フランスでワイナリー巡りを楽しむ!

フランスでワイナリー巡りを楽しむ!

ワイン好きなら憧れずにはいられない!本場フランスのワイナリー巡りへ行くなら、まずどのエリアを攻めるかじっくりとプランを練りたいもの。ボルドー、ブルゴーニュ、アルザス、さあどこにする?ただしワイナリーは広大なブドウ畑が広がるエリアに点在しているから専用車の手配は必須!テイスティングを楽しむためにも段取りは肝心。どのツアーにしようか悩みながら、スマホ片手にワインを飲み始めてみる…

  • サンテミリオンの街
  • シャトーマルゴー
  • シャトーの中。仕込み中。

綺麗な街並みとワイナリー

投稿者:Mika
参加日:2016-10-15
ボルドーワインを堪能しようと夫婦でこちらのツアーに申し込みました。
フランスのワイナリーツアーはアルザスに続いて2回目の参加でしたが、大変満足いくものでした。参加者は私たちの他に日本人女性が1人で計3人の少人数でのツアーでした。
こちらのツアーではまず、ホテルを出発しサンテミリオンに向かいました。サンテミリオンでは小さなワイナリーを見せていただき、そこから近くのワインショップで試飲をしました。6−8種類ほどのワインを試飲させていただきましたが、紹介されたワインはどれも40-70ユーロくらいで、非常に美味しかったです。ショップということなのでもっとお手軽な価格のワインも取り揃えており頼むと試飲させてくれました。日本への輸送もしてくれるということですが、輸送費はかなりのお値段なので頑張って持って帰った方がいいかと思います。
その後、自由行動となりサンテミリオンの街中でランチをしました。ボルドー地方の名物である鴨料理が食べたかったのでオススメの店をドライバーさんに聞くと、美味しい鴨のコースを味わえるお店を教えてくれました。
昼食後はメドックに向かい、大きめのワイナリーで見学をしました。私はワインに詳しくないので知りませんでしたが、有名なワイナリーだそうです。ここではちょうど仕込みを行う季節だったのでまだ仕込み中のぶどうジュースを飲ませていただくという貴重な体験をしました。すっきりとした甘さで、ワインだけでなくこのぶどうジュースも販売したらいいのに、と思うほど美味しかったです。このワイナリーも見学が終わった後、4種類ほどワインの試飲があり買うことも可能でした。
その後、5大シャトーであるシャトーマルゴーやその他有名なシャトーを外からですが見させていただきました。シャトー近くのぶどう畑では取り残されたぶどうを食べたりしながらお城のようなワイナリーを楽しみました。
最後にホテルまで送ってもらい、ほろ酔いで大満足なツアーでした。

ボルドーワインの入口に

投稿者:Paris2011
参加日:2016-11-12
少し値段は高いように思いましたが、行って納得、十分にその価値があるツアーでした。
朝は左岸のメドック、マルゴー、ポイヤックと車を走らせてもらいながら、ボルドーワインの基本知識についてレクチャーしてもらい、格付けはどう決まって、どんなシャトーがあるか、それから1級のシャトーの前で車を止めてもらって写真を撮ったり。
マルゴーChâteau Prieure Lichineの見学と試飲。ランチ時間にむけて左岸から右岸へ、St Emilionへ。地図やGPSなどで場所を確認しながら移動すると、どの辺の景色を見てるかもセットで記憶できていいかもしれません。
Saint Emilionでは、ランチと自由時間がありますが、ちゃんとランチをとるとフランスではそこそこ時間かかるので、ランチだけでほぼ終わってしまうくらいの時間、と思っておいたほうがいいと思います。
St Emilionの見学はChâteau Franc Mayne。石灰岩をくりぬいた過去の石切場兼貯蔵庫を歩いて見学でき、午前のシャトーとはまた違う雰囲気です。試飲も楽しめました。
午後の時間もあっという間にすぎて、1日を十分にボルドーワインで堪能できると思います。
何よりも日本語で、ワインの専門知識のある人から説明してもらえると理解も深まりますし、質問などのやりとりも実りあると思います。
  • シャトー・レオヴィル・ポワフェレ入口
  • シャトー・レオヴィル・ポワフェレの熟成場
  • サンテミリオンの街
  • シャトー・ド・プレサック外観
  • ボルドーの葡萄

ボルドーはやはり赤ワインの世界でした。

投稿者:grampus
参加日:2017-09-23
一般コースで申し込みましたが、結果としてうちの夫婦だけの貸切となりました。日本人女性のドライバー兼ガイドさんの案内で2つのワイナリーを訪れました。うちの妻とは欧州在住の奥さんどおしということでいろいろな苦労話が盛り上がってました。最初のワイナリーであるシャトー・レオヴィル・ポワフェレはボルドー2級醸造所のひとつと位置づけられていて、日本での値段は約2万円から5万円という高級ワインが作られています。原材料の葡萄そのものを試食したり工場見学したりして、私の一番の楽しみの試飲へ。おいしくいただき日本なら上記の値段のワインを3分の1程度の値段で購入しました。続いてサンテミリオンの村で自由時間をもらい散策。ここは大変魅力的な街ですが小さいので自由時間で十分散策できます。次は会社員だったオーナーが97年に購入して醸造を始めたシャトー・ド・プレサックへ。ここのワインはサンテミリオン格付けのグランクリュですが、先ほどのワイナリーに比べると値段はお買い得。ここの試飲も楽しめました。途中、他の有名なシャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・マルゴー、シャトー・ペトリュスにも案内していただき、写真だけは撮ることができました。非常に内容の濃いツアーであり参加する価値はあると思います。

ワインと料理のマリアージュ

投稿者:E.K.
参加日:2017-08-03
わたしを含め4人参加のツアーで、まるでプライベートツアーのようでした。ニュージーランドニュージーランドからのご夫婦、アルゼンチンからの男性が参加者でガイドはワイナリー地元の女性。まずChateau Haut-Baillyを訪れ、畑と貯蔵庫の見学して赤二種類を試飲。次にChateau Carbonnieuxにて同様に畑と貯蔵庫見学の後、白一種類を試飲してから、食事でした。ワインと料理がみごとにマッチしていて、大満足でした。前菜にいただいたフォアグラはいままで食した中で一番の美味しさでした。ガイドの方、ワイナリーで説明してくれた方、ともに知識豊富で、どのような質問にも答えてくださいました。大満足のツアーでした。
  • Gevrey-Chambertin 1er cru にて
  • Gevrey-Chambertin 1er cru にて
  • Clos de Vougeot にて
  • ワイン蔵
  • ドメーヌでの試飲ワイン(午前)
  • ドメーヌでの試飲ワイン(午後)
  • 憧れの”Romanée-conti”

情熱のブルゴーニュ1日ワインツアー<1日/ディジョン発> #2417652

投稿者:Amour
参加日:2015-09-12
9月4日~9月18日、15日間フランス一人旅の間Dijon滞在時に参加しました。

10年以上のワイン愛好家ということもあり、Bourgogneには2回訪れ、ワイナリーツアーにも参加しましたが、これまでと全くレベルの違うツアーに大感激しました。特にガイドさんの人柄と豊富な専門知識が素晴らしかったです。

午前中はCôtes de Nuits。Gevrey-Chambertin 1er cruで収穫直前のブドウを試食し記念撮影。その後Clos de Vougeotでも車を止めて記念撮影。ガイドの方が丁寧に解説してくださりテロワールがブドウに与える影響が良く理解できました。
その後ドメーヌにて醸造場、ワイン蔵を見学の後、5種類のワインをご用意してくださいましたが、いずれも高級ワインでした。
午後はCôtes de Beaune。ここでもCortonをはじめとする高級ワインを5種類。普段なかなか口にすることのできないワインばかりでした。
そして、最後にRomanée-contiの畑を間近で見学。このわずか1.8ヘクタールほどの畑が生み出す奇跡を周りのGrands crusとの比較を目の当たりにし感心しました。

参加者はアメリカから新婚旅行でフランスを訪れていたご夫婦と私の3名。終始、英語ガイドだったのですが、英語の得意でない私にガイドの方がお気づかいくださり、楽しく参加させていただきました。
人生で貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。
  • ワイナリー見学
  • オランジュ 劇場
  • ルシオン とても綺麗な街
  • ポン・デュ・ガール スケールが大きい

世界遺産ポン・デュ・ガール,オランジュ,ルシオン とても素晴らしい 南フランスに来た!という印象をくれる

投稿者:Aki
参加日:2016-08-30
とても,ゆったりとした日帰りツアーでした。9人乗りの車で女性の運転手がガイドをいていました。英語はとても解りやすかったです。ホテルの場所まで送迎してくれました。始めにワイナリーに行き,1時間ほど地層を利用したブドウの栽培や醸造法を見せてくれました。試飲,テイスティングさせていただきました。とても美味しかったです。その後,オランジュに行き,劇場を見ました。日本語の説明テープもこのツアー込みでとても良くわかりました。建造物が素晴らしい。そして,赤い土の街,ルシオンはとても綺麗でした。南フランスに来た!という印象を強く与えてくれた場所です。街を観光して昼食です(1時間半ほど)。その後,映画「プロバンスの贈り物」の撮影場所であった街,ゴルドを遠くから見える場所で写真ストップ(街の中には行けないそうです),そして1時間ほどレ・ボー・ド・プロヴァンスを見学しました。最後にポン・デュ・ガールを観光(50分ほど)しました。とてもスケールの大きな水道橋でした。その後,ホテルまで送ってくれました。この日帰りツアーで「南フランスに来た!」という印象を強く与えてくれました。また,ワインまでテイスティングさせてくれて,素晴らしく,そして満足しました。
  • 一軒目のシャトー
  • 2件目のシャトー
  • 途中のランチ
  • ラトゥール!
  • マルゴー!

最高なツアーでした

投稿者:サカイ
参加日:2017-12-24
12月末、クリスマスイブという最悪に近いタイミングで、ワイナリー見学をしたいという無理難題に答えていただき、まずありがとうございました。

さらにワインと言えば赤と白ぐらいしかわからない私たちにもわかりやすくボルドーやサンテミリオン地区のお話や歴史を含めてワインの説明をしてもらい、今回の旅行全体の中で一番勉強になったとも言えそうです。

イブなのに2つのシャトーを見学でき、また5大シャトーも二つほど訪問(クリスマス休暇なので門を見るにとどまりますが)させてもらったりと、とても思い出深いツアーとなりました。

オオヤさん、ありがとうございました。
またボルドーに行くときはよろしくお願いします!

夏にピッタリなアルザスワイン

投稿者:JIMA
参加日:2017-08-14
集合時間より少し早めに到着。
すばらしい大聖堂を見学してからツアーに参加。
アルザスの地元っ子のかわいらしい方によるアテンドで、地元ならではの情報盛りだくさんでした。
自分たちでは訪問できないような家族経営のワイナリーに行くことができ貴重な時間を過ごしました。
4つのワイナリーで、合わせて25種類くらい試飲しました。
リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノグリを中心に、区画の違い、糖度の異なるものを比較しながら、自分の好みのワインを見つけることができました。
この日は暑かったので赤ワインのテイスティングだけだと辛かったかも知れませんが、爽やかな白ワインは夏にピッタリです!
ランチは、ガイドさんオススメのお店でアルザスらしいものをチョイス。
アルザスワインと合わせると絶対においしいのはわかっていましたが、午後のテイスティングに備えて、お水でガマン。。ワインなしでも充分に美味しくいただきました。
リクヴィル、リボーヴィレはとてもかわいらしい村でアルザスワイン街道を堪能できる場所です。

秋色に色づくブドウ畑に虹がかかる。

投稿者:marie_nounours
参加日:2017-11-05
終日、コート・ドール(黄金の丘)地区のワイナリー巡りへ。コロコロとお天気のかわる一日だったけど、木々は秋色に色づき、寄り添うように立ち並ぶ家々の蔦も紅葉し、そしてなんと最後には葡萄畑に虹がかかり、心躍る至福のワイナリー巡りとなった。

朝一のTGVに乗りディジョンへ。ツアーは英語でのガイド(私はフランス語で説明してもらった)。参加者は私とアメリカ人のマダムの3名。まず、ガイドのレオニーさんが、ブルゴーニュワインの基礎知識ということで、ブドウの品種、格付け、作り手(ドメーヌ)を丁寧に説明してくれた。

ジュヴレ・シャンベルタン
ヴージョ
ヴォーヌ・ロマネ
ニュイ・サン・ジョルジュ
アロース・コルトン
ボーヌ
モンラッシュ
ムルソー
エシェゾー etc

ほとんど車窓からの見学だったけど、プレミエ・クリュやグラン・クリュを含めた10種類以上の赤白ワインの試飲で、つい飲み過ぎてしまった(試飲の量が普通の量w)。

ボーヌでは2時間のフリータイム。デジュネをパスしてホテル・デュー(神の館)を見学。1443年、ブルゴーニュ公の大法官だったニコラ・ロランと妻によって、貧しい人々のために病院として建てられた。病院の運営は、病院が所有する葡萄畑からできるワインの競売でまかなわれてきたそう。ヴァイデン作『最後の審判』をもう少しじっくり鑑賞したかった(限られた時間だった)。

機会があったらまたブルゴーニュのワイナリー巡りをしたい。ブルゴーニュ好き、赤好きには堪らないひとときだった♪
  • シャトーのまわりに広がるぶどう畑

シャトーも世界遺産も大満足

投稿者:Soleil
参加日:2017-09-18
ワイナリー巡りが好きで、今までにアルザスやブルゴーニュもツアーや個人でまわりました。
申し込み時には、シャトー2軒は少ないように感じましたが、真っ暗な地下カーブを案内していただいたり地域の特産品のビュッフェランチが用意されていたりと内容の充実したものでした。またシャトーのまわりの景色や雰囲気も満喫できました。ただ、試飲できたワインは各シャトーで2種類ずつでしたので、色々な種類のワインの試飲を期待されると、物足りないかもしれません。
午後のサンテミリオン村は、何と言っても個人旅行では入れない教会の中に入れたのが素晴らしかったです。自由行動の時間も十分にあり散策も楽しめました。
あと、これは運によると思いますが、ガイドの方がとても良かったです。フランス語と英語で詳しく説明してくれるので、事前知識があまりなくても良くわかり、さらにツアーが興味深いものになりました。