ヒンドゥー教の聖地、ガンジス河を訪れる@インド

ヒンドゥー教の聖地、ガンジス河を訪れる@インド

emo [エモ]
emo [エモ]

ヒマラヤから流れてくる聖なるガンジス河は、全てを浄化して、苦しみから解放されると言われている。ここは神聖な場所だから、私も心静かに、聖地の空気を感じさせて頂くという気持ちでボートから見学した。太陽が昇り始めると、お祈りとともに沐浴が始まる。夜は民族楽器の音楽で幻想的なお祈りの光景を見られるの。今でも、あの光景が目に焼き付いて離れない。

  • ムールガンダ・クティー寺院
  • ガートでのヒンズー教のお祈り
  • 早朝のガンジス河、インドの人々の沐浴
  • ベナレス駅
  • 事故現場を通過
  • アグラ城内部
  • 霧に煙るタージ・マハール
  • ファテブル・シークリー

列車が大幅遅延、これもインド!

投稿者:HIROAKI
参加日:2016-12-30
続きを読む.. 閉じる
まずはガイドのキラーナンダさんに感謝!
日本語はそこそこだが歴史的説明が深く丁寧。何よりも人柄が良く献身的なガイドぶりには頭が下がりました。
さてインドを訪れるなら必ずベナレスへ行くべし。
遠藤周作の「深い河」を事前に読んでおけば、さらに感動深いものになる。
車やリクシャーで混雑する道の真ん中を歩く牛。どこからか湧いて出てくる地元の人々。
ガンガーを目指し各地から集まってくる人たちと遺体。
そこにはディープなインドがあり感動する。
2日目の夕方、ベナレスからアグラへ向かう列車でトラブル。
ちゃんとしたインフォメーションが無いまま出発が4時間遅れ。加えて列車の入線直前にホームが変更され、9番ホームから5番ホームまで猛ダッシュ。
結局3日目は早朝5時頃アグラ到着のはずが、昼前の段階で中間地点のLucknow駅までしかたどり着かず、この日のアグラ観光を断念。
どうやら霧と数日前に起きた列車事故の影響らしい。
即座にデリーのホテルと翌日のジャイプール日帰りツアーをキャンセルし、ガイドさんにその夜のアグラのホテルと翌日のアグラ観光の手配を交渉⇒成立。
アグラまでの到着も読めなかった為、ガイドさんは事前に手前のTundla駅まで車を呼び寄せ、19時にそこからアグラのホテルへ。ファインプレー!
結局21時間も列車に乗っていた・・・
結果的にアグラのホテル料金だけは実費負担になったものの(これは当然だと思う)、3日目がそのまま4日目にシフトした形に。
アグラではアグラ城、タージ・マハール、ファテブル・シークリーと回り大満足。
最後はデリーのホテルで預けていた荷物をピックアップし空港まで送ってもらいました。
ガイドさんと現地旅行会社はトラブル発生時の対応が腕の見せどころだが、我々としっかりコミュニケーションを取り要望を聞いて対応してくれました。
限られた時間でのインド旅行、鉄道の利用はリスクがありますね(特に霧が出る冬場)
機会があったら同じルートを同じガイドのキラーナンダさんと回ってみたいです。
  • バラナシ。夕方のボート乗船
  • 寝台列車
  • アグラのランチ
  • タージマハル。どこから見ても美しい。

インドで見ておきたい場所をしっかり周れます。

投稿者:でんた
参加日:2018-12-11
続きを読む.. 閉じる
タージマハルとガンジス。せっかくならどちらもいきたいと思い、参加しました。
初日は国内線でバラナシへ。観光のみガイドで移動は一人でしたが、特に大きなトラブルもなく、時間通りにバラナシ空港へ到着。ランチを食べた後、まずはサルナートとダメークストゥーパ、また博物館とタイが作った寺院を訪問。仏陀の歴史に全く詳しくなかったですが、ガイドさんの丁寧な説明のおかげで理解も深まり勉強になりました。途中で飲んだチャイもおいしかったです。
その後はホテルへ。「Temple Town」という場所で、ガンジス川沿いではなかったですが、思ったより清潔で1人旅には十分。チェックイン後はガンジス川へ。本当に混沌とした町でしたが、ガイドさんが近くを歩いてくれるので、安心して町の様子を見ることができました。
翌朝にボートのストライキがあったので、ガンジス到着後、夕方のうちにボートへ乗船。夕方の景色、火葬場の炎など、夕方のボートも味があってよかったです。
ボートから降りるころに、アールティーがスタート。間近で見られる良い場所を案内してもらえ、儀式全体をしっかり見学、撮影もできました。

2日目は日の出に合わせ6時にホテル出発。冬場で朝は寒く、セーターに薄手のコートを羽織りました。朝日を見ながら沐浴を見学し、ガイドさんとバラナシを歩きます。火葬場も見学し(火葬場のお兄さんが英語でガイドしてくれました。チップ有)、その後、迷路のような旧市街へ。牛のフンやゴミも散乱し、当たり前のように牛や犬、サルがいます。とてもきれいとは言えず靴もズボンの裾も汚れましたが、独特の魅力にもう一度行ってみたいと思いました。
ホテルに戻り朝食、その後は夕方までフリータイム。なんとかガンジス川で自力で行ってみましたが、リクシャーの確保では英語が通じず、慣れない町では不安も多くドキドキでした。一人で歩くと、日本語で話しかけてくるインド人がたくさんいます。詐欺やぼったくりの可能性が高いようなので、全部無視しました。このフリータイムは時間の使い方に迷いましたが、一人歩きは旅慣れていないと中々大変です。
寝台列車は16時半定刻でしたが、1時間ほど遅れて到着しました。移動12時間のはずが霧で止まり、結果的に17時間。。。熟睡は難しいですが、ブランケットやシーツ、枕は用意があるので、バラナシの疲れをとることはできます。また車内販売でチャイも飲めます。ちなみに弁当は、もちろんカレー。狭い寝台列車の中で食べるのは大変なので、ウェットティッシュや下に敷けるタオルがあると便利です。

アナウンスはないですが、アグラは大きい駅なので、すぐに降りるタイミングはわかります。駅でも降り口の近くのホームでガイドさんが待っていてくれるので安心。アグラでは、ファテープシークリー、アグラ城、タージマハルの順番で訪問。メインのタージマハルでは約1時間の自由時間があり、霊廟の中も入れます。タージマハル、アグラ城は荷物検査も厳しいので、手荷物はほとんど車においてドライバーに任せました。また、この日のランチは途中のレストランで。ビュッフェ形式で、清潔感のあるレストランでした。

アグラを夕方出発し、直接デリー空港へ。夕方の帰宅ラッシュもあってか、デリー周辺は渋滞し5時間以上の移動でした。長かったですが、渋滞を考慮しても深夜のフライトチェックインにちょうど間に合うようスケジュールを組んでもらえたので、助かりました。

まだまだ書きたいことは一杯ありますが、インドらしい体験がたくさんできて本当に楽しかったです。バラナシもアグラも、ガイド、ドライバーともに丁寧で、とても充実した旅行になりました。
バラナシは1泊2日は表面を見ることしかできず、もう一度行きたいですね。
本当にありがとうございました!
  • 憧れのタージマハルをバックに。
  • ムールガンダ・クティー寺院前で。

限られた時間を有効に使えました。

投稿者:とくもみ
参加日:2017-02-27
続きを読む.. 閉じる
母と成人した息子二人の初インドでした。旅の最後で予定があったので、2泊3日でワラナシとアグラの見どころを回る貸切チャーターにしました。
ワラナシまでの国内線は、インディゴエアーをリクエストし、乗ることができました。
到着すると、ガイドさんが待っていてくれて、すぐ次の行動に移せるのでストレスフリーな旅でした。ワラナシでは夕方からのプージャに長男が感動していました。私はずっと息子二人とガンジス川からの朝日を見るのが夢だったので、今回それがかなってとても満足です。
ムールガンダ・クティー寺院では、日本から贈られた鐘も見ることができましたし、日本人だということで、ご住職(?)のお計らいで柵から中に入れていただき、ご本尊の周りを廻りながらお祈りできました。(左廻りです。)お礼の意味も込めて200ルピーをご寄付しました。とにかく私たちだけのツアーなので、他の人に合わせる必要がなく、家族旅行を満喫できました。最後もホテルまで送ってくれるので、安心でした。

いろいろな体験できてこのツアーは最高だ

投稿者:みやび
参加日:2016-09-08
続きを読む.. 閉じる
初のインドだったことと、バラナシ(ベナレス)へ行くことと、夜行寝台列車に乗りたかったのでこのツアーに一人で申し込みました。ガイドに恵まれた事が一番良かった。3日間同じガイドなので安心できました。国内線、夜行寝台列車、サイクルリキシャと移動も楽しかった。ガイドさんも水飲むか?お菓子いるか?チャイ飲むか?サモサ食うか?といつも気を使ってくれ、代金はガイドさん側で支払もしてくれました。観光案内の知識も豊富で多くの写真や動画も撮ってくれました。色々な国でVELTRAの現地ツアーに一人で参加してきましたが、一番良いガイドとツアーでした。ひとつ残念なのがバラナシでのホテルがもう少しいいホテルだと最高ですね。ニューデリーに戻り夜になっているのに私のわがままでスーパーマーケットでお土産を買いたいと言うと快く寄って頂けました。今回のガイドとこの旅行会社に感謝です。とてもいいインド一人旅となりました。

関連するコレクション

人気のコレクション
タイが誇る楽園!無人島「ロック島」「ハー島」へ出かけよう!

1

タイが誇る楽園!無人島「ロック島」「ハー島」へ出かけよう!

行ってみたいタイの人気ビーチリゾートはたくさんあるけど、今一番行きたいのはロック島とハー島!プーケットから日帰りで行けるのに無人島で手付かずの美しい自然が残っているらしい。真っ白な砂浜に青い空、透き通るエメラルドグリーンの海、広大なサンゴ礁の中でシュノーケルやダイビングを楽...
emo [エモ]
emo [エモ]
高級スパ・エステで韓国女性の美の秘密を探る

2

高級スパ・エステで韓国女性の美の秘密を探る

K-POPや韓流ドラマで、目を見張るほど美しい韓国女性たちを見ていれば韓国の高級スパ・エステの実力が分かるというもの!古くから伝わる伝統美容から、最新のテクニックやマシンまで幅広く揃うのが韓国美容。日本よりも手ごろな料金で施術が受けられるのも魅力。
emo [エモ]
emo [エモ]
シンガポールのセントーサ島で遊びまくる!

3

シンガポールのセントーサ島で遊びまくる!

シンガポールといえば、アジア最大級のリゾートアイランドであるセントーサ島!今回は友達と遊びまくるぞ!と気合を入れて行ってきたよ。まずはマーライオンタワーで本家マーライオンの4倍の大きさというマーライオンを見てきて、その迫力にびっくり!さらにシーアクアリウムでは世界最大級の大...
emo [エモ]
emo [エモ]
人気のコレクションをもっと見る