ニューヨークでブロードウェイの舞台裏を見に行こう!

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

演劇好きの聖地、ニューヨークのブロードウェイ。今まで3回ブロードウェイは観に行ったんだけど、今回は舞台裏に行けるツアーがあると知り参加することに。まずは、ブロードウェイ関係者と一緒にブロードウェイやタイムズスクエアなどを歩きながら、各劇場の歴史やエピソードなどを聞くことができた。私はいろいろ聞いてみたいことがたくさんあり、ガイドさんに質問をたくさんしちゃった。その後は、楽しみにしていたディズニーの名作ミュージカルの劇場となったニュー・アムステルダム劇場へ。実際に使われている衣装や小物を手にとって見ることができたり、憧れの舞台に立つことができたり、もう大興奮!後日、この劇場でアラジンの舞台を観たんだけど、今までよりさらに気持ちが入り込んで鑑賞することができたな。

このスポットの情報はこちら
舞台裏ツアー (ブロードウェイ(ミュージカル)チケット予約) | ニューヨークの観光・ツアーの予約 VELTRA(ベルトラ)
ブロードウェイの華やかなミュージカルも楽しみだけれど、その舞台裏ものぞいてみたい!そんな夢を叶えるバックステージツアー。ブロードウェイだけを楽しむのではなくそれに関わる知識を深めたり、体験ができるツアーのご紹介。
www.veltra.comで見る >

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


ミュージカルファンならば参加すべし!

ディズニー・ブロードウェイ ニュー・アムステルダム劇場ツアー<英語ガイド>
★★★★★
投稿者:ミドリ
参加日:2019/05/10
【参加しようと思ったきっかけ】
NYへは3度目で毎度ブロードウェイ・ミュージカルを堪能しています。今回はショーを観るだけでなくもっとブロードウェイを身近に感じたい、と思って申し込みました。

【感想】
ブロードウェイの歴史に詳しくなっただけでなく、憧れのミュージカル女優シェリー・レネ・スコットが、これまた大好きなミュージカルAIDAで実際に着用していた小道具まで手に取り着用することができました。一般人としては、こういうツアーでなければできない経験です。劇場の人が事前に「マジで友達に自慢しまくれるよ!」と言ってましたが、自慢どころか感激しすぎて震えました!幸せすぎて本当は誰にも言いたくない!!という気持ちでした。

【ツアーの詳細】
・メンバー構成
終始英語のツアーです。
ガイドは元ミュージカル俳優の男性です。参加者は私を含め計4名。アルゼンチンから来た一人旅のミュージカルファン・イケメン男子、ウィスコンシン州から来た控えめ女子2人組。こじんまりとしたいい感じのチームです!

・前半
ブロードウェイを歩きながら各劇場の歴史や逸話などを説明してくれます。アイパッドで写真を見ながらこの劇場ではこんな俳優や女優が巣立ったよ・・・みたいな話をしてくれます。ミュージカル俳優さんと直接話せるのも貴重な経験なので、散策しながら「映画コーラスラインのオーディションみたいなのは本当か?マイケル・ダグラスみたいなディレクターは本当にいるのか?緊張しすぎて吐き気しないか??」みたいなおのぼりさん満載なことを聞きまくりました。

・後半
アラジンが上演されているニュー・アムステルダム・シアターに入場。VIPバッチをもらえます。別のツアーと合流してみんなでオーケストラシートに着席。劇場ガイドから様々な説明を受ける。ちなみにこの劇場には有名な幽霊がいてそのホラー・ストーリーもあります。

・ハイライト
秘密の部屋に案内されます。そこにはディズニー関連のミュージカルで実際に使用した小道具があり、手に取ったり着たりして写真を撮りまくれます。"美女と野獣"の野獣の足が、実はリーボックのスニーカーだったりと機能的にできており感心しました。
ミュージカル・ファンとしてはどれも鼻血ものの興奮です!ガイドさんが写真撮りまくってくれるので、好きなだけポーズを撮りましょう!!
(この時間に劇場のお手洗いに行けます。綺麗です。)

・解散
通常は時間になり劇場を出て終わり。ですが、私のチームは数時間のうちに何やら連帯感が生まれており、アルゼンチン男子が「良いチームだったのでみんなで写真を撮りたい!」と言いだし写真撮影が始まる。

・おまけ
ちょうどその日は午後からトニー賞に関わる無料コンサートがすぐそばで行われる予定で、ガイドさんが都合が合えばどお??と誘ってくれたので、アルゼンチン男子と私が一緒にそのままフリーコンサートを堪能しました。このツアーに参加しなければ、現地で話の合うミュージカルファンと出逢えることはなかったので、貴重な経験となりました。

【ご注意】
①前半のブロードウェイ散策は普通に歴史の話なので、ディズニー劇場で写真が撮れる!みたいな「ディズニー」という言葉に引っ張られアトラクション感覚だけで参加すると、温度差あると思います。特に子供にはほぼ興味がない話です。親子連れの方はご注意下さいね。

②冬参加は前半寒いと思うので防寒をしっかりしましょう。
待ち合わせ場所
オペラ座の怪人が上演されているマジェスティック劇場
ライオンキングの小道具
メリー・ポピンズの衣装が着れる
アイーダのアムネリスの冠。シェリー・レネ・スコット様ご使用
スコット様ご使用の証拠も記録に納めました
美女と野獣の野獣の足。リーボック製で機能的
アクセサリーはショーケースの中に。見るだけ。

劇場ツアー

ディズニー・ブロードウェイ ニュー・アムステルダム劇場ツアー<英語ガイド>
★★★★★
投稿者:ひーちゃん
参加日:2018/07/06
参加者は、全員外国人の方で、とてもいい雰囲気でした。ガイドさんも、すごく親切で、楽しかったです。ブロードウェイの詳しい内容に加え、ニューアムステルダムの面白い歴史も知ることができました。アラジンを見る日の朝だったので、余計にテンションも上がり、セットも見たところだったので、ミュージカルを最高に楽しむことができました。

本場NYCで。

ディズニー・ブロードウェイ ニュー・アムステルダム劇場ツアー<英語ガイド>
★★★★☆
投稿者:RinRan
参加日:2016/12/07
友達3人で参加しました。割と年配のミュージカル好きな方が多く、15人程度のグループで日本人は私たちだけでした。集合場所のGeorge M. Cohan 像はタイムズスクエアの広場にありわかりやすかったです。時間になると、ガイドの方がツアー名を書いたプレートを出して、予約の確認をしてくれます。ツアー中、トイレや飲み物が必要な方は今の内にと声もかけてくれました。
ツアーは全て英語での説明です。英語のリスニングが苦手だと説明はわかりにくいかもしれませんが、役者であるガイドの方の雰囲気や話し方は優しく、十分楽しめると思います。
各劇場を周り歴史と演目の解説を丁寧に話してくれました。前半は劇場の外での説明になるので、低気温の中、立ったまま説明を聞くための防寒は必須です。観劇予定だったミュージカル以外の劇場にも訪れることができ、色々な演目の説明もしていただけたので、時間があればそれらの演目も見てみたかったです。後半は前日に観劇していた「アラジン」の劇場に入ることができ、劇場の説明後、実際に使用している舞台にも上がらせていただき、写真などの記念撮影もOKでした。ブロードウェイの実際の舞台に立ち、客席を見渡すという貴重な経験は感動的でした!(ジーニーが出てくるあの装置の上にも立てましたよ!)また、バックステージツアー後は様々なディズニーミュージカルの小道具などを実際に触ったり、身につけて写真を撮ることができ、ミュージカル好きな私たちは興奮の連続でした。参加して本当によかったです。おすすめです。
バックステージ
ブロードウェイのステージから
『美女と野獣』ビーストの足
『ライオンキング』雌ライオン

  • facebook page
  • twitter page
  • line page