まるで絵画の世界!台湾の日月潭で過ごす一日

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

台湾の台中から足を伸ばして、台湾最大の湖「日月潭」へ行くことに。標高約700mの所にあって、面積は約8km²。避暑地として現地の人たちにも人気のスポットらしい。緑の山々と、静かな湖の姿がとても美しく、まるで絵画の世界!遊歩道をゆっくりと散歩してもいいし、レンタルサイクルで風に吹かれながら湖畔を巡るのもよし。遊覧船やロープウェーで景色を楽しむのも楽しそう。お昼は日月潭の先住民族「サオ族」の名物料理に舌鼓。日月潭で過ごす癒しの一日になりそう!


✈︎ 台湾の日月潭はどんなところ?

日月潭(にちげつたん) は台湾の台中から車で1時間ちょっとで行ける台湾最大の湖です。日月潭は標高700mのところにあり避暑地として知られており、遊覧船に乗って湖上から美しい風景を眺めたり、湖の周りを自転車で回りながら景色を楽しむことができます。ここには日本人が設計した向山ビジターセンターがあり、日月潭特産の紅茶やコーヒー、特産の紅茶で煮た煮卵などを味わうことができます。また、日月潭から地元の原住民文化に触れられるテーマパーク・九族文化村を約7分で結ぶ日月潭ロープウェイもあり、空中から湖や自然の美しい光景を眺めることも可能です。

アクティビティ情報はこちら
日月潭湖畔 (観光情報)  | 台湾観光 VELTRA(ベルトラ)
日月潭湖畔は南投県にあり、 海抜760m、面積100 km²、周囲37kmの台湾で一番大きいの湖です。また、台湾で最も美しい湖とも言われています。朝夕には霧が立ちこめることもあり、様々な色のグラデーションに彩られた絵画のような風景を見ることができます。 自然豊かな高原のリゾート地としても有名です。
www.veltra.comで見る

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


日月潭に行くならぜひこのコース‼️

日月潭(にちげつたん)観光ツアー サイクリング&クルーズで台湾で最も美しい湖を堪能 ロープウェイ+文武廟観光あり<1日/日本語 or 中国語ドライバー/台中発>
★★★★★
投稿者:はなげっち
参加日:2019/10/30
今回初めて利用させていただきました。

台湾には何回か行ってるのですが日月潭には行ったことがなくこのコースを選びました。

初めは、サイクリングもあり中々楽しそうだと思い参加いたしました。

実際に参加してみると中々楽しそうからかなり楽しかったです‼️

昼食も予想以上で良かったです(^^)

次回、台湾に行く時はまたここを利用させていただこうと思ってます(o^^o)

高級車での貸し切り状態の旅行にビックリ

日月潭(にちげつたん)ゆったり宿泊ツアー 台北から混載車で往復 日月潭でのサンセットに感動<1泊2日/日本語ガイド or 英語ガイド/食事付/台北発>
★★★★☆
投稿者:やえす
参加日:2019/12/23
私は4度目、妻は6度目の台湾旅行です。
台北の主な名所にはだいたい行ってしまい、台湾一周旅行の経験もありましたが、日月潭は行ったことがなく、よかったよと言う、以前聞いた友人の言葉が気になっていたので、日月潭ツアーを今回の旅の目的としてベルトラ日本語ガイド付きで申し込みました。やむを得ない時は英語ガイドになることもあるとのことで不安もありましたが、自然の景色に言葉は関係ないと思い、申し込みました。
 ホテルでピックアップされると、レクサスセダンのお出迎えで、今回の旅行の申し込みは我々夫婦二人だけだったとのこと。そしてガイド兼運転手の方と2人だけの貸し切り状態でそのまま一泊二日の旅に出発しました。
当日は、日月潭近くのプーリにある紙工場で実際に紙漉きから紙を作ったり墨で絵を描いた扇子を作り、十数年前に数千人の犠牲者を出した地元の大震災時に神戸から送られて移築したという実用的でしっかりとした造りの紙で出来た教会を見学してから日月潭へ。日暮れの湖面を眼の前において地元台湾料理をいただきました。翌日は朝一番の遊覧船で湖へ。ここでも早朝のためか、客は我々だけの貸し切り状態で湖上の空気を満喫しました。その後、台中で宝覚寺と最近落成した曲線だらけでガウディ設計かと見まごう(実は日本人設計)オペラハウスを観光しました。宝覚寺は今回初めてで、我々のリクエストで行っていただいたにもかかわらず、ガイドさんから寺の詳しい縁起を聞くことができました。
 ガイドの黄富承さんは地元出身、日本語が上手く勉強熱心で、登山ガイドもするという自然好きの温厚素朴な方でした。花や木の詳しい話など、その場その場で聞くことができ、バナナの花も初めて見られました。帰りにはリクエストで試飲のできるウーロン茶店に寄ってもらい、土産を買いました。
 ツアーの難点といえば、食事が当日夕食と翌日のホテル朝食しかつかず、その割に料金高と思われる点でしたが、今回に限れば 自由 気まま のんびり の旅行ができて十分満足でした。
中央山脈と日月潭の早朝

充実したツアーでした!

【4月~10月限定】夏の台湾絶景巡り 日月潭+田寮月世界+忘憂森林+高美湿地+高雄等 選べる日帰りor宿泊ツアー<1日/1泊2日/日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:れもん
参加日:2019/10/16
朝7時に台北市内のホテルでピックアップ。ガイドのロさんは感じの良い女性の方で、付かず離れずの距離感で安心感がありました。
大型で乗り心地の良い車で途中休憩をはさみながら一路忘憂森林へ。朝が早かったのでうとうとしながらのドライブでした。霧の深い杉林渓のくねくねした山道はなかなか簡単にはいけない場所だなという感じがしました。標高が高いので(詳しい高さは失念しましたが)やや肌寒くなります。
途中で4WDに乗り換えて忘憂森林へと向かいますが、ここは他のレビューにもあるように「まじか」と思うくらいの急坂かつすごいカーブでなかなかのものです。降りてから数分歩いて森林へと歩く道は滑りやすいので、スニーカーがいいと思います。森林自体はちょうど霧が出てとてもフォトジェニック!その後ランチへ移動しましたが、旬のたけのこなどをふんだんに使った、思ったより豪勢なお昼でおいしかったです。食後は日月潭の歴史や先住民の話、99年の大地震のお話などを聴きながら日月潭へと移動。1時間半くらいの移動でした。ビジターセンターに立ち寄った後、少し移動して日月潭ぞいの「文武廟」にお参りしましたがこちらも非常に素晴らしい寺院で景色もよかったです。また2時間くらい移動し、今度は高美湿地へ向かいます。残念ながら干潮かつ強風(体があおられるくらい)でしたが、ちょうど時間的にはサンセットの時間で満足のいく写真も撮影できました。新竹のあたりが渋滞しやすいということでその道を避けて台北に移動してくださり、ホテルで19時頃解散となりました。1日で630km走ったとのことで、くたびれはしましたが台湾の広さと雄大な自然を実感できる旅でした。台中までは新幹線で移動して台中発、というのも1つの選択肢かもしれませんが、とてもお勧めできるツアーだと思います。
ちょうど霧がでてきました
素朴で美味しいランチ
文武廟より日月潭を一望
ちょうど夕暮れ時!

新幹線 台中駅 待ち合わせ場所のコンビニ「ファミマ」です!!

日月潭(にちげつたん)観光ツアー サイクリング&クルーズで台湾で最も美しい湖を堪能 ロープウェイ+文武廟観光あり<1日/日本語 or 中国語ドライバー/台中発>
★★★★☆
投稿者:魯肉飯
参加日:2019/08/15
台北から自分で新幹線で移動し、台中駅でピックアップして本ツアーに参加しました。ツアー自体、各国の方との混載で、食事も問題ありませんでしたが、
台中駅内の待ち合わせ場所が「セブンイレブン前」とホームページに案内、
メールにて事前連絡が有りましたが、コンビニは「ファミリーマート」に変わっています。出入り口番号は合っていますが。予定のピックアップ時間からも遅れていたので、ちょっと不安になりました。
台中駅 ピッアップ 場所
ツアーボートから

個人で行くには遠くて大変な場所だったので助かりました

日月潭(にちげつたん)観光ツアー サイクリング&クルーズで台湾で最も美しい湖を堪能 ロープウェイ+文武廟観光あり<1日/日本語 or 中国語ドライバー/台中発>
★★★★☆
投稿者:urufee
参加日:2019/10/18
台中のホテルからの利用で申し込みましたが、ホテル近くでピックアップして貰えて助かりました。
サイクリング時間がチョット短くて最後のお土産屋さんに立ち寄る時間を無くしてもサイクリング時間を取って欲しかったですが、全般的には満足できました。特に昼食は期待以上に品数が多くて楽しめました。
最後はホテルでもokでしたが、夜市の傍で卸して貰えるなど融通して貰えたのもありがたかったです。

【秘境と景色】中々行けない場所【ただし天候に左右される】

【4月~10月限定】夏の台湾絶景巡り 日月潭+田寮月世界+忘憂森林+高美湿地+高雄等 選べる日帰りor宿泊ツアー<1日/1泊2日/日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:ゆりち
参加日:2019/09/07
■1日観光です。
 1泊2日のツアーの体験談ではありません。

■まず朝、7時に泊まっていたホテルにお迎えが来てくれました。
 この日のガイドさんはキョウさん、ドライバーはシュウさん、車種はホンダのオデッセイでゆったりとしていました。ちなみに参加者は自分たち2人だけ、同じ日の参加者が増えたらまた車種等変わりそうです。

■最初の目的地は【忘憂森林】
 なんと台北市内から3時間掛かるとのこと。
 この時点で中々個人では行くのが難しい場所なんだ、と改めて思いました。
 車に揺られること1時間ほど経過した頃、サービスエリアに到着したので、そこで軽く朝ごはんを食べました。滞在時間は30分ほど、サービスエリア内は広くて売店やパン屋等日本のサービスエリアと良く似ていました。大型バスもたくさん留まっていたので、定番のサービスエリアなのかもしれません。

■再び車に乗り込み、つづら折りの山道を登り続けるとようやく到着!
 と、思いきやまさかのそこで更に別の車に乗り換えるとのことで、4WDの三菱自動車、デリカに乗り込んだら凄い急な坂を登り始めたではありませんか。日本じゃありえない急角度で、45度は言い過ぎかもしれませんが、恐怖とスリルを味わえたので良しとします(笑)

■車から降りたら森の奥へとぬかるんだ道を歩きます。
 雲の中なので湿った空気が肌に纏わりつきます、そして足元をよく見ないと泥沼に沈みます。靴は出来たら浸み込まないような、でも汚れても大丈夫な靴が良いです。絶対に。

■5分ほど歩いたら目の前には透明な池の中に死んだ木が立つ、不思議な光景が広がりました。曰く、30年ほど前に起きた地震で出来上がった自然の賜物のようで、雨が降ると池となるそうです。ということは、干上がってる時期もあるのかもしれません。

■池の奥まで歩いて満足したら、再び三菱がデリカに乗り込み来た道を戻ります。登りと下り、どちらが怖いかと聞かれたら、どちらも怖いです。駐車場に戻ったら靴を洗う場所があるので、汚れてしまった場合はそちらでブラシを使いつつ綺麗に出来ます。気が利いてて凄くとても助かりました。

■山道を折りながら次の目的地である【日月潭】に向かいます。
 その前に、地元の料理屋さんでご飯を頂きました。
 タケノコをたくさん使った料理で、豚の角煮からお魚の揚げ物まで種類は豊富、天気が良ければ是非テラスの席が良いと思います。川の音も聞こえて涼し気です。

■車に揺られる事1時間、少しずつ観光バスが増えてきて第二の目的地である【日月潭】の【向山ビジターセンター】へ到着しました。そのプラザは独創的な形をしていて、ガイドのキョウさん曰く日本人デザイナーさんがデザインしたもののようです。誰だろうと調べたところ團 紀彦氏だそうです。

■少し散策した後は日月潭の湖畔を見ながら【文武廟】へ。
 学問の神様である孔子と武術の神様である関羽を祭ったお寺とのことです。日本では学問の神様というと菅原道真ですが、台湾では孔子だそう。展望台から再び日月潭を見ながら、ポエを使った台湾の衛星の逸話などを教えて頂きました。日本のお寺と色々違っているので、見ているだけでも刺激を受けました。

■再び高速に乗って、最後は【高美湿地】へ向かいます。
 【高美湿地】は海の中に風力発電機が並ぶ、あまり今までに見たこと景色でした。時刻は夕方だったため少し傾いた太陽が海をオレンジ色に染めていて、ノスタルジックな雰囲気を醸し出していました。人は少し多かったですが、それを補っても余りある景色に満足です。

■そして【台北市内】への帰路につきます。
 車内では台北や台湾のお話をキョウさんが色々と教えてくれて、楽しかったです。例えばドラゴンフルーツの話や、台湾原住民の話、タクシーのナンバープレートの話など―。やはり日本とは少し文化が異なるため、些細な事でも知ることが出来て嬉しかったです。

■私たちが参加した日はとても天気が良くて、いずれの観光地でも良い写真が撮れました。しかし勿論それは運が良かっただけで、雨に見舞われることもあると思います。なので事前に傘などを準備しておくと安心できると思います。

■周りには日本人が全然いなくて、観光バスも韓国や大陸の人たちのものばかりだったので、たぶん恐らく個人ではあまり気軽に回れるコースではないようです。ですが、このツアーなら台湾の秘境のような、訪れにくい場所も行けるのでお勧めです。
忘憂森林
日月潭
文武廟
高美湿地

  • facebook page
  • twitter page
  • line page