• facebook page
  • twitter page
  • line page

TRAVEL GUIDE

何する?どこ行く?スイスをもっと知って旅行の計画をたてよう!

スイスの旅行ガイド・観光情報

永世中立国、直接民主主義国家として有名なヨーロッパの連邦制共和国のスイス。首都はベルンで,旧市街全体が世界遺産となっていることでも有名。公用語は4言語あり、各言語ごとに文化圏がある。(ドイツ系65%、フランス系18%、イタリア系10%、ロマンシュ系1%、その他6%)
ヨーロッパ最高峰の山々が国境で、自然豊かな滝、湖、緑一杯の牧草地が美しいことが特徴とされており、夏(6月〜9月)は気温も20℃〜25℃と屋外のアクテイビテイーが1番楽しめるシーズン。冬季は、スキーやスノボ、ソリ遊び、そしてウインターハイキングが人気で、アルプスの雪山は観光客で大賑わい。3大列車「氷河特急・ベルニナ線・パノラマ特急」で美しい景色を楽しみながら旅を楽しむのもおすすめ。

EMO TRAVEL POSTS

6 件のエモの記事

INFO CHARTS

アクティビティ参加体験談からわかる「スイス」の傾向を見てみよう

誰と?

どこで?

何する?

TRAVELERS REVIEW

909 件のみんなの体験談

とても便利で有用でした
2020/10/17
GATTO
★★★★★
10日弱の利用でしたが、鉄道に限らずスイスの公共交通機関のほとんどで利用することができ、SBBのアプリと併用でとても役に立ちました。 車内での検札ではチケットと、プリントアウトしたこちらを見せるだけです。 パスポートは本当に極稀にチェ… もっと読む
参加したツアー
交通機関が50%割引に!スイスハーフフェアカード(スイス半額カード)事前予約
効率的に観光できました
2020/08/10
my2
★★★★☆
複数のツアーと混載のようで、バス移動中参加者が乗り込んだり降りたりするポイントが何箇所もあるため、混乱しないように自分のツアーのスケジュールをしっかり把握するかガイドさんに確認したほうが良いかと思います。 標高4000m程度まで登るため… もっと読む
参加したツアー
世界遺産ユングフラウヨッホ1日ツアー<英語ガイド/チューリッヒ発>
アルプスの絶景を空から堪能!タンデム・パラグライダー<ホテルお迎えオプション有り/インターラーケン発>
2020/07/29
Ayk
★★★★☆
一週間前の天気予報は雷雨だったので実施できないと諦めていましたが、当日は曇りでした。 ホテルまで時間通りに迎えに来ていただきました。他の参加者、インストラクターと車で山の斜面まで行きました。心の準備もないまま、装備を付けてすぐに飛びまし… もっと読む
参加したツアー
アルプスの絶景を空から堪能!タンデム・パラグライダー<ホテルお迎えオプション有り/インターラーケン発>
素晴らしい景色を堪能できます。
2020/07/12
いいつか
★★★★★
インターラーケンでバウチャーを見せれば問題なく引き換えてくれました。 公式サイトで買うのと同額で、日本語で手配できるのは強みです。 なお、トラベルパスはクラウネシャイデック〜ユングフラウヨッホまでを含んでいないので受け取り時に追加… もっと読む
参加したツアー
3~6日間ずーっと乗り放題♪ユングフラウ鉄道パス<4~10月/インターラーケン発>
Awesome experience in Interlaken!
2020/07/20
Lilo
★★★★★
愛の不時着に触発されて、インターラーケンでパラグライダーをしたくて申し込みました。 高い場所やジェットコースターは苦手ですが、パラグライダーは想像より安定感があって、怖い気持ちは初めのうちだけでした。 スタッフやインストラクタ… もっと読む
参加したツアー
アルプスの絶景を空から堪能!タンデム・パラグライダー<ホテルお迎えオプション有り/インターラーケン発>
フランスのシャモニーからモンブランへ
2019/07/15
海好きワンコ
★★★★★
夫婦での初めてのスイス。3日目はグリンデルワルドからツェルマットへの移動にモンブラン・エクスプレスを利用してフランスのモンブランに寄り道。 グリンデルワルドからレマン湖を経て、シャモニーからロープウェイを乗り継いで登ったAiguille… もっと読む
参加したツアー
アルプス3大名峰を巡る旅 モンブラン・エクスプレス<6月29日~8月17日の月曜日/日本語ガイド/グリンデルワルト発ツェルマット着>

COLORIER.VELTRA

{{ total }} 人の旅を彩るガイド【コロリエ】

旅を彩るガイド【コロリエ】

その場所を訪れたら寄りたいお店があるようにその場所を訪れたら是非会いたいと思わせてくれる素敵なツアーガイドやインストラクターがいます。彼らとの出会いはあなたの旅をもっと楽しくもっと色鮮やかに、思い出深いものにしてくれます。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page