雨季のカンボジア、シェムリアップの楽しみ方!口コミ・レビューまとめ

カンボジアには、乾季 (11月上旬〜5月中旬)と雨季 (5月下旬〜10月下旬) の2つの季節があります。雨季は9月〜10月頃雨が最も多く、通常その時期以外は、1日の中で数時間強いスコールが降る日がありますが、観光を楽しむこともできそうです。
雨季にシュムリアップを旅行した人のアクティビティ体験談を参考にしてみよう。

  • 曇っていたけれど朝焼けが美しいアンコールワット
  • トゥームレイダーでお馴染みのタプローム、自然の力に唖然

シェムリアップ王道ツアー

投稿者:りえぷー
参加日:2016-05-29
雨季に入り始めの5月の末行きました。
朝は4:50スタート、ホテルまで遅れることなく迎えに来てくれました。
アンコールワットの日の出は曇り気味だったので、お日様の丸い形は見れませんでしたが、うっすらと明けて行く日の光に水面に映ったアンコールワットが素晴らしく美しかったです。
初カンボジアなので感動もひとしおだったのかも知れませんがこの光景は見ないと損!!一度ホテルに送ってもらい午前中はアンコールトムへ。穏やかな中にも強さを秘めた遺跡の彫刻にうっとりでした。ガイドさんはフォトスポットでどのスマホでも一眼レフでもベストショットを撮ってくれました。そのテクに感動!!その後トゥームレイダーが撮影されたタプローム遺跡へ。ガジュマルの木に呑み込まれた建造物、自然の力のすごさをしっかりと見せつけられました。お昼はカンボジア料理、ドリンクは別料金ですが、取り分けで4〜5品はあったと思います。理由はわからないけどその後1時間くらいフリータイムがあったのでガイドさんはしきりにマッサージを勧めましたが、私達はラッキーモールでぶらぶら、、。
午後はアンコールワットへ。雨がひどくて、外壁をゆっくり見る余裕はありませんでしたが、何とか第三回廊へも登れて古代へ気持ちを馳せました。ただ祈るためだけにこの巨大な建造物が造られたのかと思うと王様の権力の大きさを感じずにはいられませんでした。
ディナーはアプサラダンスショーとバイキング、料理は中華系が多いように感じました。
確かにレストランにいる人はチャイニーズが多かった。
夜9時過ぎにホテルまで送ってもらいこの料金でいいのか?と思うくらいの充実したツアー
でした。
  • チケット売り場
  • サンライズ?
  • バイヨン寺院
  • バンポン?寺院
  • タ・プローム寺院
  • 「トゥームレイダー」
  • 「カンボジア・ティータイム」
  • 「カンボジア・ティータイム」
  • お隣のレストラン「サザンカフェ?」
  • クメール(カンボジア)料理の昼食

これぞツアー!アンコールワット、シェムリアップを満喫。【1/2】

投稿者:naagaarjuna
参加日:2015-08-10
大変満足の行くツアーでした。言い換えればコストパフォーマンス
が高いと言う事になるかな。・・・、しかし、しんどかった。HPに
は確か「・・・体力に自信の無い方は・・・」と書いてあったような。
まさにその通りだった。しかし、良い経験をした。もう一度行きたい。
本当にそう思えるツアーだった。
 雨季は、何せ、蒸し暑い。晴れれば晴れたで、くそ暑い。12~1月
がベストシーズン。ただ、その時期に来た事が無いので、本当なのか
は判らない。でも、緑は雨季が一番綺麗だろう。
 早朝?4時過ぎにホテルのフロントへ。夜警(夜勤?)のお兄さんは、
ソファーでうたた寝。玄関のドアを開けて貰う。ピックアップの時刻
になってもバンが来る様子が無い。少し不安になったころにバイクの
おじさんが目の前の歩道にバイクを止めた。ツアーのガイドさんでし
た。リストで私の名前を確認。一安心。でも、バンが来ない。手配ミ
スか、それとも、ドライバーがトラブルか。またまた、空しく時間が
過ぎていく。「おい、おい、サンライズ大丈夫?」と、少し焦りだし
たところへミニバン到着。誰も乗っていない。「俺が最初か、ドライ
バーの寝坊かな?」ホテルを巡り、客をピックアップ。一路、チケッ
ト売り場へ。混んでいるが、人の列はそれな