とっても神秘的!ニュージーランドのミルフォードサウンド

とっても神秘的!ニュージーランドのミルフォードサウンド

ニュージーランドへ行った旅好きの同僚から「一番印象的だったのはミルフォードサウンド」と聞き、一度は行ってみたいと思っていた場所。その念願のミルフォードサウンドをようやく訪れることができた。ミルフォードサウンドはとにかく大自然が圧倒的なすごさで、すごく神秘的。野生のイルカやオットセイが見れたり、フィヨルドを船から眺めたりと、すごく楽しかった。せっかくだから奮発して、セスナにも乗ったんだけど、これが大正解!空の上から眺めるミルフォードサウンドはまさに絶景!同僚の言葉に嘘はなかったな。

  • 天井がガラス張りのバスで、見上げると山の頂が見えます。
  • 船の中で昼食を取りながら景色を楽しみます。
  • 湖と雲の上に雪を戴いた山々が見えるクイーンズタウンの冬景色も最高です。

素晴らしい自然

投稿者:はるる
参加日:2019/08/11
続きを読む.. 閉じる
8月のニュージーランドは冬ということで、雪や荒れた天気を心配していましたが全く問題ありませんでした。
まず、12時間以上に及ぶバス移動ですが、ニュージーランドでは対面2車線の一般道でも制限速度は100Kmで、ずっと高速道路を走っているような快適さです。最後にほんの少しカーブのきつくなるところがあるくらいで、乗り物酔いは普通には心配ないと思います。
朝7時の出発で、クイーンズタウンの気温は2度くらいでしたが、行程全てで町や道路には雪は全くなく、そのために時間が遅れるということもありませんでした。
さて、今回冬のミルフォードサウンドに行ったわけですが、私としては大正解だったのではないかと思っています。なぜなら周りの山々が全て雪で白く輝いているのです。澄んだ空気も心地よくフィヨルドの凄さを体感出来ました。とにかくどちらを見ても絵になる景色で、雄大に切り立った山の重なる様子は他ではみたことがありませんでした。
クイーンズタウンの冬の美しい景色も含めて、訪れて良かったと思っています。

絶対時間厳守!それさえ守ればとっても素敵な思い出になります♪

投稿者:おかぴ
参加日:2019/03/22
続きを読む.. 閉じる
私たちは車椅子ユーザー(介助付きで自力歩行可能)を含むグループで参加しました。
集合時間にはややバスが遅れて到着。バスは普通の観光バスなので、乗降にはそれなりの高さのステップがあります。
いくつかのピックアップ場所を回って、ミルフォードサウンド方面へ向かいます。集合時間におくれたであろう他のグループは連絡なしに置いて行かれていたので、自分たちの集合時間は必ず厳守してください。
バスは屋根部分がガラス張りになっていますので自然の風景が楽しめて◎
フィヨルドにつく前にいくつかの写真ストップがあり、私が一番感動したのは水面が鏡面のように美しかった氷河湖です。
ミルフォードサウンドでは夕方の最終便に乗船。動き出すとかなり風が強いので、ほとんどの人は船内の窓から鑑賞していましたが、是非テラス部分での鑑賞をおすすめします。帽子等が飛ばされないようお気を付けください。
また、私たちはとても幸運なことにアシカが岩場に寝そべる姿や、イルカの群れが飛び跳ねる姿も見ることができました。
観光バスの乗降さえクリアできればお体の不自由な方でも参加可能だと思います。
とても満足度の高いツアーでした。

神秘的

投稿者:ちゃんこ
参加日:2019/04/08
続きを読む.. 閉じる
片道5時間のバスということで少し気が重たかったのですが、途中何度も写真スポットに止まってくれてそんなに長くは感じませんでした。しかし大型バス満席の状態でクネクネ道を走行するため酔ってしまい、車内にあるトイレで嘔吐してしまうほどだったので、乗り物に弱い方は酔い止め飲んでおくことをお勧めします。

ミルフォードサウンドに着くと行きの苦労を忘れてしまうほどの絶景が広がります。フィヨルドから山々が生えている景色は神秘的でした!滝に急接近したり、岩で休憩しているあざらしをみたりあっという間に時間は過ぎていきました!

帰りはセスナで!揺れを心配していましたが、クルーズでは下から、セスナでは上からのミルフォードサウンドを眺め40分足らずでクイーンズタウンまで戻りました。景色も良く、時間も圧倒的に短くセスナで本当に良かったです!
  • ミルフォードサウンド
  • セスナからの景色

天気が良ければセスナをオススメします!

投稿者:gingermilk
参加日:2019/03/22
続きを読む.. 閉じる
ミルフォードサウンドの終盤まで、生憎の曇り空でしたが、それでも雄大な自然は圧巻でした。終盤から晴れ間が差し込み快晴に。復路のみセスナを利用しましたが、見下ろす景色もまた最高でした。ミルフォードサウンドでは、野生のイルカが船と一緒に泳いで遊んでいる姿や岩場でゴロゴロしている野生のオットセイを見ることが出来、とても満足のいく内容でした。ミルフォードサウンドまでの途中下車ポイントは、観光バスと観光客でごった返しているので、バスに乗り遅れないように時間の管理には気を付けて下さい。
  • 滝に接近中!

ニュージーランドの大自然を浴びる

投稿者:あんこ
参加日:2018/12/29
続きを読む.. 閉じる
ミルフォードサウンドまで個人で行くのが大変そうなのと、船の上で宿泊なんて素敵と思い、参加しました。
クイーンズタウンの宿泊ホテルから各自タクシーで迎えに来てもらい、大型バスに乗り込んで出発。ワカティプ湖を横目に見ながら、運転手兼ガイドさんが説明しながら進んでいきます。一人で二役なので器用だなと思います。

クイーンズタウンから二時間半は休憩なしと明記されていたので、心配でしたが、一時間走ったところで30分ほど休憩。それからまた走ってテアナウで13時までランチ休憩。テアナウでまたツアー客をピック。テアナウからの走行は一気に風景が変わり、雪山の中を巡っていきます。途中飲料可能な川で水を汲んだり、ミラーのように映る湖で散策したり、滝を見にちょっとだけのハイキングをさせてくれたりします。中でも人の手で掘ったトンネル前で、停まった時は圧巻!山を流れる水流がいくつもあって、そこに佇むだけで、ここに来た価値がありました。
ミルフォードサウンドに着いて、船に乗り込み。船員が代わる代わる説明してくれます。部屋は狭いけれど、寝るには十分です。部屋の鍵に付いているキーホルダーが可愛くて、購入しました(二日目の朝、テーブルの上で販売されます)
船は滝に接近して飛沫で濡れたりしますが、滝の近くはこんなに風が起きるのかと体感できます。途中アシカが見れました。イルカやペンギンも見れたりすることもあるそうです。
カヌーかボートのアクティビティに参加できます。私たちはボートに乗り込みました(写真撮りたいので)専門のガイドさんがミルフォードサウンドの自然について、説明してくれました。
そうこうしているうちにあっという間に時間が過ぎてディナータイム。席は決められていて、私たちは窓側ではなく、中央ラインテーブルでした。正直窓側がよかったです。ビュフェスタイルで、専門コックさんが説明してくれました。味は申し分なく、楽しい時間を過ごせます!
クルーズ船のディナーなので、正装が必要かなと思って一応持って行きましたが、不要でした 笑

ちなみにボート、カヤックの時間から次の日の朝食が終わる頃まで船は動きませんので、船酔いの心配な方でも大丈夫かなと思います。

船は外洋に出るまでで、全体で正味二時間くらいしか動かないです。私はずっと動いてるもんだと思ってたので、チョット残念でした 笑
様々な国の人々が参加するのと同様に、このツアーに登場する働いてる人々は色んな国からいらっしゃってるようで、結構国訛りがありました。恥ずかしながら私は船員さん達が言ってることが結構な部分分からなかったです。それでも楽しく過ごせます!
全般英語のツアーなので、それだけ注意された方がよろしいかと思います。
  • 快晴でした。
  • デッキが気持ちよかったです。
  • 滝は思ったほど濡れなかったです。

何よりガイドさんが素晴らしい。

投稿者:KOUAN
参加日:2019/05/03
続きを読む.. 閉じる
心配された天気も快晴で、とても良い1日を過ごせました。
途中何度か休憩があるのですが、道中を含め景色が素晴らしく長い道中も飽きることがありませんでした。
ミルフォードサウンドはまさに絶景で、私たちはピクニックランチを注文していたのですが、船のデッキで食べた後そのまま見物しましたがほんと良かったです。
そして特筆すべきは、ガイドさんでいつも笑顔で、熱心にとても行き届いた説明をして下さいました。
また、ドライバーさんも安全運転で安心して乗っていられました。
検討している人にはぜひお勧めしたいツアーです。
人気のコレクション
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

1

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

emoでは、VELTRAのアクティビティに参加してくださった旅人の、旅で目にし、耳にし、経験し、心揺さぶられた瞬間を綴った体験談をお届けしてきました。 そして、ふと思ったのです。VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキス…
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

2

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキスパートがたくさんいます。 そこで、「VELTRAR’s 旅インタビュー」をしてみることにしました。 今回は、前編に引き続き、夏休みに北欧を旅してきたひろえさんにお話を伺…
くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

3

くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

南国のグアムで過ごす年末年始。今年は家族で過ごすことにしたよ。12月31日の夜は恋人岬で行われるカウントダウンパーティーにみんなで参加。バーベキューを食べながら、チャモロダンスやグアムの夜景を見ながら賑やかに過ごせたし、普段あまり話をしない父と話ができたのが良かったな。カウント…
人気のコレクションをもっと見る