• facebook page
  • twitter page
  • line page

最近行った海外は、・・・5年前。
各地のいい写真を目にしては、旅に行きたいなぁと思う回数は社内でもトップクラス。
世界中のツアー・アクティビティを取り扱うベルトラで、僕は旅経験の少ないマイノリティだろう。

つい数週間前、久しぶりの海外に行ってきた。
成田を飛び立ち約4時間半。フィリピン・セブ島。

縮こまっていた体を伸ばして、飛行機を出るとあったかい空気が気持ちを高めてくれる。

フィリピンもセブ島も初めて訪れた場所。
車の間を行き交う車、バイク、自転車、そして人。さらに犬。
その間隔の近さに、スリルとアジアを感じていた。
ほんと近い。あと、犬多い。

渋滞で止まっていると、車と車の間をスルスルと水を担いだ人たちが歩き回る。
ここでは車に乗っている時でも水が買える。車の間で。その距離感。

自分で運転するにはなかなかのハードルだけど
安心できるドライバーさんに運んでもらう分には、そこまで詰めれるのかーとか勝手に尺度をあてがって楽しんだ。大人4人乗りの原付を目で追っかけたり。

その距離で見れるのね。

セブといえば海。
島だし。

ほどよい気温に綺麗な海。
入らないわけにはいかない。



シャングリ・ラ ホテルのビーチ付近でシュノーケリングをしてみた。
興奮して写真撮るの忘れるくらい、魚が多く、そして近い。
潮に身を任せて浮いていると、目の前にニモ。
そりゃ捕まるわっていう距離感。

小さい魚も膝下くらいの大きさの魚も群をなして自分の周りを泳ぐ。
虹色に光る魚に出会って、ワクワクしながら追っかけたり。
真っ青なヒトデが動くのをぼーっと眺めたり。
30分くらいの短い時間だったけど、カラフルな海と至近距離の魚に刺激をもらった。

ほぼ100%でできるのね。

セブには、ほぼ100%の確率でジンベエザメと泳げる世界でも数少ないスポット、オスロブがある。



早朝のオスロブは歓迎するかのような朝日が迎えてくれた。
ほっそいボートに乗り込んで、たどり着いたのは浜からそれほど離れていないポイント。
ほっそいボートがひしめいて、集団シュノーケルの始まり。

飛び込んでみると、集団なのはジンベエザメの方も。
触れないように泳ぐのが難しいくらい、足の下や体の横をすり抜けていく。
思った以上に近い。近いよジンベエ。



水族館でも見れて数頭のビッグフィッシュに囲まれる体験。
これだけでもここにくる価値はある、そんな風に思えた。
共生という言葉がふと頭によぎった。

マクタンとこのラプラプ

マクタン島というマクタン・セブ国際空港のある島。
ここにはマゼランの襲来に応戦したラプラプ王が奉られ、
通りのいたるところに、ラプラプなカラーリングの壁やラプラプ王の顔をモチーフにしたオブジェが配されている。


16世紀のマクタン島の戦いでマゼランに勝利したラプラプ王は国民的英雄。
そうWikipediaに書いてあったけど、こんなにも溶け込むようにその存在を感じるとは。
歴史がすぐそこにある。近いよラプラプ。

イスラムからキリスト教に改宗をすすめたマゼランもセブ島ではマゼラン・クロスという史跡で崇められている。サントニーニョ教会のすぐそばにあるマゼラン・クロス。

名前の響きが勝手に気に入って、ラプラプカラーの壁も年月が経っても古びないポップさを宿っているように感じた。
 

熱気あふれるナイトマーケット

月末に訪れたナイトマーケット。月末はセブ島の給料日でまさにあふれんばかりの人。
日本の半額で飲めるビールを片手に、首までついてる丸焼き系の鶏肉やだいたい茶色い系の上手い物を食べた。
屋台が囲むような作りになっているナイトマーケットの中央部はフードコートの食事席のような感じで、たくさんの机と椅子が並んでいる。



僕らと負けず劣らず楽しそうにしている隣のグループが気軽に話しかけてくれ、一緒に飲み食いすることに。

聞けば、その日に出会ったというダイバーシティ高めな4人組。
男も女も年齢も気にしない人種も肌の色もバラバラのコミュニケーションはなんとも気持ちを開放的にしてくれて、お酒以上に楽しい時間を届けてくれた。話す勇気も大事だけど、相手に話させるような空気作りか。初対面なのに近いよ距離感。
旅先での出会い。一期一会の感覚。勉強になる。

他にも巡った場所や体験はあったけど、
振り返って特に思い出深いトピックをあげてみた。
 



実はこの旅は、出張。
ベルトラは2020年1月2日の深夜24:40(3日の0:40ですね)にテレビ東京で「TRAVEL AGAIN ~私がもう一度行きたくなった旅~」という番組を放送します。
旬な俳優 押田岳さんに出演いただき、セブ島の、そして旅先でのアクティビティの魅力を伝えるベルトラ初めてのテレビ番組。

新しい年の旅行プランにきっと役立つと思います。ぜひご覧ください。

アドベントカレンダー23日目、yariでした。

 

emo/veltra 2019 Advent Calendar


  • facebook page
  • twitter page
  • line page