美しい風景に感動!ベルニナ急行でスイスへ

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

イタリアのミラノに行くことになった時に、地図を見たらスイスが近いことに気づいたんだよね。せっかくだからスイスにも行ってみたいなと思ったら世界遺産のベルニナ急行で行けるツアーを発見!ここは世界で最も美しい路線の一つと言われていて、円を描くように通るブルージオ橋やエンガディン渓谷、氷河など見どころたくさん!車窓から眺める景色はどこも壮大で美しくて、約2時間半はあっという間だった。到着したスイスのサンモリッツはシックで優雅な雰囲気で街歩きも楽しい!日帰りでもスイスを満喫できて、これはおすすめ!

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


雨のベルニナ鉄道

ベルニナ急行とサンモリッツ☆ミラノから行くスイス自由旅行<列車チケット手配>by Max Harvest
★★★★☆
投稿者:真っ黒小梅
参加日:2019/08/07
もらったしおりが2014年と古かったので補足を。
乗り換え地点のコリコ駅の1番ホームのトイレはみなさんご指摘の通り使用不可でした。
ギアベンナ駅前の地下駐車場のトイレも使用不可。レストランに入るのがもったいない方は駅をでて駅舎沿いに右方向に進んでいくと50セントで使える綺麗なトイレがあります。扉の所に50セント入れると開いてトイレがズラリと並んでいるので複数人数で使えます。頑丈な扉がしまって中から出られなくなると怖いので(そんなことはないと思いますが)一人が閉まらないように番をしました。
ポストバスは「ゆっくりのんびりバスの旅」ではありません。クネクネビュンビュンです。クラクションが特徴的で面白い。景色も綺麗です。
普通電車でベルニナディアボレッツア駅で降りてロープウエイに乗る方はリクエストストップになるので車掌さんに相談するか乗降口のボタンを押してください。何もしないと止まらないようです。ほかにもリクエストストップ駅は多数ありました。
私たちは雨天だったのでディアボレッツア展望台は断念してそのまま普通電車でティラノまで行きました。急行指定席券は無駄になりましたが窓は空くし自由席(進行方向右側がよいです)だしミラノには早く着いたし良しとしました。
サンモリッツ近くになると激込みでした
雨で残念アルプギュルム

ドキドキワクワク初めての一人旅

ベルニナ急行とサンモリッツ☆ミラノから行くスイス自由旅行<列車チケット手配>by Max Harvest
★★★★★
投稿者:anne
参加日:2019/09/13
9月半ば、寒いかと思っていましたが、天候に恵まれ一日半袖で過ごせました。
朝6時10分にはミラノ中央駅に行きました。
全行程、最後まで順調にいきました。
初めての一人旅でしたので、多少ドキドキしていましたが、こちらの書き込み通り詳細な案内がチケットに添えられていましたので、不安なく充分に楽しむ事ができました。
個人ツアーを選択した理由の一つに、サンモリッツである程度の時間が欲しかったからです。今回の計画では、4時間ほどの時間があったので、ピッツネイルまで登るか、サンモリッツ湖畔を一周ハイキングするか悩みましたが、今回は湖畔一周にしました。
まずは、サンモリッツの中心街へ行き散策。coopの近くにあるトイレ(無料)へ行き、coopでお昼用のサンドイッチとオレンジジュースを買いました。その後、一通り街をブラブラし、オードリーヘップバーンやダイアナ妃が足繁く通った焼き菓子店へ行きクッキーとチョコレートをお土産として購入。そのまま、サンモリッツ駅に戻りコインロッカーに荷物を預け、いざ湖畔へ!4〜5キロほどの湖畔ですので、ベルニナ出発までには十分な時間がありました。途中、日陰のベンチに座りサンドイッチとジュースを頂きなからランチ休憩。ゆっくりと歩いても1時間半ほどで一周できます。周りの絶景を堪能しなからスイスを満喫しました。
サンモリッツ駅に戻ってきた頃には、ちょうどベルニナ急行出発の頃でしたので、駅構内でトイレ(無料)をすませ、いざベルニナに乗車。
本当に雄大で優雅な列車の旅でした。余談ですが、帰国して2日目にテレビ世界遺産でベルニナ急行をしており、自分の撮った写真を見ながら氷河などの絶景を思い返して楽しんでおりました。
ベルニナ急行がティラーノに着いた時、この街もステキだと思い、散策する為に予定通り19時過ぎの列車に乗ろうかと思いましたが、少々身体も疲れていたので、ティラーノ散策は次回の楽しみとし、予定より一本早い列車に乗りミラノへと戻ってきました。
楽しい初一人旅となりました。
ありがとうございます。
サンモリッツ湖からの風景
ベルニナ急行から見る氷河
ベルニナ急行から見る氷河(近い!!)
オードリーヘップバーンがこよなく愛した焼き菓子店
湖畔にうつるサンモリッツの街並み
アルプスの山間にある小さな村(ベルニナ急行より)

気軽にスイス列車旅

ベルニナ急行で行くサンモリッツ!スイス日帰りガイドツアー<英語/ミラノ発>
★★★★★
投稿者:M’s
参加日:2019/09/25
当日はずっと晴天で、山の緑や池の青がとてもきれいでした。しかし9月末でダウン必須です。
英語とスペイン+ポルトガル語グループのミックスで、ガイド2人とも分かりやすい案内でした。列車は言語別々の車両に乗車。英語グループの方は実際は貸切では無いが他のお客さんがおらず、貸切状態で右に左に移動し放題でした。
ループ橋の写真を撮るなら進行方向左側がオススメ。出発して早い段階で現れます。
サンモリッツはシーズンオフで人も疎らでしたが、オードリーH行きつけカフェはオープンしていました。
帰りの大型バスでの山道連続Uピンカーブは結構見ものです。

世界の車窓ベルニナ急行

ベルニナ急行で行くサンモリッツ!スイス日帰りガイドツアー<英語/ミラノ発>
★★★★★
投稿者:ルートヴィヒ3世
参加日:2019/05/03
ミラノ→ティラノ→ベルニナ急行→サンモリッツ→ミラノといった流れのツアーです。
・ティラノ
ティラノではランチをする時間しかありません。ランチ代は16ユーロでバスの中で支払いました。
・ベルニナ急行
天候にも恵まれ期待を遥かに超えて感動しました。山を登っていく間に四季を楽しめました。座席も自由席で、車内が空いていたため、窓の右側左側と景色が綺麗な方へ自由に行き来することができました。
・サンモリッツ
5月のサンモリッツは最高気温が8度でしたが、晴れていた影響もあり、思ったより寒さは感じませんでした。有名なチョコレート屋さんは5月は休業していて残念でした。
英語でのツアーでしたが、ガイドさんの人柄はとてもよく、親切にして頂けました。

念願のスイスに行けました!

ベルニナ急行で行くサンモリッツ!スイス日帰りガイドツアー<英語/ミラノ発>
★★★★★
投稿者:かおり
参加日:2019/10/07
以前からスイスに行ってみたいと思っていましたが、今回の旅行先のミラノからなんと日帰りで行ける事を知り、申し込みしました。始めはツェルマットに行こうと思いましたが、ミラノに夕方着く、その翌日に予定を組みたかったので、自力で鉄道に乗り継ぎスイスに入るツアーは少し不安で、ガイドさんが出発から付くこのツアーにしました。
スイス、最高でした!
今回スイス、ミラノ、ヴェニスと弾丸で行きましたが、スイスの自然の素晴らしさに感動しました!
短い自由時間は有名なチョコレート屋さんで少し買い物をした以外は、ずっと駅の前に広がる湖岸を散策して写真を撮って過ごしました。
行きのバスや鉄道は、体験談で皆さん書かれている通り、やはり向かって左側の席が景色が綺麗だと思いました。
ティラーノ駅に向かうバスが途中で可愛らしいレストランに寄ります。そこでトイレを済ませて、モーニングセットの様な、コーヒー、パンの食事をしましたが、景色も素晴らしく美味しかったです。
ティラーノ駅で昼食ですが、ツアーの昼食は頼まず、事前に調べていたレストランに行きましたが、残念ながらお休みで、適当にレストランを探しました、それも旅の醍醐味だと思いまさした。
このツアーは、朝、集合だけ遅れずに行けば、ガイドさんは英語ですが、わかりやすく、気楽に楽しめるツアーだと思います、おすすめです!

全てお膳立てされているので本当に楽。また行きたい。

ベルニナ急行で行くサンモリッツ!スイス日帰りガイドツアー<英語/ミラノ発>
★★★★★
投稿者:kayleen
参加日:2019/07/25
世界遺産のベルニナ急行、初めて乗車してきました。
1日のツアーで長いなと思っていましたが、次々広がる圧巻の景色にあっという間に終わっていた感じです。
天気は晴れたり曇ったり雨が降ったりで、7月後半でも長袖と傘と日焼け止めと携帯できるファンがあるといいです。
トイレ休憩も適度にあり、女性のツアーガイドさんだったからか丁寧に場所も教えてくれてよかったです。
ガイドさんによって違いますが、この時は集合時間を紙に書いて表示してくれてとても分かりやすかったです。
英語に不安があっても景色を見て過ごすことが多いので大丈夫です。
「指定ホテルお迎えプラン」にしたのですが、「送迎」と勘違いしていました。帰りは自力(公共の交通機関かタクシー)でホテルに戻るプランです。そう考えるとお値段的には自力で行ったので良かったかな、と思いました。ただ、朝早いので不安な方は迎えに来てもらうと助かりますね。
バス内はWi-Fiもあり、ネット環境が整っています。でもガイドさんは最初は使えない、と言われていました。(ちなみに私が利用した時は、ID:livemilano PW:ciaomilanoです。別のツアーに翌日参加しましたが、これでOKでした。バスのエンジンが掛かっている時は繋ぐことが出来ます。)
進行方向に向かって左側席がベストです。
途中下車してランチ休憩したかったレストラン。
湖の色が何とも言えない色。
こちらはとても澄み切った色の湖。
スイスアルプスらしい放牧も見れます。
集合場所・時間も分かりやすく書いて見せてくれて有難いですね。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page