チェコが誇る伝統芸能「マリオネット」は必見!人形達の本格オペラを鑑賞!

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

チェコが誇る伝統芸能として有名なのが人形劇「マリオネット」。できればチェコの人たちが誇りをもって守り続けた国立マリオネット劇場で一度観てみたかった。モーツァルトが作曲した有名なオペラ「ドン・ジョヴァンニ」を鑑賞したんだけど、現代的にアレンジされていてユーモアがありとても面白かった!人形には見えない繊細で情感豊かな動きに、操る人の素晴らしい技術も感じたな。全てイタリア語で演じられるので、ストーリーは予習していった方がおすすめ!

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


マリオネットドン・ジョヴァンニ鑑賞&ディナー

マリオネット「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞&ディナー<日本語/ホテルお送り付き/プラハ発>
★★★★☆
投稿者:nora
まず、ディナーのレストランは最高に良かったです。
食事もワインもとても美味しく、良かったです。ただ、テーブルを決めるのに、申し込み順で私たちが一番早かったので一番良いお席にご案内といわれたのですが、ガイドさんの手違いで見晴らしが悪い場所に案内され、そちらはとても残念でした。 食後のマリオネット鑑賞は、意味を100パーセント理解するのは難しかったですが、チェコの伝統芸術の一つを見ることができ、良い体験になったと思います。

言葉が分からなくても充分楽しめる

マリオネット「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞<現地集合・解散>
★★★★★
投稿者:1918_y2y2
参加日:2019/07/15
チェコと言えばマリオネットの盛んな国。一度は本場のマリオネットをと思っていました。
こじんまりとした会場で、舞台は5m位でしょうか。モーツアルトが狂言回しになり、ドンジョバンニの音楽、歌で2時間ほどの公演です。
あらすじとしては復讐劇ですが、大人がおかしいと思うところを子どもが大きな声で笑っていました。
様々な工夫で、2時間があっという間に過ぎました。
終了後、天文時計の前を通りホテルへと向かいました。
夜のプラハは、照明がきれいですてきな時間をすごすことができました。

今回は、マリオネットだけを選びました。ディナー付きでチェコ料理を味わうのも楽しかったかと思われます。

チェスキー・クルムロフのマリオネット博物館を後日見学することもでき、チェコのマリオネットについて楽しめました。
本番前のおしらせ 日本語の案内もありました
ティーンの前の聖母教会 夜景

チェコの伝統文化に浸る!

マリオネット「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞<現地集合・解散>
★★★★☆
投稿者:なあき
参加日:2019/04/23
以前より興味のあったマリオネット、国立マリオネット劇場『ドン・ジョバンニ』を観劇しました。
開始30分ほど前に劇場に着くと半分くらいの席が埋まっていました(全て自由席)。
客層は子供連れのチェコ人家族のほか、東洋・西洋からの観光客も多数という感じです。
全編チェコ語で演じられるのである程度はあらすじを把握していくことをおすすめしますが、マリオネットの動きがコミカルで、チェコ語が分からなくても問題なく楽しめました!

日本語ガイド付き、日帰りでなく、1泊したのが良かった

世界遺産チェスキークルムロフ&南ボヘミアの世界遺産 1泊2日ツアー<貸切/日本語または英語/プラハ発着>
★★★★★
投稿者:1918_y2y2
参加日:2019/07/17
日本語ガイドのSさんは、チェコが長い、ヨーロッパはもちろん、いろいろな国を旅行して,博学・見識の高いガイドさんでした。

フルボカ城の見学では、チェコ語のガイドさん、話す内容は分かりませんが、日本語のパンフレットを読みながら、そして、チェコ語のガイドさんの後に日本語のガイドと一部屋一部屋を順に1時間ほど見学、プラハ城では見学できなかった、お城の内部の様子がよくわかりました。

昼食はガイドさんといっしょに、チェスケー・ブジェヨビツェにあるサムソンの噴水の近くのRestaurace Masné krámyでスープ、サラダ、2つの肉料理と魚料理をいただきました。どれも大量です。食べきれません。噴水のある広場に市役所があるのですが、街の中に溶け込んでいて他の商店と区別がつきません。日本の市役所と全く違う雰囲気でした。ガイドさんと町回りをして、犬はリードなしで自由に歩いていました。犬がとても大切にされているようです。

ホラショビツェは、19世紀にできた静かたたずまいの村でした。

16時頃にチェスキー・クルムロフに到着し、ホテルでガイドさんと分かれましたが、その前に、地図を見ながら簡単に紹介してもらい、食事処、見学場所などを紹介してもらいました。何しろ日没は21時過ぎです。ゆっくり町歩き,城の庭などを見学して、夕食をとりました。もちろん、マリオネット博物館も行きました。

2日目は、ガイドさんとクルムロフの修道院をめぐり、街をゆっくり散歩。エゴンシーレの美術館がある。エゴンシーレのおばあさんの家がある。その後クルムロフ城を見学。ここもチェコ語のガイドさんとSさんと日本語パンフレットを見ながらいっしょに1時間ほど見学。昼食はソーセージのピクルス、カマンベールチーズのオイル漬け、どちらもチェコ料理、ビールのおつまみのようなもの、ゆっくりいただき、クルムロフを離れ、テルチへ

テルチ、街の広場をぐるっと回り、テルチ城は外から見学。テルチの街は池の中の島の中に街とお城があるように創られている。

車中でプラハ観光のポイントを教えてもらいました。帰国前の1日を有効に使えたのはもちろんでした。

チェコの奥行きを感じるツアーでした。Sさんありがとうございました。
フルボカ城 プラハ城より小さいが内部見学ができる
ホラショビツェ村 広場のまわりに並んでいる農家
案内図を見ながら 島のような所に街がある
マリオネット博物館
陽が落ちてからのクルムロフ城
クルムロフ城の中庭 だまし絵で立体的に見えるようになっている
テルチ市役所(街に溶け込んでいる)の案内所にあったテルチの地図

楽しめました。

マリオネット「ドン・ジョヴァンニ」鑑賞&ディナー<日本語/ホテルお送り付き/プラハ発>
★★★★★
投稿者:ぶんこ
参加日:2018/04/27
レストランは、お店の方のサービスや演出が素晴らしかったです。
ガイドさんはチェコの方で、誠実なお人柄が伝わってくる好感のもてる方でした。
道に迷い、集合時間に少し遅刻してしまいましたが、その後の調整をガイドさんがして下さり、マリオネット観劇は自由席なので、早めの時間に誘導して下さったおかげで、良い席で見ることができました。
劇場は椅子の間隔が狭く、少しお尻や腰が痛くなってしまいましたが、ユーモアもあり楽しめました。チェコの文化を知る上で、観劇できて良かったです。
次の日に旧市街のお店を見ているうちに、自分用に、チェコ旅行記念としてマリオネットを購入してしまいました。
メイン
スモールデザート
デザート

念願のプラハ城!感動です。

トラム体験つき!プラハ市内 半日ウォーキングツアー<マリオネット鑑賞プランあり/日本語/プラハ発>
★★★★★
投稿者:ふゆえ
参加日:2018/09/11
親切でガイド内容も素晴らしい女性がガイドしてくださいました。プラハ城に行くなら、やはり歴史背景などを聞きながらまわったほうがより心に残ると思います。質問にも丁寧に対応していただきました。また、マリオネット鑑賞チケット付きを申し込んだことも正解でした。もしかしたら、劇場で直接購入するより割安だったのかもしれません。購入の手間もかからず、スムースでした。ドン・ジョバンニのあらすじは、目を通してからご覧いただいた方が楽しいです。このツアーに申し込んで良かったです。ただ、たくさん歩きますので、体力に自信のない方は、ご注意ください。
陽の光が計算されたステンドガラス

  • facebook page
  • twitter page
  • line page