巨人がたてた?宇宙との交信?!嵐を呼ぶ!ストーンヘンジっていったい何が魅力?

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

写真だけ見れば、大きな石が積まれただけの場所。それがストーンヘンジです。


旅行大好きな私ですが、行くまではストーンヘンジに一切興味がもてませんでした(笑)。ロンドンに行ったら、お買い物したくありません?お花を見たくありません?インスタ映えスポットで写真とりたくありません?ロックンロールの聖堂、見に行きたくありません?バンクシーの絵、見に行きたくありません???でも、ローカルの友達が言うのです。絶対に見に行ったほうがいい!と。

正直思いました、なんでやねん!と。私には時間がないのよ、と(サラリーマントラベラーの宿命ですね…しくしく)。

それでも地元の人が言うなら…としぶしぶ向かったストーンヘンジとその神秘についてご紹介します!

 

ストーンヘンジの基本情報

まずは基本情報をおさらいしておきましょう!
ストーンヘンジとは、エーヴベリーの遺跡群と共に世界文化遺産に登録された環状(ヘンジ)列石(ストーン)のこと(1986年登録)。ロンドンから西200㎞ほど、イギリス・ウィルトシャー州ソールズベリーにあり車で片道2時間かかります。電車はありませんので車やバスで行くのがベスト。

世界的な神秘スポットとして七不思議にもあげられ、オバマ元大統領も人生で一度行ってみたいところにあげていた場所でした。どうしてもきてみたかった!と2014年NATO首脳会議の後になんとサプライズで訪れたことが有名。到着時には、なんてクールなんだ!と感動したそうです。

このストーンヘンジ、人類史上でももっとも古い遺跡の一つで、宇宙人が建てたのでは?!とか、巨人がいたんだ!など言われていたミステリースポットなのです。

 

何のために建てられた?

この巨大石の遺跡の成り立ちは紀元前2500年頃(その頃日本は縄文時代)で、何段階かに分けて建設されたと考えられています。近隣には他にも遺跡があったようですが、ほとんどは朽ちてしまいました。天変地異に負けずに残ったのがこのストーンヘンジ。でも、最初は鹿の角で掘られたサークル状の溝だけ、でした。その後、石が置かれたのは、神々を称える場、祭事を行う場として(治療や葬式、祈りなど)、太陽を使った時計・カレンダーとしてなど、起こりには諸説があります。実際、夏至の朝、ストーンヘンジの中心にある石を結ぶと、その直線上に太陽が昇ることから、当時にも天文学の知識があったのでは?!と言われています。


どんな形でどうやって置かれているの?

サークル状になっていることはよく知られていますが、実は何重も石が配置されていたことをご存じの方は少ないのでは?かつては半径約110メートルの円のなかに、30もの巨大石がサークル状に並べられていたようです。

立っている石とその上に載っている石は凸部分と溝で固定されていることがわかっています。さらにさらに、上に載っている石同士も、見えないところで凹凸のジョイントによってつながれています!当時の人類が表面を滑らかにし、穴を削って、おそらくてこの原理で持ち上げて組み立てました。「溝に凸部分を合わせて固定する」というのは、同時代の他の遺跡では見られない技術なのです。5000年前のテクノロジーと考えるとすごくないですか?!この、内側だけ凹凸を作り素材をつなぐ技術は、基本原理が日本における神社の組木(送り蟻や腰掛け栓継ぎと呼ばれる工法)と同じで強度はばっちりなんです。興味深いですね~。

左側の天面の石3枚は、内側の凹凸によってつながれています

 

石の種類は2種類!250㎞の距離を運ばれた?!

一つは、「サルセン石」という、ソールズベリー平野とウィルトシャーのマールボロの丘に多く見られる砂岩のブロック。そしてもう一つは「ブルーストーン」です。考古学者によれば、サルセン石は30㎞ほど遠くから、小さいほうのブルーストーンはなんと250kmも離れたウェールズから運ばれてきたそう!約80個あったブルーストーンのうち、現存するのは43個。サルセン石は高さ4m、幅2mほどで、重いもので約25トンにもなるそうですよ。運搬方法がわからないために、昔は巨人がいたのだと信じられていました。いまでは、木の上に載せて転がしたり、水路を使ったのでは?と推測されています。当時、相当な技術力があったことがわかりますね。でも、今地図を見ても近くには川はない・・・謎が謎を呼ぶ・・・それがストーンヘンジ。

 

謎の56のくぼみ?!

ストーンヘンジにある謎の円状の56のくぼみは、オーブリーホールズと呼ばれています(1666年にジョン・オーブリーという人が見つけたことから名づけられました)。窪みは、もっと多くの柱や石が置かれていたことの証拠、だと考えられています。現地では、入場者限定のインナーサークルに入れば説明がうけられますよ~(有料、でもあんまりわかりません)。ちなみに、日本では知られていませんが、窪みや石の配置から実は二つ入り口があったと言われています。北西に大きな入り口、そして南側に小さい入り口。神事を行う際には方向はやっぱり大事だったのでしょうか??


ずばり!何が魅力?

古代遺跡としておそらく世界でもかなり有名なストーンヘンジ。ズバリ、わからないことだらけなところが魅力!と私は思っています。これだけの技術をもっておきながら、この巨石文明はどこかで途切れてしまいました。欧米の信仰といえばキリスト教やイスラム教など、神は唯一の存在と考えるものが多いですが、ストーンヘンジからは、太陽への崇拝など、万物の神を祀る神道にも近いものを感じます。しかもこの遺跡は、500年もかけて建築されました。何をおもってそんなもん建てることにしたん?!と思いませんか。
また、未解明な部分は、少しずつ研究が進んでおり、最新機器を使って地下をスキャンしたりしているそうです。これから科学の力を使って5000年前の姿が解明されていくなんてなんとなくわくわくしますよね?! 

構造に太陽との関わりが見られるということから、私の一番のおすすめは、朝日や夕景が見られるタイミング!時間がなかったので見られていませんが、次回は絶対に朝日を見て神秘的な雰囲気をこの目で見てみたいと思っています。

 

いきなり嵐が舞い降りる?!ストーンヘンジ一帯

未解明な部分が多いストーンヘンジですが、遺跡だけではなく、この一帯の天候も不思議に一役買っていると思います。イギリスは不安定な天候で有名ですが、私が行ったときにはバスガイドさんが「ストーンヘンジって天候が変わりやすいので有名なのよ~うふふ~」と笑っていたのです。めっちゃくちゃ晴れてるけどなあ、と思っていたら、本当に30分ほど後、小雨が降り出し、あっというまに豪雨になりました(「典型的なストーンヘンジの天気ね~うふふ~」byガイドさん)。ストーンヘンジに着いた頃にはすでに暴風雨!!髪の毛は貞子状態、足元はぐちゃぐちゃでしたが、チケットカウンター脇のショップで使い捨てレインコートが2ポンドで売っていました(もちろん買いました)。そのくらい、いきなり大雨になるのでしょうねえ。。

ストーンヘンジまで少しずつ歩いている間、遠くに見えた「曇り空とストーンヘンジ」があまりにドラマで見たまま※で思わず笑ってしまいました。いっそ雷鳴らないかしらと思ったほどです。よって私の中では、嵐といえばストーンヘンジ!ストーンヘンジと言えば嵐!のイメージです。皆様、レインブーツのご用意はお忘れなく・・・。

※大人なドラマ「アウトランダー」のモデルと言われています

 

とおーくに見据えるストーンヘンジ…雷が落ちていたら完全にドラマの一コマ!不穏な空気に巨人が出てきそう!!!ズズズズズ…(効果音)

 

びっしょびしょのストーンヘンジ説明ボード…スニーカーが真っ黒に(写真を撮るべきでした)。

ちなみに、私がストーンヘンジに着いた瞬間に思ったこと、想像つきますか??もちろん、5000年も前からここにあるのかあ~という感動もあったのですが、一目見て思ったのは

(・・・この国って、本当に台風も地震も来んのやね。。こんな状態で5000年も残ってるなんて。日本やったら天災で吹き飛んでいるのでは?!)

THE★日本人。

これ、現地で解説書を読んで、あっ溝で固定されているのか~謎が解けた!(と名探偵コナンばりの気持ちになった※)のですが、これも現地に行かないと感じなかったこと。自分でもこんなまぬけなことを考えるとは想像もしなかったです(笑)。きっとみなさんも行ってみないとわからないこと、感じえなかったこと、たくさんあるはず!

※アーサー・コナン・ドイル(シャーロック・ホームズの著者)じゃないところが?


イギリスに行くときにはぜひ立ち寄って悠久の時を感じてみてください!何度も言いますが、おすすめは朝日や夕日ですよ!!!これと似たような風景を5000年前も見ていたのですから!

アクティビティ情報はこちら
ストーンヘンジ | イギリス 旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)
世界七不思議の1つで、世界遺産にも登録されているストーンヘンジ。誰が、何のために、どうやって建てたのか…未だ多くの謎に包まれる世界屈指のパワースポットです。 アクセスが不便な場所にあるので、個人観光よりロンドンからのオプショナルツアーに参加して効率良く観光しましょう。VELTRAなら半日の格安ツアーはもちろん、バー…
www.veltra.comで見る

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


バース→ストーンヘンジの旅

2大世界遺産ストーンヘンジ&バース 日帰り観光ツアー<日本語オーディオガイド/ロンドン発>by Premium Tours
★★★★★
投稿者:Hitomi♪
参加日:2019/12/22
集合場所のヴィクトリアコーチステーション18ー20ゲートは、さまざまなツアーの方でごった返していましたが、掲示板とアナウンスで確認できました。
この日はバースへ先に行き、ストーンヘンジは夕方に訪れるという行程でした。
幸いお天気に恵まれて、どちらも自由時間を堪能することができました。
バースの博物館は想像以上に充実しており、2時間じっくりと見てまわりました。日本語オーディオガイドも詳しくて勉強になりました。3.5時間とたっぷり自由時間があったので、集合場所近くにあるヴィクトリア・アートギャラリーへ立ち寄りました。無料の小規模美術館で雰囲気がよく、トイレや休憩所もあって便利でした。

ストーンヘンジは夕暮れの幻想的な雰囲気の中で古代に想いを馳せられました。周囲にいる羊さんたちも可愛くて和みます。
ガイドのLEONさんは陽気で楽しい方で、二階席にも時々顔を出しながら盛り上げてくれました。

帰りはヴィクトリアコーチの鉄道駅周辺で19時解散。とても充実した一日でした\( 'ω' )/

ストーンヘンジ、バース

<2~3月限定割引あり>2大世界遺産ストーンヘンジ&バース 日帰り観光ツアー<日本語オーディオガイド/ロンドン発>by Premium Tours
★★★★☆
投稿者:たびんちゅ
参加日:2019/06/05
自力で行くには難しかったので利用しました。
ストーンヘンジでは日本語オーディオガイドがあると書いてあったけど、操作がわからず…結局英語でした…スマホの翻訳機などで説明を訳せたらオーディオガイドがなくてもいいと思いました。
ストーンヘンジは見て圧巻で行けてよかったです。
ローマ浴場のあるバースの街では自由時間もゆったりあったので、色々歩けて買い物もできました。街をふらつかなければ、レストランやカフェで食事ができそうでした。事前にお店をピックアップしておくといいと思います。
ローマ浴場も見応えがありました。こちらでのオーディオガイドはちゃんと日本語で聞けました。
移動は長めですがゆったりしていて快適でした。
ガイドさんは英語でしたが、集合時間などはわかりやすかったです。
始終話していましたが、英語だったのであまり聞き取れませんでした。

ストーンヘンジはすごかった(゚∀゚)

2大世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー<日本語または英語ガイド>by Evan Evans *前日18時まで予約OK
★★★★☆
投稿者:aiai
参加日:2020/02/27
2月の終わりごろはまだ寒くウィンザー城では雪もチラホラしてました。衛兵交代式も見ることが出来て良かったのですが、もう少し時間が欲しかったです。ストーンヘンジでは、天気も良くてパワーをメチャクチャ感じました(゚∀゚)ただ何もないところなので風が強いです!行って体感してくださいね♪バースは古代ローマを思わせる感じでステキでした。1日で3つも観光出来て良かったです(*^▽^*)ありがとうございました♡
パワースポットハンパない(゚∀゚)

ストーンヘンジに興奮!

2大世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー<日本語または英語ガイド>by Evan Evans
★★★★★
投稿者:kumiko
参加日:2019/12/05
ミステリーものが大好きな私。
ストーンヘンジとバースは、いつか行ってみようと計画していました。ロンドンからはかなりの距離なので、覚悟はしていました。出発前にサンドイッチと飲み物を用意して、いざ出発!(ステーション内に、カフェや軽食あり)
最初は、ウィンザー城。3、40分ぐらいかな?入場待ち。開城してすぐセキュリティーチェックに入ります。
充分な時間があったので、ゆっくり見ることが出来ました。音声ガイドもあるので、ありがたいです。
お次は、ストーンヘンジ。草原のど真ん中に、ドーンと大きな石が並んでいるのです。
やっぱりミステリアス。とにかく、なんで?ということしか頭に浮かびません。
最後はバース。凄いの一言。イメージしていた温泉浴場とは、桁外れの規模です。
バースの街並みも蜂蜜色で美しく、暫く滞在してみたい衝動に駆られました。
各州からのアメリカ人、南米、中国、南アジア、そして日本と、ほぼ満員のツァー。
バイリンガルのケビンさん、賑やかで楽しい1日を、ありがとうございました!
注意
必ずシートベルトは締めてください。
乱暴な運転をする人を、何度か見かけました。
無理に割り込みをして、ミラーを傷つけてすり抜けたトラックに遭遇しました。
イギリスって、そんな国やったん?!
ウィンザー城
バースのクリスマスマーケット
ストーンヘンジ

嵐まえのストーンヘンジ

2大世界遺産ストーンヘンジ&バースとレイコック村 日帰り観光ツアー<日本語アシスタント/入場料込/ロンドン発>by [みゅう]
★★★★☆
投稿者:神戸のふたり
参加日:2019/11/09
着いた時から、曇り空で不安な天気でした。
でも、段々とストーンヘンジが見えてきて、思っていたより、大きくて神秘な感じでした。
周りをひと回りしているうちに、雨が降ってきて、風も強くなってきました。
駐車場までのバスに慌てて乗り、一安心。
晴天では ありませんでしたが、こんな天気もまた、不思議感じで 良かったです。
嵐の前

ストーンヘンジとコッツォルズ(11月中旬)

選べる観光スポット!コッツウォルズ・ストーンヘンジ・バース・グラストンベリー・ウィンザー城<貸切/日本語ドライバー/ロンドン発>by フジサントラベル
★★★★★
投稿者:くりぼー
参加日:2019/11/18
行き先を当日ドライバーと相談してから出発できる自由度の高い個人ツアー。ネットの情報だけだといまいちピンと来ないので、集合時にざっくりとした希望を伝えたりオススメの場所・ルートに関するアドバイスを聞くなどしてその日の予定を固めました。
ロンドン市内を8:30過ぎに出発し、まずはストーンヘンジへ。平日ということもあってか渋滞はなくスムーズに移動できました。午前のストーンヘンジはそれほど人も多くなくストレスなくいろんな角度から眺めることができました。
その後はコッツォルズへ移動し街並みを散策したりハリポタの舞台になった場所を訪問したり。
遅めのランチはドライバーオススメのマナーハウスで取りました。移動の合間にマナーハウスに連絡して席を確保していただき、料理はロンドン滞在中でトップクラスに美味しかったです。日本人の舌に馴染む味だと思います。
11月は日照時間が短く15時ともなれば日がだいぶ傾いてきますが、ロンドン市内への帰路でバイブリーに立ち寄って素敵な街並みを散策した後、バーフォードにあるハフキンスにも立ち寄ってお土産を購入しました。バーフォードに着いたのは17時前で日は暮れていてお店によっては閉店間近だったりしましたが、ハフキンスの店主はドライバーとも仲良しで快く応対してくれました。
市内に戻れる時間が読めなかったのでツアー前は夕食の予定は決めていませんでしたが、午後までの様子を見ながら19時台には戻れそうとのことで、ドライバーオススメのステーキハウスを20時で予約してもらいました。
帰りはホテル送迎もできますが、夕食前にフォートナム&メイソンで買い物をして帰りたかったこともあり、ピカデリーサーカス近くの本店まで送ってもらってそこで解散しました。ステーキハウスもそこから徒歩圏内だったので、最初から最後まで要望を叶えてもらえる素敵な旅でした。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page