• facebook page
  • twitter page
  • line page

ニュージーランドといえば世界遺産のフィヨルドランド国立公園にあるミルフォードサウンド。フィヨルドの絶景を満喫したくて、1泊2日の宿泊クルーズに参加してきたよ。ミルフォードサウンドは穏やかな青い海と、そびえ立つ緑豊かな山、その山から流れ落ちる豊かな滝がまるで絵はがきのような美しさ!小型ボートでネイチャーガイドさんと自然散策にも行ったんだけど、可愛いペンギンが泳ぐ姿や日向ぼっこするオットセイを間近で見れて興奮しちゃった。宿泊クルーズだったのでゆったりとミルフォードサウンドの大自然を満喫できて、心洗われる、幸せなひとときだったなぁ。


✈︎ 世界遺産ミルフォードサウンドとは?

ミルフォードサウンドはニュージーランド南島の南西部にあり、太古から氷河で削られた地形を見ることができる世界遺産のフィヨルドランド国立公園内にあります。見どころは海面からそびえ立つ山としては世界最高峰のマイターピークと155mの落差を誇るスターリング滝で、特に船が滝に接近すると壮大で迫力満点な姿を見れます。カヤックや小型ボートで野生動物の探索をすることもでき、日光浴するオットセイや泳ぐペンギンやイルカの群れを見ることもできます。時期によっては少々冷たいもののフィヨルドの海を泳ぐことも可能です。

アクティビティ情報はこちら
ミルフォードサウンド | ニュージーランドの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
ニュージーランドに来たら絶対外せない絶景観光スポット、ミルフォードサウンド。10万年もの歳月をかけ大自然がつくりあげた神秘的なフィヨルドは世界遺産にも登録されています。
www.veltra.comで見る

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


雨と晴れのミルフォード

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォードサウンド クルーズ 宿泊ツアー 氷河で泳ぐ!<9~5月/1泊2日/クイーンズタウン or テ・アナウ発着>
★★★★☆
投稿者:ramu
参加日:2019/12/27
初日が雨で、崖からいく筋にも滴る滝を眺めるミルフォ一ドサウンドが、翌日朝からは、晴れのミルフォードサウンドと、全く別の風景が味わえました。天候の変化の激しいところなので、船に泊まって2日間いると、様々に堪能できました。
早朝のミルフォード
雨のミルフォード

絶景を堪能しました!

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォードサウンド クルーズ 宿泊ツアー 氷河で泳ぐ!<9~5月/1泊2日/クイーンズタウン or テ・アナウ発着>
★★★★★
投稿者:Nina
参加日:2019/12/30
催行会社がJTBとなっていますが、実際は現地のReal Journeyという会社のツアーでした。
バスはwifi完備、電源もあり快適。ホテル送迎とありますが、行きは近くのバス停でツアーバスがピックアップ。歩いても行ける距離をそこまでわざわざタクシーがピックアップに来てくれて恐縮でした。
バスドライバーが運転しながら行き道はずっと観光案内。英語のツアーですが、私たちの時は少し日本語も喋れる方でした。運転手さんのドライブテクニックと喋り続ける知識量はお見事。スケジュールではほぼ休憩がないように記載されていましたが、所々でトイレ休憩がありました。行きはバスを降りての写真スポットも2箇所あり。あと1−2箇所降りてみたいところあったなぁ、、惜しい。でもお天気に恵まれたのでミルフォードサウンドロードの絶景を楽しむことができました。
港についてからは自分たちで船のチェックインですが、名前をいってバウチャーを見せれば問題ありません。船の部屋は物凄く狭いです。荷物は最小限。寝るだけの覚悟で行った方がよいと思います。お食事のビュッフェは普通かな、、ハリソンコープでボートかカヌー、船上でのんびり等のオプションを選べます。私たちはボートを選びましたが、美しい景色と船をバッグに写真が撮れました。翌朝は霧がでてしまいましたが、1日目に美しい滝が見れたり、オットセイやイルカが見れたり、2日目バスに乗る頃にはまた晴れあがり、絶景のバスドライブ。
スケジュールにはありませんでしたが、昼食休憩兼ねてテアナウで野鳥園を案内してくれ、私たちは20分ほど湖畔を歩いてreal jorneyのサテライトオフィス兼カフェで休憩後、クイーンズタウへ。帰りはreal jorneyのオフィスからホテルまでタクシーを呼んでくれました。
バスツアーでは途中ダウトフルサウンドで途中下車する人たちがいたりもします。はっきりといつどこでピックアップと言わないので、バスを降りる際は念の為確認しながら休憩や写真撮影をされた方がよいと思います。

ニュージーランドの大自然を浴びる

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォードサウンド クルーズ 宿泊ツアー 氷河で泳ぐ!<9~5月/1泊2日/クイーンズタウン or テ・アナウ発着>
★★★★☆
投稿者:あんこ
参加日:2018/12/29
ミルフォードサウンドまで個人で行くのが大変そうなのと、船の上で宿泊なんて素敵と思い、参加しました。
クイーンズタウンの宿泊ホテルから各自タクシーで迎えに来てもらい、大型バスに乗り込んで出発。ワカティプ湖を横目に見ながら、運転手兼ガイドさんが説明しながら進んでいきます。一人で二役なので器用だなと思います。

クイーンズタウンから二時間半は休憩なしと明記されていたので、心配でしたが、一時間走ったところで30分ほど休憩。それからまた走ってテアナウで13時までランチ休憩。テアナウでまたツアー客をピック。テアナウからの走行は一気に風景が変わり、雪山の中を巡っていきます。途中飲料可能な川で水を汲んだり、ミラーのように映る湖で散策したり、滝を見にちょっとだけのハイキングをさせてくれたりします。中でも人の手で掘ったトンネル前で、停まった時は圧巻!山を流れる水流がいくつもあって、そこに佇むだけで、ここに来た価値がありました。
ミルフォードサウンドに着いて、船に乗り込み。船員が代わる代わる説明してくれます。部屋は狭いけれど、寝るには十分です。部屋の鍵に付いているキーホルダーが可愛くて、購入しました(二日目の朝、テーブルの上で販売されます)
船は滝に接近して飛沫で濡れたりしますが、滝の近くはこんなに風が起きるのかと体感できます。途中アシカが見れました。イルカやペンギンも見れたりすることもあるそうです。
カヌーかボートのアクティビティに参加できます。私たちはボートに乗り込みました(写真撮りたいので)専門のガイドさんがミルフォードサウンドの自然について、説明してくれました。
そうこうしているうちにあっという間に時間が過ぎてディナータイム。席は決められていて、私たちは窓側ではなく、中央ラインテーブルでした。正直窓側がよかったです。ビュフェスタイルで、専門コックさんが説明してくれました。味は申し分なく、楽しい時間を過ごせます!
クルーズ船のディナーなので、正装が必要かなと思って一応持って行きましたが、不要でした 笑

ちなみにボート、カヤックの時間から次の日の朝食が終わる頃まで船は動きませんので、船酔いの心配な方でも大丈夫かなと思います。

船は外洋に出るまでで、全体で正味二時間くらいしか動かないです。私はずっと動いてるもんだと思ってたので、チョット残念でした 笑
様々な国の人々が参加するのと同様に、このツアーに登場する働いてる人々は色んな国からいらっしゃってるようで、結構国訛りがありました。恥ずかしながら私は船員さん達が言ってることが結構な部分分からなかったです。それでも楽しく過ごせます!
全般英語のツアーなので、それだけ注意された方がよろしいかと思います。
滝に接近中!

景色もお食事も良かったです

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンド クルーズ 宿泊ツアー 氷河で泳ぐ!<1泊2日/クイーンズタウン or テ・アナウ発着>
★★★★☆
投稿者:ニックネーム
参加日:2019/01/30
期待通りの素晴らしい景色でした。残念ながら2日目朝は靄がかかって全く景色が見られませんでしたが、仕方ないかなと思います。

船の上なのでお料理は全く期待してませんでしたが、充実したビュッフェで満足度は高かったです。

お部屋も狭いながら清潔感がありました。

行きのバスでドライバーの方が途中の名所についてこれでもかというくらい解説してくれ、勉強にもなりました。ケアという面白い鳥が見られます。

ただ、参加前にしつこいくらいベルトラさんから「バウチャーを印刷して持ってくるように」との連絡があったにも関わらず、当日は名前を伝えるだけでバウチャー提示の必要はありませんでした。
参加者に無用の負担を強いる必要があったのか疑問です。

最高の天気で満天の星空に感動!

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンド クルーズ 宿泊ツアー 氷河で泳ぐ!<1泊2日/クイーンズタウン or テ・アナウ発着>
★★★★★
投稿者:おいわ
参加日:2019/03/03
ツアーはクイーンズタウン、OKショップの近くのリアルジャーニーのオフィス前から出発。ホテルまでタクシーの迎えがあったり、途中でもバスで拾ってくれる。
ミルフォードサウンドへ向かう途中でも、いくつか写真スポットで止まってちょっと歩いてみたり、と楽しめた。とにかくバスのドライバーがよく案内をしてくれる。喋り続けていた。北島より羊が多く、昔ながらのニュージーランドの風景、といった感じだった。
クルーズでは2人部屋が予約できず、4人部屋のシェアなら空いているとのことだった。追加料金で2人のみで使うこともできたようだが、シェアも面白いかもと思い、そちらに決めた。正直なところ部屋はだいぶ狭かったが、ドイツ人の60才前後の女性2人とのシェアで、とっても仲良くなれて、今回の旅行の大きな思い出になった。どういう人とシェアになるかはわからないからチャレンジではあるが、部屋は基本寝るだけ、と考えればこれもありかと思う。
クルーズは天気が良くて最高だった。ボートやカヤックなどのアクティビティには参加せず、船上からの見学だったが十分楽しめた。ボートでひと回りしてきた人たちはイルカを見たとか言っていた。同室のドイツ人二人はカヤックをした後泳いでいた!水温は16度と言っていたが。
夕食はフランス人シェフの料理だそうで、ビュッフェ形式、シェフがローストしたビーフかラムが選べた。最後のデザートはレディファーストで取りに行かせてくれるという粋なはからい。パブロヴァもあった。
地平線に沈む夕陽が美しかった。こんな綺麗に見えるチャンスはそうないみたいで、クルーの女の子も仕事の途中でデッキに見に出てきていた。
夕食の後は、食堂の隣の会場で若いクルーのお兄さんが、ニュージーランドの簡単な歴史や野生生物のこと、ミルフォードサウンドのことなどをスライドショーで紹介してくれた。海が荒れている時のクルーズ動画もあったが、あんな時でなくて本当にラッキーだと感じた。
夜の星空は素晴らしかった。まさに満天の星。雲もなかったので真っ暗な空に、南十字星、天の川、オリオン、と帯のように見えた。星はこんなにあるのかと思った。船の先端のデッキに出て寝転んでずっと眺めていたが、結構寒かったのには参った。こんな星空が美しいというのに、ほかの客はどこに行ってしまったのか、ほんの数人しかいなかった。
夕食の席は指定されていたが、朝食はどの席でもOK。
朝も一度、外海まで出た。途中、滝に近づいてしぶきを浴びたり、岸の近くによるとペンギンがいたり。氷河を頂く山を背景に他のクルーズ船が見えたり、とテンションが上がりまくりの帰りのクルーズ。9時ちょっと過ぎには港へ戻ってしまうが、美しさ景色を堪能できるオーバーナイトクルーズだった。
帰りのバスはいたって静か。立ち寄る場所は、トイレ休憩と昼食をとるKiwi Countryのところだけ。最後はどこで降ろして欲しいかリクエストできるので、行く時に拾ってもらった場所でなくでもOK。トイレ休憩もそこそこ回数あった。
Quad Room
タスマン海に沈む夕日。水平線の向こうはオーストラリア
朝のミルフォードサウンド
ミルフォードサウンドの滝に最接近。しぶき浴びまくり。
途中で立ち寄った所の一つ、ミラーレイク

ゆっくり滞在できました

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンドクルーズ付き1泊2日<クイーンズタウン・テアナウ発>
★★★★☆
投稿者:kiwi
クイーンズタウンから日帰りのツアーはたくさんありますが、一日のバスの移動時間が長いのでミルフォードサウンドをゆっくり楽しめるこのツアーに申し込みました。
クルーズはお天気に左右されますが二日あるので晴れる確率もあがります。ただ雨の方方が迫力のある滝が見られるので雨も悪くありません。
静かな入り江で迎える日没、夜明け、フィヨルドランド国立公園の自然をたっぷり堪能しました。
夏季でも夜間は冷えるので防寒対策はしっかりしてください。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page