• facebook page
  • twitter page
  • line page

ハワイ大好きで、今まで何度もハワイには来たけれど、今回はまだ行ったことがないカウアイ島に!いったいどんな島なんだろう?観光スポットってどんなところがあるの?と思って調べてみたら、太平洋のグランドキャニオンとも呼ばれている、壮大な風景が楽しめる「ワイメア渓谷」や、昔、ハワイの王族が結婚式を挙げていたという「シダの洞窟」、迫力満点の「ポイプ潮吹岩」とか他にも見所はたくさん!さすがハワイ。奥が深いなぁ。

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


カウアイの観光スポットを1日で回れます

カウアイ島観光ツアー サウスサイドコース ワイメア渓谷+ハナペペ+コロア・ポイプ+カウアイコーヒー農園など<日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:Jumbo
参加日:2024/02/16
このツアーは混載ではなく、1グループ単位でガイドのかおりさんが付いてくれます。私は一人参加でしたが問題なく参加できました。
今回、前半は雨模様でカララウ展望台からナパリコーストが見れなさそうだったなので、途中のロッジで30分時間をずらして再チャレンジしたら雲の切れ間からナパリコーストが見ることができました。
あと、ガイドのかおりさんは地元のコミュニティカレッジでハワイ文化を勉強されていて、非常に深いハワイの文化、歴史の話が聞くことができました。
ワイメア渓谷
雲間からのナパリコースト

初カウアイで満喫!

カウアイ島観光ツアー サウスサイドコース ワイメア渓谷+ハナペペ+コロア・ポイプ+カウアイコーヒー農園など<日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:RIE
参加日:2023/09/10
完全にプライベートツアーで、ゆっくりワイメアキャニオンを堪能できました!
歴史や文化等とても詳しく説明して頂き、ガイドブックが少ないカウアイ島を知る事ができたのもよかったです。
お土産を購入の為にモールやスーパーに寄ってもらったり、帰りのお夕飯の場所も提案して連れて行ってくださったり、1日お世話になりました!
次回も絶対にお願いしたいと思います!
風が強く肌寒く感じました。上着があると良いです!

1人だけどカウアイ島観光がしたい!!

カウアイ島観光ツアー サウスサイドコース ワイメア渓谷+ハナペペ+コロア・ポイプ+カウアイコーヒー農園など<日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:にあ
参加日:2024/01/08
カウアイ島で1人でも催行してくださって、島内を回っていただけました!
警報級の大雨で回れるところ少ないかな〜と思っていましたが、雨でも回れるようプランニングしていただけて大変楽しかったです!

潮吹き穴では高波ということもあり、何度も高くまで潮を吹いているところが見られました。
途中は晴れ間ものぞいて、アザラシやウミガメが寝てるところも見れました。
最後は虹も見れて荒天でしたが、大満足です!

たくさんの虹に出会えました!

カウアイ島観光ツアー サウスサイドコース ワイメア渓谷+ハナペペ+コロア・ポイプ+カウアイコーヒー農園など<日本語ガイド>
★★★★★
投稿者:TA
参加日:2023/11/23
オワフ島から日帰りで利用させていただきました。リフエ空港に迎えに来ていただき、そこからツアースタート。カウアイ島在住の日本人ガイドということもあり、長年住んでいる中での変遷や歴史的な話、文化的な側面など、こちらが知りたいと思うことを事前にお話しいただいたりするなど、経験が伴った丁寧な対応をしていただきました。

また、時間が余った場合、何をしたいか質問いただき、臨機応変にアレンジしていただいたり、霧が出ていた場合、別の場所を観光してから改めて再訪いただく配慮など、貴重な体験ができました。たくさんの虹にも出会えてよかったです。カウアイ島を観光されるならオススメしたいガイドさんです。
このような虹を何回も見れました!
夕方に向けとどんどん上陸するウミガメさんたち

天候に恵まれた日の遊覧飛行・揺れもせず快適であっという間の1時間

エアバン遊覧飛行 カウアイ島の絶景を上空から堪能!ワイメア渓谷、ナ・パリ・コースト、ハナペペ渓谷、ジュラシック・パークに登場の滝<英語ガイド/リフエ空港発>
★★★★★
投稿者:ひとみ
参加日:2023/10/18
集合場所がちょっとわかりづらい・・・かな。 似たような名前の会社もあり、奥まっている、看板が小さい、いくつかの旅行会社とシェアしている建物だったので。
それ以外は、説明もわかりやすく、パイロットさんも受付さんもテキパキ親切。ヘリコプターやビーチクラフトよりも静かです。利用したのは到着から3日目。2日目にワイメアキャニオン周辺をドライブしたので、おおよその島の地理は頭に入っていたけれど、空中からですと、キャニオン部分の広さや、水の流れている場所、乾いた赤土と緑の森、サバンナのような低木と背の低い植物のコロニー、太陽の下、しっかり色分けされていてダイナミックでした。
いくつものトレッキングコースに挑戦したい気持ちはありますが、ようやく暇になった頃には足腰に自信が無く、安全第一で遊覧飛行を選んで良かったです。
ワイアレアレ山(カウアイ島で一番標高が高い)の頂部分だけは、雲に覆われていて眺めることができませんでしたが、ほぼ全島が見渡せるほどに雲が少ない日でした。大満足です。
スタンバイ中
海岸線のコントラストがキラキラ

  • facebook page
  • twitter page
  • line page