スイスは便利なハーフフェアカードで巡る!

スイスは便利なハーフフェアカードで巡る!

今度のお休みはずっと憧れてた国、スイスへ!せっかくだからいろんな所に行ってみたいけど、スイスは物価が高いことでも有名だから、交通費もばかにならない…。調べたみたら、スイスの主な鉄道、バス、湖船、75都市の市内交通に半額で乗れちゃうハーフフェアカードがある事を発見!Eチケットでとても便利だし、スイスを巡るならこれは絶対に使わなきゃ損!

このスポットの情報はこちら

憧れの鉄道旅行はスイス観光の醍醐味!スイスの主な鉄道、バス、湖船、75都市の市内交通を1ヶ月の有効期間内なら半額で購入可能なハーフフェアカードや、スイス国内の主な鉄道、湖船、バスが乗り放題のスイストラベルパスなどがあります。限られた時間の中で、スマートに旅を満喫しましょう。

veltra.comで見る >
  • スイスの電車はスーツケース用の置き場所もあって便利

ハーフフェアカードが一番お得でした

投稿者:まっつ
参加日:2019/08/08
続きを読む.. 閉じる
トラベルパスとハーフフェアカードのどちらにするか悩みました。

チューリッヒ空港から、グリンデルワルド・ユングフラウヨッホ・ツェルマット・マイエンフェルトと実際の行程で電車賃がいくらになるか計算してみると、ハーフフェアカードの方が300フランほどお得だったので、ハーフフェアカードにしました。

また、早めの購入で割引になるスーパーセーバーチケットで、さらに安くなりました。次回の旅行でもハーフフェアカードの方を購入したいと思います。
  • 添付写真のSBBアプリ画面中央にあるのが購入後のチケットです。

スイスハーフフェアパスとSBBアプリの有効活用

投稿者:Shimama
参加日:2019/08/01
続きを読む.. 閉じる
夫と8泊10日のスイス旅行時に購入しました。
スイスパス8日間と迷いましたが、一日足りないのと、ユングフラウヨッホやゴルナーグラード鉄道は別料金ということで、目的地毎に料金を比較してハーフパス利用に決定。

まずはSBBアプリをダウンロードし、わたしと夫の2名のハーフフェアパスとクレジットカードを登録します。目的地毎に検索し、便を選べばすぐに購入でき、スマートフォンのウォレット内に保存ができて大変便利でした。
(添付写真のSBBアプリ画面中央にあるのが購入後のチケットです)
利用当日はアプリのQRコードと印刷したハーフパスのEチケットを見せればOK。簡単です。

ハーフフェアパスで他に安くなる方法がないか調べたところ、アプリ内にSupersaver tickets というものがあり、便によっては早割してくれるのでとってもお得でした。こちらは購入後の変更が効かないので、乗車が決まっている便のみ予約し、到着日等は飛行機の遅延の可能性もあるので避けた方がよいです。

是非参加にしていただければと思います!
  • ブリエンツ、ロートホルン鉄道からの眺め
  • グリンデルワルト駅にて

スイス列車の旅に広範囲につかえてお得

投稿者:めぐみ
参加日:2019/08/09
続きを読む.. 閉じる
大人二人、子供二人の家族でスイス旅行した際にスイスハーフフェアカードを使用しました。まず、この半額カードを購入すると大人一人につき、子供一人が無料になる家族カードを購入できるので、子供連れには必須でした。
チューリッヒからベルン、ベルンからインターラーケン、インターラーケンからヌーシャテルのすべての路線とユングフラウヨッホ鉄道やロートホルン鉄道、ブリエンツ湖の船と広範囲に使えました。スイス国鉄のアプリからチケットを購入する際もこの半額カードを適用して切符を並ばずに購入できるので便利でした。半額カードはベルトラ経由で購入し、PDFで送られてきたQRコードつきのページをプリントアウトして持ち歩く必要があります。列車内で車掌さんに、乗車券に合わせてプリントアウトした紙を見せる必要があります。パスポートを要求される場合も数回ありました。
  • スイスアルプスの山岳地帯を抜ける電車からは牛の放牧の眺めも。
  • スイスの鉄道の電光掲示板。電車の時刻もきっちりしてた。ルーターを持ち歩いていれば、電車の時刻表や乗り継ぎホーム番号など車内で調べられて移動もスムーズです。

買って良かったスイスハーフウェイカード

投稿者:りぃちゃん
参加日:2019/06/20
続きを読む.. 閉じる
ジュネーブ~シュピーツ~インターラーケン~グリンデルワルド~ベルン~ジュネーブの列車旅をしました。スイスの交通機関はどこも高額。自宅でプリウントアウトした紙を持ち歩き、切符を買う窓口で見せるだけで半額で購入できるのは、とても助かり大変役立ちました。私の手違いで、申請時に生年月日のご記載をしてしまいましたが、ベルトラスタッフの方が丁寧に対応して下さり、安心して旅をすることができました。

スイス旅行には絶対必要

投稿者:匿名希望
参加日:2019/07/21
続きを読む.. 閉じる
ジュネーブからモントルー、ツェルマット、グリンデルワルトと1週間のスイス旅行でしたが、長距離移動日は事前に決めていたので、この半額カードを使ってスイス鉄道のHPから指定の電車を事前予約しました。事前予約は変更が効かないためフレキシブルではないですが、その分かなり安くなりお勧めです。
また半額カードは16歳以下の子供が無料になるファミリーパスも付いているので、これも大きなメリットでした。
ゴルナーグラートやユングフラウヨッホ展望台へ向かう鉄道は半端なく高いので半額カードは必携だと思います。
  • シーニゲプラッテに行くレトロな鉄道

スイス鉄道旅行の強い味方!

投稿者:M.I.
参加日:2019/06/20
続きを読む.. 閉じる
チューリッヒ1泊、グリンデルワルト7泊、ベルン1泊の旅行でしたが、スイスは鉄道などの運賃が高いので、リーズナブルに旅するためには不可欠の物でした。通常の鉄道だけでなく、ユングフラウ地方のロープウェイを含む乗り放題(ユングフラウヨッホ鉄道とシルトホルンのロープウェイは別購入が必要)のユングフラウ・トラベル・パスも25%引きで購入できたので(半額にしてほしい所だが)かなりお得になった。他の旅行業者だとパスを航空便で送ってくるので郵送料がかかる所もあったが、VELTRAはEチケットで送ってくるので便利だった。チューリッヒ空港駅でも窓口で買えるが、日本語で買えるのもいい。
おすすめコレクション
ローマならでは!本場のオペラを教会で堪能

ローマならでは!本場のオペラを教会で堪能

私の父は大のオペラ好きで、実家のTVではオペラのDVDが流され、父はワインを飲みながらオペラにも酔いしれているのが日常だった。正直、私は他のTV番組が見たかったし、他の音楽も聴きたい日もあったんだよね。けど、今回のイタリア家族旅行は父の還暦祝いも兼ねているので、やっぱりオペラで…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
ラスベガスから近いレッドロックキャニオンで乗馬体験!

ラスベガスから近いレッドロックキャニオンで乗馬体験!

アメリカのラスベガスから30分ほどで行ける大自然、レッドロックキャニオン。砂漠の中の赤い岩山のパノラマビューは圧倒される程の大迫力!ドライブコースも有名なんだけど、今回のお目当ては乗馬体験!カウボーイのインストラクターさんが教えてくれるし馬もおとなしくてとっても賢いから、初体験…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
南フランスの芸術的な世界遺産、水道橋ポン・デュ・ガール

南フランスの芸術的な世界遺産、水道橋ポン・デュ・ガール

ポン・デュ・ガールは、南仏にある古代ローマ時代に作られた水道橋。人々の生活水を運んでいた水道橋は、今では世界遺産になっていて、ずっと行ってみたかった場所のひとつ。約2000年も前に機械も使わずこんな凄いものを作ったんなんて、古代ローマ人の知恵には感動!はるか昔から変わらぬ堂々と…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
イタリアのコモ湖で過ごす優雅なひと時

イタリアのコモ湖で過ごす優雅なひと時

今年の夏休みはイタリアのミラノへ。ミラノの市内も見どころがいっぱいだけど、ちょっと足を延ばして自然も楽しみたいと、コモ湖まで足を伸ばしてみることに。さすがイタリアで人気の避暑地だけあって、コモ湖周辺の景色はとっても素敵!ケーブルカーで山の上から見下ろす風景も絶景だし、コモ湖のク…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
人気のコレクション
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

1

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

emoでは、VELTRAのアクティビティに参加してくださった旅人の、旅で目にし、耳にし、経験し、心揺さぶられた瞬間を綴った体験談をお届けしてきました。 そして、ふと思ったのです。VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキス…
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

2

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキスパートがたくさんいます。 そこで、「VELTRAR’s 旅インタビュー」をしてみることにしました。 今回は、前編に引き続き、夏休みに北欧を旅してきたひろえさんにお話を伺…
くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

3

くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

南国のグアムで過ごす年末年始。今年は家族で過ごすことにしたよ。12月31日の夜は恋人岬で行われるカウントダウンパーティーにみんなで参加。バーベキューを食べながら、チャモロダンスやグアムの夜景を見ながら賑やかに過ごせたし、普段あまり話をしない父と話ができたのが良かったな。カウント…
人気のコレクションをもっと見る