月中旬に参加。日曜日のミサの都合でヴィーズ教会見学は午後に変更され、午前中はノイシュヴァンシュタイン城でゆっくりできました。マリエン橋は改修工事中で通行止めでした。代わりにマリエン橋とノイシュヴァンシュタイン城が一緒に見える場所に案内してもらいました。ノイシュヴァンシュタイン城見学後は、事前に買っておいたサンドイッチで昼食をすませ、集合時間までお土産を買ったり、写真を撮ったりしました。午後観光したヴィーズ教会やホーエンシュバンガウ城も期待通り素晴らしく、オーバーアマガウ散策も楽しかったです。
ノイシュヴァンシュタイン城もホーエンシュバンガウ城も、入場中は日本語オーディオガイドがありましたが、ガイドさんも一緒に入場してくれて、心強かったです。個人旅行なら見逃していたスポットもあり、入場時間制限チケットを買うにも時間がかかったと思います。
移動の大型バスはトイレ付き。ガイドさんの説明(見学地の歴史的背景、ドイツの生活事情、ミュンヘン市内の見所など)は大変参考になりました。
個人で行くには不便な観光地を効率よく見て回れ、私達は大変満足です。是非お勧め致します。
  • ノイシュバンシュタイン城

車窓の旅、ノイシュバンシュタイン城

投稿者:Dt125
参加日:2017-05-24
バスで行くツアーを予約したかったのですが、予定日に合ったプランがなく、こちらに決めました。英語のみということや体験談が少なくて、少し不安がありました。

城への入場は事前に予約が必要とのことでしたが、VELTRAさんに問い合わせをしてみると当日集合前に事務所で購入できるとのことでした。

集合時間よりも15分ほど早く訪れて、事務所のスタッフさんにツアーのバウチャーを見せて、ノイシュバンシュタイン城へ見学をしたい旨を伝えると、なんとか伝わったようでした。清算をするとツアーの詳細とノイシュバンシュタイン城見学の記載があるレシートを渡して下さって、集合時間に事務所の前へ集まるようにと教えて貰いました。集合時間頃になると事務所カウンターに観光客がたくさん集まってきたので早めに訪れて正解でした。

他のツアーも同じ時間頃に集まってきていて、参加するツアーが分かりにくかったのですが、香港からの参加のカップルが同じツアーということでちょっと安心しながら待っていました。
集合時間ピッタリになるとガイドさんらしい男性やツアーの参加客がいつの間にか集まっていて、ガイドさんが軽く自己紹介した後、すぐに列車へ向かいました。
みんな集合時間ピッタリに来ることやすぐに移動したことにビックリしましたが、列車に乗った後にガイドさんがひとりひとり名前や自己紹介などをされて、参加するお客さんを確認されていました。ガイドをしながら冗談を交えて話されていて、とても楽しい雰囲気になりました。

ミュンヘンからフュッセンへの長距離列車で、列車の中はとても綺麗でした。
前日に国際列車に乗りましたが、列車内の清潔感や明るさ、綺麗さが全然違っていて、快適でした。途中に乗車券のチェックなどもあったようでしたが、団体客なのでスムーズに済みました。

参加当日は晴れ時々くもりの天気で、列車走行中はとてものどかな田園風景、町並みで、気持ちが良かったです。
当日スケジュールにはフュッセン到着後30分ほどランチタイムとのことでしたが、バタバタしないように集合前にパンやドリンクなど昼食を買って、列車内で食事をしました。
フュッセンへ到着するとすぐにバスへ乗りこみ、城の麓まで移動しました。
(値段は5€ほどだったと思います。)
そこでランチタイムが30分ほどありました。フュッセンの駅~街で少しでも探索したかったなぁと思います。城の麓には小さなお土産やさんやレストランなどのお店があり、すぐに時間は過ぎました。

城の麓から登ってまずマリエン橋で撮影タイムがありました。個人で訪れても、ここまでスムーズに来れなかったと思います。マリエン橋から見る、ノイシュバンシュタイン城は素晴らしかったです。

ガイドさんから城への入場券を渡され、城内を見学した後はランチタイム後の集合場所まで各自向かうように言われました。ガイドさんは分かりやすいように地図載っているパンフレットで集合場所に印をしてくださって、集合時間も念押しして、わたしと友人が迷わないように気遣って下さいました。また一緒に参加したみんなも気遣ってくれて、とても嬉しかったです。

城内では英語のイヤホンガイドを聞きながら回りました。ガイドブックには日本語のイヤホンガイドが中庭の方にあると書いてありましたが、観光客が列をつくって見ている中、そこへたどり着くことが困難でした。イヤホンガイドを配っている人に尋ねてみたらよかったと思います。(ツアーのオフィスで尋ねるとスムーズのようです)
それでも城内は見所いっぱいで、歴史を感じながら、華やかな雰囲気を楽しみました。

スケジュールよりも1時間早かったのですが、集合後16時頃列車に乗り込みました。(ガイドさんが最初にみんなに16時か17時かと聞いていたので、多数決だったのかなと思います。)1時間、フュッセンの街を探索できたらよかったのにと思います。帰りの列車ではみんな疲れたのか眠っている人もいて、ガイドさんが楽しく話をしていました。ヨーロッパの都市ではなかなか見ない、和やかなのんびりとした雰囲気でした

天候に恵まれ、素敵な人たちに出会い、心に残る旅になりました。
  • ヴィース教会
  • ノイシュバンシュタイン城
  • リンダーホーフ城

27年ぶりのノイシュバンシュタイン城

投稿者:hiro
参加日:2017-05-02
GWに家族で参加しました。ノイシュバンシュタイン城は新婚旅行の時以来27年ぶり。当時はお城の中のガイドツアーだけだったのですが、内容は印象が全然残っていませんでした。
今回は行きのバスの中で、ガイドさんが見学をする場所に纏わる話をしてくれて、ワクワクがどんどん増して来ましたが、特にお城にまつわる話は、個人旅行では中々知り得ない情報で、見学が一段と楽しくなりました。このツアーに参加する前々日にはウィーンのシェーンブルン宮殿を見学していましたが、ルードヴィッヒとシシーの関係を聞いて当時の物語が目に浮かぶようで感慨深いツアーとなりました。
私は基本的には個人手配の旅行ですが、初めての場所(それに近い場所も)は現地ツアーが手放せません。次のツアーが楽しみです。
  • バスからノイシュバンシュタイン城を見て
  • ノイシュバンシュタイン城のキッチン
  • ノイシュバンシュタイン城に向かう
  • バスの中
  • リンダーホーフ城の庭

デラックスバスで行くノイシュバンシュタイン城&リンダーホーフ城観光

投稿者:福島昌美
参加日:2016-06-04
6月4日、娘と2人で参加しました。
出発前にネットでこちらのツアー詳細を拝見して予約しておきました。
当初は電車とバスを利用して、行ってみようと考えていたのですが、ノイシュバンシュタイン城の入場券のネット予約など、自分で全部行うのが面倒なので、奮発しました。費用は他に比べて高いですが、バスもゆったりくつろげますし、少人数ということで、快適でした。
ガイドの方はフランス出身の女性で、英語は少々フランスなまりで、可愛らしかったですが、とても、気配りのできる素敵な方でした。
当日は雨が時折ぱらついて肌寒い日で、日本人にはバスの中のエアコンが、寒かったです。他の方は全員アメリカ人だったので、皆さん快適そうでしたが。
マリエン橋は、残念ながら工事中だったので、シャトルバスで、直接お城まで登りました。入場まで、少し待って、いよいよ入場。見学後は麓に戻りミュラーホテルで昼食を食べました。とても素敵なホテルで、お味も美味しかっです。
その後、再びバスで可愛らしいオーバーアマガウ町に寄りましたが、時間があまりなく、あまりゆっくり見られませんでした。
その後リンダーホーフ城へ。
お城の中はすごく豪華で目を見張りました。お庭も素晴らしく堪能しました。
予定通り解散場所へ戻り、とても充実した1日を過ごすことができたと感じました。
道中の田園風景も緑の平地と深い森の景色、家々の素朴で清潔な佇まいに、ドイツの素晴らしさを見ることができました。
最後に、ドライバーの男性もとても感じよく、飲み物などを配ってくださりました。
  • 濃霧で見えなかったノイシュバン。かえって幻想的⁈
  • チケットセンター 外のテントの下に並ぶ人人!
  • 美味なアイスクリーム

欲張り3箇所!ノイシュバンシュタイン城、世界遺産ヴィース教会&リンダーホーフ城日帰り観光ツアー <日本語/入場料込/ミュンヘン発> by Mybus / 【10/15まで限定】 2人目がなんと無料☆モニターツアーキャンペーン

投稿者:riki wan
参加日:2016-10-13
10/13(金)参加です。この日は参加者6名と少人数でしたが、さすがドイツ!ベンツのミニバスで快適な移動ができました。
まずはノイシュバンシュタイン城ですが、残念ながらこの日はかなり深い霧で頭の方が少し見えただけで全貌は全く拝めませんでした。
ただ、まず最初にこのツアーに参加して正解!と思えたのは、チケットセンターの混み具合を見たときです。
センターの外まで長蛇の列で、事前予約の列も外まで並んでいました。
城の入場は時間が5分毎にきっかり決まっているので、1分でも遅れたら入れません。
現地でチケットを買うならまだしも、もし日本から予約して現地で受け取りするとしたら、予約した時間までに入場できないのではないかと思うほどです。
個人で予約する場合は、電車やバスの時間も考慮しなければいけないし、初めての場合はイメージできないので時間指定での予約はとても難しいと思いました。
ツアーだとそのような心配もなく気楽です。

その次に訪れたヴィース協会がまた素晴らしかったです。外観は質素でノイシュバンのような派手さはありませんが教会内のフラスコ画はとても素敵でした。世界遺産となっているそうですね。見る価値ありました!

そしてオーバーアマガウ散策では
町探索、建物がかわいく、壁画がともて素敵でした。
皆さまの口コミでアイスがとてもおいしい!との事で、食べたくなったら食べてみよう!位に思っておりましたが、是非食べてみて!と、ガイドさん。勧められたので、ちょっと寒かったのですが、食べました。
本当~にとってもおいしかったです。
種類が豊富で選ぶのに迷ってしまいました。
行かれたら口コミを信じて、是非食べてみて下さい!(おなか一杯で食べれませんでしたが、ケーキもおいしそうでした)

最後はリンダーホーフ城でした。
口コミでともて良いと書いてありましたが、
下調べもせず、参加したので正直あまり期待しておりませんでした。
ところが、それはとてもとても綺麗なお城でした。
内部はもちろんの事、庭もとても素敵!お庭でゆっくり、お茶や読書など出来たらどんなに最高な事でしょう。
時間帯の関係だったのでしょうか?
言語別で入場が分かれていたのですで、参加人数も私たちのツアーのみで、ゆっくり見学出来ました。
案内してくれた係りの方は英語でしたが、とても聞き取りやすく、とても親切な方で良い印象しか残っておりません。

当初は、個人で電車・バスを使って行こうかと思っておりました。行った事のある方なら何とかなるかもしれませんが、なかなか難しいと思います。
こんなに効率良く回れて、バスの中でも丁寧に説明して頂きました。
価格も良心的!!!本当に参加して良かったです。
  • バスの乗り降りを行なった免税店の駐車場から
  • 徒歩で登る途中。馬車のならば近くから
  • リンダーホーフ城目の前のお庭
  • リンダーホーフ城
  • ヴィース教会

綺麗なお城と教会!

投稿者:ちひろ
参加日:2017-12-26
バスは快適でした。初めから少し倒れていたイスを元に戻そうとしましたが調節ができず…少し座りにくかったのはありますが。日本の観光バスみたいな感じです。

ノイシュバンシュタイン城は、雪が積もっていました。マリエン橋は冬季入場禁止で、そこからの景観が見られなかったのは残念ですが、すぐ下からのお城は堪能できました!城内では、日本語の音声ガイドを聞きながら観光。豪華絢爛なお部屋たち。中国陶器との融合?ルードヴィヒ二世の感性は独特だと思いました。お土産やさんのポストガードは1枚0.3ユーロ!城内のお店だけ、このお城の印がついています。城内の写真撮影ができないので、内装が分かるものを購入しました!

お昼を取る時間がほとんどなかったです。私たちは、集合場所のすぐ前にあるお店で、朝食と昼食用のパンを買ったので、バスで食べました。

ヴィース教会は、本当に美しく!!真っ白で、いつまでも見ていられるような気がしました。

リンダーホーフ城は、お城というよりも屋敷といった感じです。しかし、ルードヴィヒ二世らしい様子で、やはりな、と思いました。

途中、バスの運転手さんの好意で、オーバーアマガウを通ってもらえました。車窓観光。面白かったです!
  • ローテンブルクはまるでおもちゃ箱
  • マリエン橋の存在感は半端なし
  • この経験と写真は私の宝物

ベンツでアウトバーン,そして夢の城へ

投稿者:Masaru
参加日:2017-08-14
考えてみたら,フランクフルト発の日帰り旅行でこのプログラム,すこぶる不思議でした。
ところが,当日になってその意味がわかりました。
ベンツ最高クラスのセダンで,アウトバーンを使っての長距離移動でした。
しかもプライベートツアーよろしくツアーゲストは私を含めて3名,贅沢の極みでした。

日本では絶対に味わえない超高速でのドライブ,貴重な経験をさせてもらいました。
ガイドのピーターさんはとても紳士的で,安心して旅を任せられました。

コンテンツも充実。
ローテンブルクにノイシュバンシュタイン城,どちらもゆとりをもって観光できました。
ローテンブルクでの自由時間には,シュタイフのテディベアの有名店でショッピング。
マリエン橋から撮影したノイシュバンシュタイン城の写真は私の宝物です。

これほど特異性をもった旅の提供はないのではないでしょうか。
心からお薦めできるツアーです。
感謝しています。

本ツアーの魅力
フランクフルト発の日帰りでも大満足
ガイドさんとの親密な交流
プライベート感満載

シュバンスタイン城への旅

投稿者:つち0
参加日:2016-07-17
ミュンヘンの中央駅からバスに乗って1時間半。一度は行ってみたかった「ノイシュバンスタイン城」へ行って来ました。思っていたよりミュンヘンからは近いようです。
最初の立ち寄り先はヴィーナス協会。建物のすぐ近くに牛が放牧されていて、のどかな田舎町の小さな教会ですが、ここは涙を流すキリストで有名になったそうです。帰る寸前に一眼レフカメラでその後をしっかり収める事が出来ました。何故キリストは涙を流すのでしょう?悲しみ?慈悲?喜び?内装の素晴らしさと相反するような姿に後ろ髪引かれる気持ちで教会を後にしました。
そしていよいよメインの目的地ノイシュバンスタイン城へ。チケット売り場で一般の人の長蛇の列を見た時に「ツアーで良かった」と
心から思いました。個人で来たら多分チケットを買うまでに30分以上はかかったと思います。お城は入場時間がキッチリ決められていて、5分刻みの入場です。外観は言わずと知れた「シンデレラ城」のモデルで有名ですが、内装はあまり知られていないと思います。感想としてはとにかく「煌びやか」の一言でした。世捨て人となった国王が引きこもっていたお城です。周りは山でポツンと建っているように見えるこのお城。ハデとも思える装飾にする事で何とか自分の威厳を保とうとしていたのかなと孤独の中で暗殺されたと言われる国王の寂しさを想わずにはいられませんでした。お城の中は写真撮影がダメな事が残念でしたが、オーディオガイドの説明を聞きながらしっかり目に焼き付けて来ました。行はバスで上がりましたが、帰り道は自力で歩いて下山です。途中の「農夫の家」の近くを通ったら、何とも美味しそうな匂いがしました。お腹も空いていたので、近くに行ってみたら、店先で丸い揚げドーナツを造っていました。3個で2ユーロ。冷めていましたが、フワフワでシュガーパウダーたっぷり。とても美味しくてお勧めの一品です。
集合場所のギャラリアガーデンは日本人の方がされているお店で、リモアのスーツケースの品揃えが多いです。同じツアーの方も購入されていました。
次の立ち寄り地「オーバーアマガウ」は小さな村でしたが、ここはホテルウルフの前にあるジェラートのお店が一番のお勧めです。1ユーロと安くて量も味も申し分なし。日本にあったら絶対通いたくなるお店でした。
最後のリンダーホーフ城はドイツで見たお城や協会の中で一番内装が煌びやかでした。外観と内装のギャップがすごいです。どの部屋も豪華絢爛。陶器のマイセンの装飾物も多くて、すごい価値だろうな。とつい思わずにはいられませんでした。
そんなツアーの最後にはガイドさんにミュンヘンで一番大きな伝統料理の店「ホフブロイハウス」の場所も教えてもらって大満足の旅でした。