世界遺産コトルの街の絶景を満喫!@モンテネグロ

世界遺産コトルの街の絶景を満喫!@モンテネグロ

中世の古い町並みが残るモンテネグロの古都・コトル。歩いているだけでキレイだけど、ここに来たなら城壁へ登ってみたい。門をくぐってしばらくすると教会が。ここからの景色も十分美しいけど、さらに登ると廃墟となった城跡に到着。頂上からは赤茶色の屋根に石造りの建物が並ぶ美しい街並み、コトル湾、そして対岸の山や町まで見えてインスタ映えもバッチリ!

  • 写真はペラスト

美しいモンテネグロ

投稿者:yyy
参加日:2016-07-22
モンテネグロはその名前(黒い山)通り、山々に囲まれた
自然豊かな美しいところでした。産業が発達していないからこそ
らしいので、現地の人は複雑かもしれませんが、旅行者としては
美しいまま残してほしいです。

朝7:40にピックアップ、ドブロブニクからペラストを経て到着。
コトルはベネツィア共和国の統治下にあったとのことで
ドブロブニクやボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルとは
また違った雰囲気でした。

コトルはいまも1000人ほどが暮らす生きた街らしく、
活気がありどこを撮ってもいい雰囲気の写真になりました。
山の上まで続く城壁はふつうに歩いて往復3時間、真昼間の
炎天下だったので断念しましたが、もし2回目行くことがあれば
チャレンジしたいです。
  • 山の上から見たコトルの旧市街
  • プドヴァの中央広場にある教会
  • スヴェティ・ステファン

クロアチアから隣国モンテネグロへ、印象深い1日

投稿者:音楽好きの一人旅
参加日:2017-05-07
ドブロヴニク発のプライベートツアーに参加してみました。プライベートということで、時間がとてもフレキシブル、目的地でもゆったりできました。クロアチアとの国境ではパスポートコントロールがあるので、少々時間がかかります。大集団の運転手さんがプライベートツアーの我々を先に行かせてくれてありがたかったです。少人数の恩恵を被ることができました。
 滞在したのは2箇所、モンテネグロのコトルとプドヴァです。スヴェティ・ステファンは、途中通りががりにちょっと様子をみるという感じ。コトルは海沿いに作られた旧市街でドブロヴニクと雰囲気が似ていました。コトルの城壁は山頂へと続いています。ガイドさんのお勧めで途中の小さな教会まで登ってみましたが、やはり上から眺める旧市街はとても綺麗で、登って良かったです。その後プドヴァで昼食と小観光、こちらの街も雰囲気がありました。
 自力でモンテネグロまでに行くのは難しいと思いましたので、このツアーに参加しましたがとても良い思い出になりました。
  • ブドヴァはリゾート感あります。
  • ブドヴァの旧市街。サクッと回れます。
  • コトルは周囲の山々も城壁で囲まれています。歩いてみたかった。
  • コルト市街の目の前には、豪華客船が停まってました。
  • ペラストの教会へボートでゴー

モンテネグロをサクッと観光

投稿者:Tourbillon
参加日:2017-09-17
ピレ門は複数のツアーの集合場所になっているようで、モンテネグロ行きも別ツアーのバスが来ていました。
バウチャーを渡せば、バスまで案内してくれますが、バウチャーの回収もなかったので、ベルトラのアプリでも大丈夫かも知れません。
ちなみに、スケジュールとは違い、ペラストは最後に行きました。
また、スヴェティ・ステファンには行かず、ブドヴァ→コトル→ペラストの順でした。
(後で分かりましたが、バスが止めらずスヴェティ・ステファンには行けませんでした。)
途中のトイレ休憩は無いので、街間の移動時間もそれほど長くは無いのですが、自由時間にチャンスがあれば、行っておいた方が良いかもです。
帰りの国境越えで、ガイドに言ってトイレに行かれている方はいました。

ブドヴァは小さい街ですが、リゾート感あります。
昼食時間込みで、自由時間が2時間くらいでしたが、十分にみて回れました。
コトルは、ガイドの方が街を説明して回って頂きましたが、途中から自由に抜けて大丈夫です。
城壁に登ってみたかったですが、流石に時間が足りないですね。
もっとゆっくり回ってみたくなる街でした。
豪華客船が泊まっている港がすぐ近くです。
ペラストでは教会行きへの船着場まで案内してくれるので、ほぼ全員が乗って行きました。
ただ、教会行って滞在時間的には終わりなので、ペラストでは教会のみになります。
教会入り口では入場を人数制限しているようで、止められても待ってから、入りましょう。
大人数ツアーが入ってしまうと、後回しにされそうな感じでした。

スヴェティ・ステファンへ行かなかったのは残念です。
ただ、旅程になかった湖をフェリーで渡ったのは、面白かったです。
モンテネグロ国境越えでは、パスポートにスタンプも無いようですが、わざわざバスの中にまで係員の方がチェックに入ります。
ボスニアやスロベニアにも行きましたが、中まで確認しに来たのはモンテネグロだけでした。

総じて雰囲気はクロアチアと似て、まったりとしていました。
基本、集合はバスで降りた所になるはずなので、集合時間に間に合うように戻れば大丈夫かと。
人数も多く、大型バスで行くので、集合時間に遅れるとちょっと感じ悪いかもです。
ドブロブニクも数時間で見て回れますので、フリーな日があれば是非のご参加がオススメです。
  • ドゥブロブニクからちょっと南に行った当たりの展望スポット。木が邪魔な・・・
  • スヴェティ・ステファン。車から降りて撮りたかった!
  • ブドヴァは素朴でかわいらしい街でした
  • コトルの山の中腹から。もっと上にも行けます。
  • ぺラスト。ここから右の教会に渡りました。

気軽にモンテネグロを楽しめる

投稿者:nao
参加日:2017-06-25
一人で参加しました。英語ツアーでしたが日本人の参加者が多かったです。出発後すぐにドゥブロブニクの見えるスポットで停まってくれましたが、木がちょっと邪魔でした。その後モンテネグロに入国。バスでフェリーに乗って、スヴェティ・ステファンの方へ。楽しみにしていたんですが、車窓からだけだったので残念でした。せめて停まってほしかったなと思います。その後ブドヴァに戻り、ランチ時間も含めて長めの自由時間。ブドヴァ旧市街は小さいですがとてもかわいかったです。コトルに移動し、英語の町のガイドさんが合流。私を含め、ガイドツアーに参加せず自由行動している人も多かったです。山の上の教会のほうが絶景ポイントですが、私は暑さでそこまでたどり着けませんでした・・・。最後にぺラストに寄り、ボートで教会に渡りました。行くまでモンテネグロに対してあまり知識がなかったんですが、想像していた以上にきれいでいい意味で驚きました。また、通貨はユーロです。行く機会がなかなかなさそうなので参加したツアーでしたが、期待以上に楽しめました。
  • 【ペラスト】ターコイズブルーが印象的な修道院
  • 【コトル】城壁は確か€3で登れました。時間がなくだいぶ手前の方で引き返しましたが、街並みを一望できるのでオススメです。
  • 【ブドブァ】シーフードランチ

初めてのモンテネグロを大満喫しました!

投稿者:まいまい
参加日:2017-09-05
ドゥブロヴニク滞在中の前日に予約をしましたが、無事に参加させて頂くことが出来ました。
順路は予定表と違いましたが、ブドブァでシーフードランチ、コトルの旧市街散策、最後のペラストではボートに乗り、湾に浮かぶ小さな島に上陸をしました。
どこの景色や街並みもとても素晴らしく、良い思い出になったので参加して良かったです!
モンテネグロはクロアチアよりも物価が安く、アイスクリームも€1で食べれました。
お土産も可愛いものがたくさん売っていました。
国境越えも30分ぐらいで大幅に遅れることもなく、「今日はツイてる!」とガイドさんはおっしゃっていました。
日によって数時間かかることもあるそうです。
行きは各ホテルピックアップ、帰りはホテルかピレ門をそれぞれに確認して下さり、思ったより時間ができたのでピレ門で降り、ディナーの時間も十分に取ることが出来ました。

ちなみにドライバーやガイドさんは良かったのですが、一人で参加していた日本人の女性が必ず集合時間に遅れ、参加者やスタッフに迷惑を掛けていたので、それがとても残念でした。
  • コトル湾を観ながらランチ

モンテネグロを満喫できました

投稿者:ころこ
参加日:2015-10-08
ちょっと日本語アシスタント付ですと高いな~と思ったのですが、やはり歴史等の難しい話になると英語では理解できなかったかもしれないので、正解でした。9年日本語を勉強しているクロアチア人の女性で、とても丁寧にそして本当に日本好きみたいで、いろいろお喋りしました。
コトルの旧市街の城壁を展望台まで昇ったのですが、(せめて聖母教会まで昇りたかったのですが、あまりな急な石段で断念)そこから見える景色はお天気が雨あがりのせいか、霧があり、ちょっと幻想的でした。お天気が晴れたらまた違ったコトルの印象になったかもしれません。
コトルの旧市街の外に、市場があり、そこで生ハムを食べたら、とても美味しくて、真空になって売っていたので、購入しました。この生ハムは本当おすすめです。
  • ペラストの教会小島から眺めるもうひとつの小島
  • 日陰はぼぼ無し。直射日光がじりじりと照りつけます。
  • 中腹から眺めたコトルの街。美しい。。

〜充実のモンテネグロ日帰り〜の巻

投稿者:aun
参加日:2016-08-05
7:50ヒルトン前に集合、
まずワゴンでドブロブニク全体が見渡せる眺望の良い場所まで移動、
そこで大きなツアーバスに乗り換えます。
ガイドさんは英語の方、ドイツ語の方1名づつ。親切な方々です。
途中国境を超えるのでパスポートを提出します。


■第一チェックポイント 〜ペラスト〜
まず初めに着いたのはペラストという街。
海岸線では欧米の方が海水浴を楽しんでいます。
小島と教会のある小島がぽっかりと浮かんだ素敵な風景で、
そこまでボートで移動。ガイドに教会を見る時間、
写真を撮る時間と滞在時間はたっぷりでした。


■第二チェックポイント 〜コトル〜
そこからコトルに移動。街に着いて直ぐ、
コトルの男性ガイドさんが私たちをガイドし始めてくれたのですが、
待ち合わせ場所と待ち合わせ時間を聞いたため、
城壁の頂上まで自由時間内に行きたかった私たちは皆さんから抜けて、
すぐ散策に入りました。

時刻はお昼過ぎ、アイス片手にかるく街中散策後、
ガイドブックにただひとつ載っていたレストランで食事。
伝統的なレストランかもしれませんが個人的には可もなく不可もなく。
途中いくつかあった、
テラス席のあるレストランに入れば良かったかな?とちょっと後悔。
そこから城壁頂上を目指します。

8月の炎天下の中、水分を補給しながらしっかり足をふみしめて登ります。
脚力に自信はありましたが、だんだんと足は棒のよう。
日陰はほぼなく、常に直射日光が照りつけます。
途中展望の良い場所がいくつかあり、そこで写真とひと休み。
しかし登れど登れど頂上は遥か先。。。


途中の教会を過ぎ、おそらく中腹まで登った所で所要時間40分。
遥か彼方に小さくモンテネグロの国旗がはためいています。

頂上まで登ったとして戻って来る時間を考えると、
集合時間に遅れるかもしれない。
少なくともここからは駆け足で行かねば絶対に間に合わない。
泣く泣く中腹から引き返しました。もっと登りたかった。。。
ただ中腹までの間で展望場所が4ヶ所くらいあり、
そこでも充分素晴らしい眺望が眺められます。

ふもとまで引き返し、フレッシュジュース片手にまた街中散策、
街中の猫も日陰で昼寝をしています。
教会を見たりなどして集合時間。
帰りは途中車ごと5分ほどフェリーに乗ってショートカット、
19:00頃それぞれ宿泊のホテルで降車。


コトル城壁頂上まで行けなかったのは残念でしたが、
個人ではなかなか行きにくい場所を手軽に回れる、
大変充実した良いツアーでした。
いつかまたコトルへ来れたときは必ず頂上へ。。

コトルが一番

投稿者:occhan
参加日:2017-08-18
1人でドブロヴニクから利用しました。車はBenz Sクラス、イケメンドライバーがホテルまで定刻ピッタリに迎えに来てくれました。 これから約12時間車・ドライバーと現地ガイドをを貸し切るのですから値段は高いです。しかし自由度が高く、ガイドはコトルの観光にこちらの希望に沿って自由時間を40分ほど追加してくれたので城壁途中の教会まで登ることができました。ここからの眺めはこのツアーのベストです。時間がなければ街中を見るよりお勧めかも、階段はつらいが教会までの往復で30分あれば戻れます。欠点:パスポートは必需品でクロアチア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロと国境を合計4回通過するので混雑していると大変です、最高1か所で110分待ちました。
  • 教会からの景色では格別です!

とても素敵なメルヘンの世界

投稿者:ゆきんこ
参加日:2017-10-05
ガイドのアンはとっても素敵な女性でいつも笑顔で分かりやすく、説明してくれました。
20人弱ぐらいの少人数でのツアーでしたので、お互い話をしたり、和気あいあいで和やかな雰囲気の中、ツアーに参加できました。ブドヴァではランチを頂き、ガイドさんのオススメのムール貝は抜群で、美味しく頂けました。ただ時間が限られていてブドヴァの町の中を見る時間がなかったが残念でしたが、外からの建物の様子は見ることができました。
コトルでは教会まで行く道のりは少しきつめの階段でしたが、教会からの景色はとてもきれいで登って良かったと思いました。コトルでも時間が限られていて、教会まで行く往復で時間を取られてしまうので、町中はゆっくり過ごせなかったのでまた個人的に行けたらな~と思いました。
可愛らしいお店もたくさんあったので、あと30分ぐらいフリーの時間があると嬉しかったです。町の雰囲気はメルヘンの世界に出てきそうな可愛らしい町でした。迷いそうでしたが楽しく散策することができました。
ペラストの修道院はみんなでボートに乗り、静かなところにひっそりとありました。雰囲気があり、景色もきれいでゆったりと過ごせました。
全体的にはとても満足です。プドヴァとコトルでの滞在時間がもう少しあれば尚、良かったと思います。また是非、クロアチアに訪れたいと思います。

海がとても美しいです

投稿者:イカ墨リゾット
私は朝7時にピックアップでしたが、大型バスが入れないアパートメントからも乗用車などでピックアップしてくるので、ようやく全員そろって出発したのは8時30分ごろでした。
海岸沿いを走りますが、進行方向向かって右側に座ると海の景色を堪能できます。
ガイドさんは明るく、車内でクロアチアやモンテネグロのことを説明してくれます。
コトルではモンテネグロ人のガイドさんが案内してくれました。
見るべきものがそんなにあるわけではないので、ゆったり街並みや景色を楽しむとよいと思います。

途中モンテネグロ入国でパスポートコントロールがあります。ユーロ圏外の日本人はパスポート提示を求められますので、必ず携帯してください。シリア人難民のこともあり、国境はやや神経質です。
モンテネグロの通貨はユーロです。コトルに両替所はなさそうです。公衆トイレや城壁にのぼったり、市場で買い物するならユーロの現金が必要ですので、ドブロヴニクにいるうちにユーロの小銭を準備していたほうがよいでしょう。レストランはクレジットカードが使えるところが多いです。
願い事をランタンに!ノスタルジックな台湾十分へ

願い事をランタンに!ノスタルジックな台湾十分へ

母と9月に行った台湾。ローカル列車に揺られてたどり着いた十分の町でランタンをあげることに。夜空に浮かぶランタンは幻想的でインスタ映えもばっちり!半分冗談で書いた願い事、実は結構本気だったりして…年に一度のランタン祭の時は、もっとたくさんのランタンが見られるんだ...
一度はかなえたい夢!キューバでクラシックカーに乗りたい

一度はかなえたい夢!キューバでクラシックカーに乗りたい

街にカラフルでキュートなクラシックカーがあふれる光景はまさにキューバのイメージそのもの!なにしろキューバ危機以来、新車の納入がなかったキューバには、当時の1950年代の車が現役で走っているらしい。「キューバでクラシックカーに乗りたい!」と考える人が多いのも納得。そんな夢をか...
ラスベガスで体験したい!コンサート編

ラスベガスで体験したい!コンサート編

アメリカに住むお姉ちゃんとラスベガスへショートトリップ!カジノもしたいし、グランドキャニオンも行きたい。でも今回のお姉ちゃんのおすすめはライブだって。ラスベガスでは有名アーティストが結構ライブするんだよって言うから調べてみたら、セリーヌ・ディオンやジェニファー・ロペスのライ...