7月14日のパリ祭を現地で体験したい!

7月14日のパリ祭を現地で体験したい!

今年は7月に有給が取れたから、パリ祭に合わせてフランス旅行を計画。せっかくだから贅沢に、セーヌ川クルーズから花火を見ることにしたの。セーヌ川から見る満天の花火と美しい夜景は夢みたいな景色で感動。花火に包まれているエッフェル塔なんてなかなか見れない!生歌の演奏を聴きながらのディナーはとても雰囲気があって、シャンパンのキラキラした泡と、花火のキラキラの光で最高のパリ祭の思い出になった!

2018年7月14日 パリ祭限定 セーヌ川ディナークルーズ バトーパリジャン

投稿者:manmaru
参加日:2018/07/14
続きを読む.. 閉じる
仏旅行出発の2日前までパスが届かなかったので、このままでは印刷できないとハラハラしました。
当日かなり余裕を見て着くつもりだったのが、通行止めなどあり、かなり焦りました。同じパスをもったフランス人のカップルを見つけて一緒に走りました。もう少しはっきりした道順の地図がほしかったです。
クルーズは、食事のサービスもかなりレベル高かったのではないでしょうか。花火は、隣の無人の船の屋根が邪魔になり、エッフェル塔の下半分が見えなかったのが残念でした。が、こちらに花火が落ちてくる感じで迫力ありました。
帰りも人出が多く、娘と二人で怖い思いもせずホテルまで1時間歩いて帰れました。
予約して良かったです。

ディナークルーズ

投稿者:モリモリ
参加日:2018/07/14
続きを読む.. 閉じる
ちょうどその日はパリ祭(革命記念日)で午前中はシャンゼリゼ通り周辺が通行止めになり市内観光は中々大変でした。しかし夜のこのクルーズはコース料理も大変美味しく頂きシャンパンが付いているにもかかわらず追加でワインもボトルでオーダーしてしまいました。5人だったので美味しく頂き、料理も一段落したら船上に上がりパリ祭の花火を見て堪能させて頂きました。パリ最後の日に素晴らしい夜を経験させて頂きありがとうございました。

いい思い出になりました!

投稿者:hiro
参加日:2018/07/14
続きを読む.. 閉じる
偶然にもパリ祭の時に旅行に行く事になり、セーヌ川ディナークルーズを検索していてこのオプショナルツアーを見つけました!
当日はとっても暑かったので、クーラーの効いた船内でシャンパンにフランス料理を食べながらのクルージングは快適でした!
エッフェル塔のシャンパンフラッシュも間近で観れ、夜の花火も船上からゆっくり鑑賞出来て、最高でした♪
  • 船着き場に戻るころにはエッフェル塔には灯りがともる
  • 30分間、目の前は花火でおおわれた
  • セーヌ川沿いを歩いて帰路に

素晴らしい時間と心折れる行き帰り

投稿者:じゃじゃまる
参加日:2018/07/14
続きを読む.. 閉じる
乗船時間19時30分に十分間に合うよう18時ころアルマ・マルソー駅にボクと妻は降り立った。なんとすでにディナークルーズを待つ人の列は、アルマ橋まで続いている。
18時とはいえ、パリはまだ陽が高い。木陰のない橋のたもとの歩道で、一向に進まない列。時計を何度も見る。ジリジリしてくる。18時50分過ぎに、前に並ぶインド人若夫婦がボクらに問いかける。あなた方も19時30分の船ですよねと。この進み方じゃ心配になるよね。
遠くに見えて来たチェックの様子は、とってもノロい。その調子じゃ、この群衆を到底さばけませんぜ。しかも途中からの割り込みがひどい。割り込むのはフランスの地元の人が多い。列は整然としたものじゃないから、それをいいことに何やらしゃべりながら脇からスルリと集団の先の方に紛れ込む。おしゃれな紳士、ドレスアップした女性も平気な顔で割り込み。そういうお国柄なのかしら?と思う。
目の前に割り込んだグループに列の後ろに行けと注意したが、少し後ろでまた割り込んでいる。ここは紳士の国じゃないのかい! すっかり心が折れる。
19時を過ぎたら群衆に焦りが漂い始めた。当然、前のほうで強引な割込みも多くなる。そのうち大混乱になるかも…と心配になる。
申し込まなきゃよかった…気分を害しながらも、このままでは大量のキャンセルになるから船も出発できないさとタカをくくる。
19時15分ころから列が急に流れ始めた。チェックの人数が増えたのと、チェック自体がすごく甘くなった。セキュリティパスもチラ見、ボクにはバックの中身のチェックすらしない。その2、3日前にVELTRAからパスポート持参の案内メールがあったが、パスポートどころじゃない緩さ。というか、この混乱ではパスポートを失くさないかの方が心配だ。持ってこなきゃよかった。
先のインド人夫婦は、近くのフランス人夫婦にパスポートは?と尋ねていた。フランス人夫婦はセキュリティパスを手に「これがそうさ」と。当然、フランス人はパスポートを持って集まっていない。
やっぱりパスポートはホテルのセキュリティボックスに入れて、コピーを持参すればよかったなと思った。
チェックを通過したら小走りで船着き場に。手前の船で乗船する船と席を指定され、別の船に向かう。席は船尾の窓側。目の前にエッフェル塔が見える。ようやくほっとしてスーツのジャケットを脱いだ。20時の出航まで、まずはシャンパンで乾杯。
分厚いフォアグラの前菜から始まったコースは、サーモン、メーンの子羊肉、チーズ、デザートへと続く。気持ちも味覚もふくふくとした時が流れる。船着き場にたどり着くまでの身勝手な人たちのせいで疲れきった気持ちが癒されていく。
素敵な時間が流れ、22時、船はエッフェル塔そばの船着き場に戻った。30分ころから乗客はワイングラスを手に船尾のデッキに。川風に吹かれながら、23時過ぎ、さぁ花火ショーの始まりだ。
エッフェル塔も花火で包まれ、目の前が花火でおおわれる。花火の連打の区切りのたびに大きな歓声と拍手。新婚さんなのかな?目の前で日本人カップルが頻繁にキスをする。キスをする横顔が花火の光で浮き上がる。
23時30分過ぎに花火は終わり、船上ではワインパーティの続きが始まった。いつまで飲んでいるんだろう? この人たちどのようにして帰るのかな? などと思いながら、ボクらは23時50分ごろ船を降りた。アデュー。
帰路は多くの人の流れに従って、セーヌ川沿いを歩く。暗い道があるが、たくさんの人も一緒。日本の花火大会の帰り道のようなもの。
1時間近く歩いてコンコルド広場に。地下鉄駅の入り口が見つけられず、次のチュイルリー駅まで歩く。移動遊園地からキャーっという歓声。パリ祭の夜は日が変わってもにぎやかだ。
チュイルリー駅に入ってきた地下鉄は超満員。とうてい乗り込めないと思ったが、一緒に並んだ紳士が車内に突入したので、それと一緒にボクらも無理矢理乗り込む。妻を先に押し込み、後からボクが。1回は身体半分がドアに挟まれ、少し開いて次はカバンが車外に。完全に閉まりきらないドアからカバンの底に手を回し、強引に引き込んだら腕時計が外れた。
ああ…そのまま地下鉄は発車。ホームにいた紳士が下を指さし「ウォッチ」と口パク。ボクは涙を拭くジェスチャーで応じた。落とした腕時計はフランス製。確か値段も安かったはず。でもスーツに合ったので気に入っていたのにな。時計は故郷に返したと思うことにした。
パリ祭のディナークルーズ、行きと帰りの苦労さえ厭わないなら、素晴らしい時間が過ごせる。割り込みの横行と帰りの足の不安で星1つマイナス。それでも体験する価値は十分あると思うよ。

優雅なひと時

投稿者:パリジャン
参加日:2016/07/14
続きを読む.. 閉じる
船…この日はバトーパリジャン全4隻がフル出動します。
  大小さまざまな船に振り分けられ船上します。
座席…事前に決められており、座席交渉不可能。(運任せ)
   進行方向右窓側はラッキーです。花火も座席に座ってゆっくり鑑賞できます。
   反対側の座席の方はデッキに出て鑑賞可能。
服装…エレガンスと言っても完全な正装の人はいませんでした。カジュアルエレガンス。
   ジーパンの観光客もいたほどで、完全にバッチリ決めていくとちょっと浮いてしまう。
食事…非常にゆっくりペース(仏式)で、お腹が空いてしまいます。男性には少し物足りない。
飲料…シャンパンとワイン(白と赤)、ミネラルウォーター、コーヒーまたは紅茶込み。
船長、船員、ギャルソン…皆、仏語英語バイリンガル。観光客に慣れているので片言の日本語を話してくれます。
花火…23時〜30分程度。正面ではないですが、障害物もなく観れます。

特別な日のクルーズなので、当日周囲のセキュリティーは厳戒態勢でした。
通常、2時間半〜3時間コースのクルーズですが、7時15分に乗り込み、この日は結局5時間乗船。花火観賞後下船できたのは深夜0時過ぎでした。

道路は閉鎖されているので、タクシーなどは捕まえられません。最寄りの地下鉄駅まで徒歩のみ。駅も開いているところと封鎖されている駅があります。

全体の評価…在住9年目にして、初めて夜のクルーズに参加。このお値段で食事をして 雑踏の中スリに逢う心配もなく、ゆっくりと席に座って花火を観れるのはお得だと思いました。来年も是非乗りたいです!

おすすめコレクション

エッフェル塔のシャンパンフラッシュを見たら...!

エッフェル塔のシャンパンフラッシュを見たら...!

フランスのパリに行ったらぜひ見たかったのがキラキラ輝くイルミネーション。でも一人で行くし夜遅くなるのは治安も不安だし...と思ったら、イルミネーションを巡るツアーがあるというので参加してきたよ。凱旋門やルーブル美術館など、昼とは違った姿に光輝くところをバスでまわりながら見れ...
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
天から降ってきた宝石!美しいヴィース教会へ

天から降ってきた宝石!美しいヴィース教会へ

ドイツといえば有名なのがノイシュバンシュタイン城。大きくてその美しさは有名だけど、私が気になったのはヴィース教会。世界遺産らしいんだけど、ロココ調の華やかで美しい内部をSNSで見かけて「行ってみたい!」という思いがつのり、今回ようやく行ってこれたよ。外観は小さくて質素なんだ...
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
マルタ島に行ったらこの見どころはおさえたい!

マルタ島に行ったらこの見どころはおさえたい!

初めてのマルタに家族で行った時、マルタ島の見どころをおさえたいとツアーに参加したよ。まずは青の洞門!キラキラ輝くブルーの海に、自然のアーチ...そのバランスが美しかったなぁ。次に行ったタルシーン神殿は紀元前2500年ごろの巨石神殿で、歴史が好きな父は大喜び!歴史の深みを感じ...
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
ラスベガスで世界最大の観覧車に乗って夜景を楽しむ

ラスベガスで世界最大の観覧車に乗って夜景を楽しむ

アメリカのラスベガスにある、世界最大の観覧車が「ハイ・ローラー」。高さ170mで1周回るのに30分、1台のゴンドラに40人乗れるという、桁外れな大きさの観覧車なんだって。今回友達と一緒に乗ろうと決めていたんだけど、遠くの山並みが見える日中と夜景を一望できる夜とどちらもオスス...
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
人気のコレクション
クォッカへ会いにオーストラリア・ロットネスト島へ

1

クォッカへ会いにオーストラリア・ロットネスト島へ

結婚してオーストラリアに住む友達へ会いにパースへ。面白いところがあるよって連れて行ってくれたのがロットネスト島。島全体が自然保護に指定されていて手つかずの自然が残っているのだそう。二人で話しながら島を歩いているとひょこっとかわいい子が。この島にしかいない「クォッカ」!もうと...
イタリア わたしのオススメ!カプリ島&ヴェネツィア

2

イタリア わたしのオススメ!カプリ島&ヴェネツィア

今回は2月にハネムーンで行ったイタリアの紹介をさせていただきたいと思います。 14日間、南から北まで回りました。全部お話しするのは難しいので、その中で私が好きだったトップ2ヶ所を紹介します。 カプリ島 - 青の洞窟(Grotta Azzurra) ...
ニュージーランドらしい体験を1日で満喫しよう

3

ニュージーランドらしい体験を1日で満喫しよう

ニュージーランドのクイーンズタウンに行った時、何かニュージーランドらしいことを体験したいな...ということで、2つの体験ができるツアーに参加してきたよ。まずはワカティブ湖を優雅に渡る蒸気船クルーズ!雄大な自然の中で心地よい風を感じながら、のんびりできて気持ちよかった!もう一...
人気のコレクションをもっと見る