バリ島から船で行けるペニダ島の絶景!

バリ島から船で行けるペニダ島の絶景!

今回は、フォトジェニックな場所を探してバリ島観光へ。離島に行きたくて調べたら、ペニダ島が絶景だっていう評判だったから早速行ってみたの。ケリンキンビーチは不思議な形の絶壁と青い海のコントラストがすごい綺麗!ブロークンベイは浸食されてできたトンネルがあって、自然の力を感じた。透明度の高い海はエメラルドグリーンのグラデーションになってて、まさに絶景!天気も良かったから、ポストカードみたいな写真がたくさん撮れて大満足!日本じゃ見られない自然の美しさに感動の1日になったよ。

レンボンガン島を満喫!

投稿者:yusuke
参加日:2019/05/31
続きを読む.. 閉じる
前回のバリ旅行では、レンボンガン島はビーチ遊びしかしませんでした。バリであまりダイビングやシュノーケルのイメージがなかったのですが、今回参加してみて大満足でした。
マングローブの森を抜け、3ヶ所でのシュノーケル。透明度抜群で、たくさんの魚達に出会うことができました。残念ながら海ガメには出会えませんでしたが、これはまた次回のお楽しみです。
島内観光のデビルズティアーズでは、いつもはなかなか見られない場所まで案内して貰えて感動でした。
シュノーケル後には島内のワルンで簡易的ではありますが、シャワーも浴びれるし更衣室もあります。貴重品ロッカーもあり、安心して遊べました。
昼食のミーゴレンもおいしくいただきました。
ステキな非日常を味わわせていただいたガイドさんに感謝です。次回もぜひ利用したいと思いました。
  • 島の寺院です。とても大きな木に、沢山実がなっていました。
  • のんびりとした時間。ずっとここにいたいなと思ってしまうほど

人生最高の一日。

投稿者:きみちゃん
参加日:2019/07/22
続きを読む.. 閉じる
皆さまに全力でおすすめします。
友人と二人で7月22日に参加しました。
朝、ホテルにお迎えに来て頂いて、スムーズに船乗り場へ、そこで日本語堪能なガイドさん(お名前をド忘れしてしまいました!ごめんなさい。50代の男性です)が親切に案内してくださいました。
マングローブの川を抜けて、シュノーケルスポットまで向かいます。
私たちが参加した日はとても潮の流れが速く、ガイドさん曰く「いつも15分くらいで流れてくるスポットに5分でついてしまった!」というくらいに、
泳いでも泳いでも流されてしまう感じでした。
ですが、流されても、日本語の上手なガイドさん、どっしりとした貫禄ある雰囲気でとても安心感があり、バリのお父さん(私たちから見たら実父より全然お若いですが)のような感じで、全く不安もなく、むしろあの流れを楽しめるくらいの余裕を与えて下さいました。
途中、別の船のオーストラリアの青年が、片方のフィンが脱げて、一人で少しパニックになった様子で船に戻ろうとしていたのですが、ガイドさんがすかさずかけよって「ok、ok、リラックス、すぐ船が君を迎えに来るから大丈夫(多分こんなことを言っていたような^^;」彼に外れたフィンを装着してあげて、寄り添っていました。
あの場面を見て、このガイドさんなら大丈夫。ガイドさんから離れないように楽しもう!と思いました。

スマトラ沖地震で来日し、短期間で日本語を習得したというガイドさん。
あの短期間でここまでの日本語を習得する事は並大抵の事ではないと思います。
きっと、沢山、想像を超える苦労をなさったのだと思います。

シュノーケルは色々な国で体験しましたが、今回はなぜだか分からないけれど、過去例になく、心に深く刻まれる体験でした。
魚もサンゴ礁も素晴らしく、時間が足りないくらい!

海の家の奥様の、手料理のナシゴレン(おいしい!)を味わってから、
島の観光に出ます。

島の太古からある寺院の立派な大木に感動し、「これは何という木ですか?」とガイドさんに尋ねたら
「何の木なんだろうねぇ。誰も知らないんだよ」という答えに、強烈に納得してしまいました。
何の木かなんて、関係ないのです。そこに昔からあって、みんなで大切にしている。
なんだか、泣きたくなるような懐かしさ、バリの島の人々の、神に対する思いを垣間見たような、不思議な、心振るえるような体験でした。

家々に、店の軒先に、数日後の日本でいうお盆が控えていた時期。
お供え物がそこかしこに無造作に置かれていました。

島の狭い道路をスピードを上げて走る車も、お供え物を避けて減速して通る。

この体験を的確な言葉で表現できないのがもどかしいのですが、
島のそこかしこに置かれたお供えもの、温かいガイドさん、優しく陽気な島の人々、その全てが、この旅のクライマックスと言って良いほどの、心震える体験になりました。

今度は、水泳の苦手な小2息子と一緒に来ますね。
学校のプールしか知らない彼に、新しい世界を見せてくれるだろうと確信しています。
その時は、またあのガイドさんに案内して頂きたいと思います^^
また、必ずお世話になります!
本当に、ありがとうございました。

パダン島初の上陸!!

投稿者:大ちゃん
参加日:2019/05/04
続きを読む.. 閉じる
パダン島は、いく前からワクワクしていました!!
ガイドさんがこの人はいいっ!!つて思える方で、この方のいるいないが大きかったと思います。名前は忘れてしまいましたが、日本語上手で、かなり長くやられていて、良かったです!

観光もメチャクチャ良かった!特に、クリンクリンビーチは、今度は泳いでみたいです!

最後のシュノーケルは、もう少し思いっきし遊びたかったので、そこだけ少し点数落としましたが、ただのマリンツアー以上にフォトジェニックなスポットとガイドさんでいいツアーだったなと思います!

感動の一日

投稿者:Mami
参加日:2019/07/12
続きを読む.. 閉じる
7月14日初シュノーケリング!少し緊張ぎみ(笑)
ヌサドゥアのホテルだったのですが、朝早くからホテルにお迎えが来てくれました。
サヌールの海岸で一通り説明を受けてからボートに乗りレンボンガン島に到着、軽トラの荷台に屋根が付いたミニバス?に乗り日本で言う海の家に到着、そこでトイレと着替えを済ませてシュノーケリングの説明を受けます、泳ぎに自信がないので本当に出来るか心配のまま出発、マングローブの森を抜けて海にでます、海がとても綺麗で本当にビックリしました。
海に入る時はドキドキして足がすくみましたが、いざ海の中を覗いたらたくさんの魚と綺麗なサンゴ礁に別世界を感じ、今まで見たこと無い景色で感動しますが、シュノーケリングの腕前が・・ガイドさんに付いて行きたい所ですがどこに自分が進んでるのかも初めは良く分からない状態、一緒に参加した人たちにぶつかったりして迷惑かけながらも景色を楽しみました。
そこから少し移動してペニダ島付近で海流に乗りシュノーケリング2回目
このころになると少し慣れてきてお魚に餌をあげる余裕も出てきました、良くみたらガイドさんが潜って写真を撮ってくれたり、亀を探してくれたりして感謝です、今回亀には会えませんでしたが大きな魚を見ることが出来感動しました、この時期はオーストラリアが冬のため海流によりバリの海も冷たい所と温かい所があり、場所によってはガイドさんもバリなのに冷たいと言ってたくらい冷たい所もありました。
ライフジャケットを付けて海流に乗ってるので軽い船良い状態に成りましたが
その後、戻ってからゆっくり休憩する時間とお昼があったので復活!
お昼は期待してなかったのですが、ミーゴレンとナシゴレンを頼んでどちらも食べたのですがとても美味し、バリでワルン(食堂)に行きたかったけど、バリ腹が心配で行けなかったのでなんか得した気分
食事の後は島内観光、300年前に建てられた古いお寺やそこにある精霊がやどるといわれている大きな木をみました、ガイドさんが細かく説明してくれます、その後イエローブリッジ近くでターコイズブルーの海岸で写真を撮る予定でしたが・・干潮で見る事が出来ませんでしたが記念にブランコに乗って写真を撮って貰いました、最後に「デビルティアーズ」断崖に波があたり大きな水しぶきを上げる大迫力でしぶきで虹も見れました、観光客が多くなかなか撮影スポットを探すのは個人で行くと難しいのですが、ガイドさんはちゃんとわかっているので良い写真を撮って貰えました。
結果として、ガイドさんのリエ子さんとアルタさんが居れば一日楽しく過せると言う事です。
本当に、ありがとうごいました。
  • サヌールの港→レンボンガン島・ペニダ島への船内
  • BROKEN BEACH
  • (名称分かりません)150mの絶壁のビーチ
  • ANGEL'S BILLABONGの外洋側
  • ペニダ島の桟橋(ここは波が穏やか)

ペニダ島の絶景地往訪と安心シュノーケリング

投稿者:sampei
参加日:2018/05/30
続きを読む.. 閉じる
せっかくバリ島に行くのだから,スノーケルしない訳にはいかんだろう!単にやるだけでは物足りないから,海がきれいなところを見たいし,そこでやりたい!という訳で,このツアーに申し込み,結果として,風光明媚なポイントを巡ったうえで,我々は我儘なもんですから,島を出る船の時刻ぎりぎりまで遊び,満喫することができました!
当日の工程は,
ホテル→港(サヌールの辺り)→レンボンガン島沖で小型船に乗り換え→ペニダ島桟橋→(島内は車ででこぼこ道を走行)ANGEL'S BILLABONG→BROKEN BEACH→(名称分かりません)150mの絶壁のビーチ→ペニダ島桟橋前のボートでスノーケルとシーカヌー→帰路
でした。
ペニダ島は,自然が残る未開の地だけあって,時々綺麗な舗装道路も出現しますが,ほぼ完ぺきなサドル・ロードといっていいでしょう。四駆ならまだしも,普通のバンのように見える車のサスペンションがよく壊れないな,と思いながら,探検隊気分を味わえました。(このようなところでも,欧米人と思われる白人の沢山の方々が,バイクで島内を巡っていたことも驚きました。)
その後の3か所の到着地は,「フォトジェニック」とツアー名にあるだけあって,素晴らしい景観!の一言に尽きます。外海で波が荒いので,海に入ることはできませんが,我々の様に写真を目的としなくても,雄大な景観を見て圧倒されるだけで十分に楽しめました。
ペニダ島の桟橋(ここは波が穏やか)に戻って,ゆっくり昼食をいただいた後に,沖の大型船まで小型船で連れてもらい,浮きで囲われた囲いの中で,スノーケルを安心して,スタッフをマネしながら自分で餌付けしつつ,お魚観賞を楽しむことができました。また,時間ぎりぎりまでシーカヌーで走り廻り(ただし船の航路に入らないよう注意が必要。遊んでいたら,岸から随時,スタッフの大声が飛んできて分かりました),お手軽マリンスポーツ(たぶん子供でも大丈夫)が楽しめました。
ガイドさん,日本語ペラペラで安心できますし,少し面白いです。前日もこちらのバリ・ツアーズでウブドへのツアーに行ったのですが,この日のガイドさんも日本に行ったことがないというのが信じられないくらいの日本語の上手さでした。内容にもよると思いますが,いろいろ希望を叶えてくれます。
船酔いが心配な方もいらっしゃると思いますのでお伝えしますが,船にあまり慣れていないと思われる中国の方が同乗されていましたが,20人に5人くらいが気分が悪そうな感じでした。しかし,我々は全く問題なく,率直に言って,慣れと体調次第だと思います。船の大きさや天候にもよると思いますが,睡眠と食事をきちんと取っていればかなり防げると思います。乗船前の名簿確認の手続きのときに酔い止めの錠剤をスタッフが示してくれますから,不安な方は飲まれてください。
  • デビルズ・ティアズ

想像以上に最高でした!

投稿者:えりり
参加日:2019/08/12
続きを読む.. 閉じる
思っていた以上に海が綺麗で、シュノーケリングポイントに順番に案内してくれるので、安心だし、無駄な時間がなくて最高でした!
担当の日本人女性の方もとても面白い方でした♪
ウミガメが3日ほど見れていないと仰っていたのですが、私達が参加した日には2匹も出逢えて本当に良かったです!!
次バリ島に行く時もまたぜひ参加したいと思いました!
おすすめコレクション
ニューヨークからナイアガラの滝のライトアップを観に行こう!

ニューヨークからナイアガラの滝のライトアップを観に行こう!

ニューヨークへ初めての一人旅。エネルギッシュで刺激的で、颯爽と歩いている女性はみんなカッコよくて凛とした雰囲気。この街だと一人旅でも寂しさを感じることなく、背筋を伸ばして元気よく歩きたくなる。より行動的になった私は、思い切ってマンハッタンを離れてナイアガラの滝へ!夕方着いたので…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
映画「ザ・ビーチ」の舞台、ピピ島でシュノーケリング!

映画「ザ・ビーチ」の舞台、ピピ島でシュノーケリング!

今年の夏休みは、タイのプーケットへ。一番の目的は、大好きな俳優、レオナルド・ディカプリオが出ていた映画「ザ・ビーチ」の舞台になったピピ島でシュノーケルをすること。映画の中でもうっとりするような美しい海だったけど、実際のピピ島も、透明度が高くてすごく美しい海なんだって。そんな綺麗…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
パラオ最大「ガラスマオの滝」を探検する!

パラオ最大「ガラスマオの滝」を探検する!

パラオは自然の宝庫。せっかくだから、冒険のような体験をしたいと思ってバベルダオブ島のトレッキングツアーに参加。ここには、パラオ最大の滝「ガラスマオの滝」があって、大自然の中を探検できるんだって。川を渡ったり、ジャングルを探索したりできて、大自然を満喫!トレッキングの目的地ガラス…
emo [エモ] 編集部
by emo [エモ] 編集部
人気のコレクション
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

1

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(前編)

emoでは、VELTRAのアクティビティに参加してくださった旅人の、旅で目にし、耳にし、経験し、心揺さぶられた瞬間を綴った体験談をお届けしてきました。 そして、ふと思ったのです。VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキス…
【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

2

【 VELTRAR’s 旅インタビュー 】夏の北欧を満喫!(中編)

VELTRAは旅の会社。社内には旅をこよなく愛する人、旅を限りなく楽しむ人、旅のエキスパートがたくさんいます。 そこで、「VELTRAR’s 旅インタビュー」をしてみることにしました。 今回は、前編に引き続き、夏休みに北欧を旅してきたひろえさんにお話を伺…
くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

3

くせになりそう!グアムで過ごす年末年始

南国のグアムで過ごす年末年始。今年は家族で過ごすことにしたよ。12月31日の夜は恋人岬で行われるカウントダウンパーティーにみんなで参加。バーベキューを食べながら、チャモロダンスやグアムの夜景を見ながら賑やかに過ごせたし、普段あまり話をしない父と話ができたのが良かったな。カウント…
人気のコレクションをもっと見る