モンゴルでゲルに泊まりたい!

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

ついに、いつか行ってみたいと思っていたモンゴルへ。どこまでも広く続く大草原のど真ん中...真っ白なゲルは意外と中は広くて居心地がいい。その後は乗馬体験。草原を馬に乗って駆け抜ける爽快感ったら!そして、美しい夕日が地平線に沈んだ後には満天の星空が!星明かりってこんなに明るかったんだって初めて知った。朝は澄んだ空気と馬の声で起きて、なんだかリフレッシュできたな。


✈︎ ゲルってどんなもの?

ゲルは、家畜と共にモンゴル高原を移動しながら生活する遊牧民が使用している伝統的な移動式住居です。移動する時には解体し、ラクダや牛などの家畜に乗せて運び、使用する時に組み立てます。ゲルの直径は約4メートル~6メートル。季節によって、床材を板や絨毯などで工夫したり、ストーブを使用するなどして室温を調整することができます。モンゴルは仏教徒が多い地域なので、ゲルの中には祭壇や仏像などが置かれることが多いです。また水道は無いため、川や池などの水源を求めて移動し、また天窓があることで、光を取り入れたり時間を知るなど、自然の力を大事にしながら暮らす住居です。

>
アクティビティ情報はこちら
憧れのゲルに泊まる!モンゴル宿泊ツアー | モンゴルの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
モンゴルに行くなら必ず体験したいゲルでの宿泊。モンゴルの大自然に囲まれ、美しいサンセットやサンライズ、満点の星空を眺める経験は、一生の思い出になること間違いなしです!ゲルは基本的に1グループ1棟なので、快適に遊牧民族気分を味わえます♪プライベートツアーならお一人様でも参加可能なのでひとり旅にもおすすめです!※基本トイ…
www.veltra.comで見る

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


最高のモンゴル旅になりました

【プライベート】テレルジ国立公園 1泊2日ツアー☆乗馬&伝統衣装など文化体験付き<日本語ガイド/食事付/ゲル泊/ウランバートル発>
★★★★★
投稿者:Ko
参加日:2024/06/22
7月から仕事が忙しくなるので「その前に海外旅行しよう!」と思い、4連休で弾丸ひとりモンゴル旅を決行。
せっかくなら効率的にモンゴルの大自然、文化を満喫したいと思い、今回のツアーに参加しました。
結論、今回のツアーは大満足でした。
日本では見れない広大な草原、山、星空の大自然、現地の遊牧民の文化を堪能できたのはもちろん、ガイドさんがとにかく素晴らしかっです。
ひとつひとつの観光地での丁寧な解説、私の希望に合わせてくれる柔軟さ、映える写真テクニック(男性の方でしたが上手すぎてビックリ笑)、現地でのお買い物サポート、とにかく感謝でいっぱいです。
1日半ほとんど一緒にいたので、別れはとても悲しくなりました。泣
またモンゴルに来たいと心から思える旅になりました。次はゴビ砂漠かな。

乗馬、登山、遊牧民宅訪問、星空、大草原、モンゴル人の価値観に触れられたこと、すべて貴重な体験です

【プライベート】モンゴルの魅力を凝縮!テレルジ国立公園 2泊3日宿泊ツアー<日本語ガイド/食事付/ゲル泊/ウランバートル発>
★★★★★
投稿者:cat
参加日:2024/06/17
モンゴルでしか体験できないことが詰まったツアーです。
馬、牛、ラクダなど、放牧している家畜とともにモンゴル人は暮らしてきたこと、今もその自然と一体となった価値観を大事にしていること、それでも今は経済成長に合わせて一気に生活を都市化している人が多いことなど、大変勉強になりました。我々農耕民族は、遊牧民族の自由さや柔軟性、行動力の高さから、学ぶことが多いと感じました。

このツアーを今後検討される方への注意点としては、まずハイキングは想像するよりハードです。参加者に合わせるようですが、標高が高いので少しの上り坂でも息切れます。星空は、当たり前ですが、天候次第です。乗馬は楽しいですが、筋肉痛になるほど体力が入ります。自然の中にいくので、ハエなど虫がどうしても多いです。これを踏まえて準備や心構えをしておくとより良いと思います!

ガイドさんは大変良い方で、温度や天候、食べ物、時間などあらゆることに気を遣ってくださいました。モンゴルの説明をたくさんしてくれました。

大変楽しく、貴重な経験ができた学びの多い、素晴らしい時間でした!
宿泊したゲルの夕陽(8時半ごろ)

めっちゃオモロい冬ツアー

【プライベート】テレルジ国立公園 1泊2日ツアー☆乗馬&伝統衣装など文化体験付き<日本語ガイド/食事付/ゲル泊/ウランバートル発>
★★★★★
投稿者:Morio
参加日:2023/11/23
想像以上の楽しさでした。
-30℃の極寒、大雪原に、満点の星空。
人生観を大きく変えてしまうような世界です。
迷ったらぜひ行ってください。
何故なら寒さを吹き飛ばす楽しませてくれるくらいガイドがあなたを待っているからです!

必ずまた来たい!

【プライベート】モンゴルの魅力を凝縮!テレルジ国立公園 2泊3日宿泊ツアー<日本語ガイド/食事付/ゲル泊/ウランバートル発>
★★★★★
投稿者:ミツギ
参加日:2023/10/05
遊牧民のゲルでの生活を、小さい頃教材で見て以来憧れていた念願のモンゴル旅行でした。
基本的に天気が良く、どこへ行くにも景色が良くて秋の色彩がとても綺麗で感動しっぱなしでした・・・!2日目の乗馬の時に一瞬降った雨も良い思い出になりました。

ガイドの方が歴史や文化など詳しく教えてくださったり、スーパーマーケットやミルクの蒸留酒を作っている遊牧民の女性のゲルに連れて行ってくださったり、非常に充実した体験をすることができ大満足でした!
チンゾくんありがとうございました!

ウランバートルとテレルジ大満喫の3日間

【プライベート】モンゴルの魅力を凝縮!テレルジ国立公園 2泊3日宿泊ツアー<日本語ガイド/食事付/ゲル泊/ウランバートル発>
★★★★★
投稿者:Rei
参加日:2023/09/23
私は初めてモンゴルに旅行で訪れたのですが、非常に楽しい3日間になりました。
テレルジの初日は、チンギスハンの騎馬像を見てモンゴルの文化に触れた後、小雨の降る中ハイキングに行き霧のかかる幻想的な景色を楽しんだり、ヤクの群れに遭遇したりしました。2日目には3時間もの時間乗馬をして亀石の上に登ったり、チベット仏教の寺院を訪れて瞑想したりしました。どのスポットも景色がよく、日本では見られない環境はまるで映画の中にいるかのようでした。
また宿泊中の料理は量たっぷりで、伝統的でありながら私たちの味覚に合ったとてもおいしいものばかりでした。
何よりもガイドの皆さんが非常に優しく、ツアー中の何気ない会話やモンゴル文化の解説など充実しており退屈することはありませんでした。ウランバートルのお店や観光スポットも教えていただき、ツアー後も充実した時間にすることができました。最終日にはガイドさんも一緒に旅行に来た友人かのように仲良くしていただき、最高の思い出になりました。
最後に、3日間お世話になったテムさんをはじめとするガイドの皆さんやテレルジの皆さん、そして今回一緒にモンゴル旅行に行った友人に感謝したいと思います。皆さんまた会いましょう、それまでお元気で!
霧の中で遭遇したヤクの群れです!
少し晴れてきた後の景色です!

これは素晴らしい!ガイドのテムさんも最高!

【モンゴル満喫・4泊5日】テレルジ国立公園&ウランバートル市内観光付☆ゲル宿泊ツアー<ウランバートル空港発着/日本語ガイド/食事付>
★★★★★
投稿者:Y753
参加日:2023/09/17
夜、到着。ガイドのテムさんは思春期に5年住んでいたこともあり、日本語堪能。リクエストしてモンゴル料理屋に連れて行ってもらった。超美味!格安。ホテルのホリデイ・インは部屋も広くて快適。
2日目はテレルジ国立公園へ。ドライバーは最後まで専属、安全運転でGood。亀石へ。石、というが、巨大な岩山。裏へ回ると圧巻。テムさんは登って洞窟まで案内してくれた(やや危険を伴うので注意)。葉が黄色くなった山々の中のアリヤバル寺院は美しい。リゾートのゲルにチェックイン。周囲のリゾートも沢山見たが、ここが一番眺めが良い。午後はこのリゾート背面の山の軽いトレッキング。美しい。快晴の夜、満天の星空を楽しもうと思ったが、白色LEDがそこら中にあり、一晩中照らしているので、日本の大都会の郊外程度しか星は見えない。星を売り物にしているリゾートあるあるの愚行で、灯りは足元だけにして、本当の美しい星空を見せないとだめだ。美しい海を売り物にしていて、濃い色の入浴剤を流しているようなもの。
3日目はチンギスハーン騎馬像へ。たてがみの所は展望台で像の顔が大迫力。民族衣装を着て撮影。これが家族と職場の職員におお受け。乗馬体験、といっても1時間のトレッキング。なんちゃって乗馬のレヴェルではなく、大満足。料理を作って夕食。どれも美味しくて、これじゃあかなり太って帰るかなあ。
ウランバートル市内観光も充実。ガイドのテムさんは若い(22歳)のに本当に気が利いて、私が何を欲しているのか察知して、何でもやってくれる。楽しい旅行になるかつまらないものになるか、本当にガイド次第だ。彼と本当にいろいろ話し、モンゴルのことをかなり勉強できた。スーパーでも沢山質問し、モンゴルの健康カルピスなどは、彼がいなかったら知りえなかっただろう。彼は最高のガイドの1人だ。案内してくれたデパートのお土産は空港の半額以下。助かった。星空だけが残念だったが、あとは最高の旅だった。あありがとう!
泊まったゲルの前。朝は最高に美しい。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page