スペインからジブラルタル海峡を渡ってエキゾチックなモロッコへ

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

スペインのアンダルシア地方は、美しい海岸線コスタ・デル・ソルがあることで有名。その中心地マラガでスペインの太陽と真っ青な地中海をのんびり満喫!これだけでも十分満足なんだけど、せっかくだからジブラルタル海峡を渡ってモロッコへ。約1時間のあっという間の船旅だけど、モロッコはスペインの雰囲気とは一変して、エキゾチック感満載!ヨーロッパとアフリカ大陸の違いを肌で感じながら、市場を散策したりローカルフードを味わったり。ラクダにまで乗れたんだけど、そこから見た海の眺めが私は大好きだった。一度の旅でまったく違った景色が楽しめるなんて、贅沢の極み!

このスポットの情報はこちら

コスタ・デル・ソルからほど近く、ヨーロッパ大陸の南の端とアフリカ大陸の北の端が最も接近する地点がジブラルタル海峡。ジブラルタル海峡を渡れば、アフリカ北端の国モロッコはすぐそこ!モロッコは、ヨーロッパ、アフリカ、アラブをつなぐ交易の十字路として重要な役割を果たしてきました。ヨーロッパとは異なる、異色文化が入り混じったエキゾチックな空気をお楽しみください。

veltra.comで見る >

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


1日でモロッコを感じられるお得なツアー

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ、トレモリーノス、マルベーリャ発>
★★★★★
投稿者:DM_YUKI
参加日:2018/11/27
かなり早朝の集合&スタートでしたが、
その分1日たっぷりと楽しむことができました。
ジブラルタル海峡をフェリーで渡り、モロッコに。
モロッコではラクダライドも料金に含まれていましたし
昼食も大変素敵なレストランでお料理もおいしかったです。
また、レストラン内での演奏もありモロッコを十分に楽しめました。
1日でこれほど充実してお安いツアーは初めてだったと思います。
欲を言えばもう少しお土産を買う時間があるといいな~と思いました。

手軽にアフリカ体験ができる

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ、トレモリーノス、マルベーリャ発>
★★★★☆
投稿者:kvunby
参加日:2019/08/10
手軽にアフリカ体験ができました。
モロッコ への入国審査は船上ですが、夏の時期ということもあり、乗船してすぐに並んだにもかかわらず、到着間際までかかりました。繁忙期?は覚悟が必要でしょう。
モロッコに入ってからは、洞窟見学、ラクダ体験、マーケット見学など面白かったです。昼食は、日本人には合わないかもしれませんが、アフリカの味を体験でき、よかったです。
自由時間がありました。買い物の際は値引き交渉を必ず!

最後にタリファまで戻ってきて、バスがなかなか来ないというハプニングが…

ですが、全体的には満足です。

海峡越えとモロッコ入国とわりきって。

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ/トレモリーノス発>
★★★★☆
投稿者:匿名希望
参加日:2018/10/26
トレモリーノスから参加しました。
出発は朝5時半過ぎ、あとはタリファまで3時間半前後、途中の街々、ホテルでピックアップを繰り返しますので、あとになるほど、乗車時間短縮と早い帰着が望めますから、前泊ポイントは問い合わせると良いと思います。

大型バスに、各国50人前後の参加者で、日本人というより、東洋人は私達夫婦だけでした。
今回のガイドさん(添乗員さん)は、スペイン、モロッコ通じて同じ人で、スペイン語と英語で交互に説明してくれました。
モロッコ行のフェリーは往きはあまり遅れず、船内での入国審査も思っていたよりスムーズでした。
高速船で、1時間ほどの船旅。ジブラルタル海峡越えに満足です。
また船内は思っていたより広く、オフシーズンのせいか座席クラスに関係なく、どこに座ってもOKのようでした。
タンジールは街並みや海岸線の車窓観光が主で、ラクダに乗れる広場(道路際)、メディナでの生演奏付きのレストランでモロッコ料理の昼食、絨毯屋さん、薬局(香料専門店?)でのお土産のおススメなど、ツアーの内容は、皆さんの口コミの通りです。
2つのお店では、そんなにしつこいおススメはなかったですが、一歩外に出ると物売りのお兄さんやおじさんが間髪入れず声をかけてきます。
「いりません」の意志表示をしっかりすれば問題ありません。
タリファに戻るフェリーは40分くらい遅れましたが、モロッコでは許容時間なのでしょう。
結局、トレモリーノスに帰着したのは夜9時半頃でした。
もっと遅くなる場合もあるそうなので、この夜は他の予定を入れない方が良いと思います。何しろかなり疲れています。(笑)

あと、今回のガイドさんだけかもしれませんが。
往きのタリファまでのバスの中で、モロッコへの「入国カード」を配布して、記入を求められました。
そのあとパスポートを預けるのですが、慣れない入国カードの記入(それもかなり揺れるバスの中で!)に手間取り、結局パスポート番号は携行していたパスポートコピーを引っ張り出して記入しました。(覚えていればいいだけの話ですが)
入国カードは小さく、英語とアラビア語の併記で、老眼にはきつかったです。
パスポートはフェリーターミナルに着いて、ガイドさんが乗船チケットをはさんで、集合ポイントのカフェで返してくれます。
余計なお世話かもしれませんが、筆記用具(ペン)と、ちょっと下敷きになるもの、パスポートコピーなど、お持ちになるとよいと思います。
繰り返しますが、どこで入国カードを渡されるかは、ガイドさんによると思われます。

ジブラルタル海峡を超えて、ほんの少しだけモロッコの雰囲気を味わえたので、私達はおおむね満足しました。
次はもっと広く、モロッコを旅したいと思います。
ラクダに乗るには2ユーロだそうです。
タリファ~タンジールのフェリー。思っていたより大きかったです。

アフリカ大陸にチョコット上陸!

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ、トレモリーノス、マルベーリャ発>
★★★★☆
投稿者:ドラゴン
参加日:2019/06/13
恐々参加した”モロッコ タンジール1日観光ツアー”
第一関門の「予約内容の再確認TEL」は、宿泊ホテルのフロントスタッフにお願いして、クリア。当日のマラガ5:30集合はまだ暗い時間でしたが、集合場所事前確認済でしたので、これも何とかクリア。
以後は金魚のフンのようにツアー集団にくっついて行動。タリファからタンジェへのフェリーの中で入国審査。時間がかかり全員が終わる頃には対岸に着いていた。ツアー客にはアジア人皆無。このためか同じツアー客の欧米人から話しかけられること多し。片言の英語で対応。演奏付き昼食の後の化粧品店?で、有名なアルガンオイル購入。(1個で€10、3個なら€20??)その後自由時間有ったが、迷路のような路地に入り込むと、帰り道で迷ってしまいそうで、近場の土産物屋を散策。最終的にマラガの解散場所には23時前に戻ってきた。自分では行くことも困難なツアーでも有り、英語さえ出来ない私でも大変楽しめた。
モロッコでのらくだ体験
フェリー下船時のタンジェ風景
自由時間での土産物屋散策
途中立ち寄った洞窟内にて
昼食時の店内演奏
タンジェ(モロッコ)から対岸(スペイン)を望む

ちょこっとアフリカ&ジブラルタル海峡横断に満足

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ/トレモリーノス発>
★★★★☆
投稿者:yumiko
集合時間朝7時半
コスタデルソルの日の昇る美しい海岸線をバス車内から夢中で写真を撮りならがタリファ港まで
船内での出国入国手続きはやや待ちますがさほど辛さは感じませんでした、船の揺れも特になかったです
現地では案内された絨毯屋さんで母親へのお土産でストールと薬局?でアルガンオイルを購入
ストールは質もデザインも悪くなく、アルガンオイルのお店も2個買うと1個サービスでこの冬重宝して顔に髪に使っております、値段も安いのではないかと思うのですが…
ツアーの皆様とはクスクスなどのランチを楽しくご一緒させてもらいました
人数が全体で15人位だったので適正だったのかもしれません
客引きは確かに多いですが、要らなければ要らないと断れば問題はないです
帰りはマラガに21時半頃着
ちょこっとモロッコ(アフリカ)&ジブラルタル海峡横断を体験するには充分だと私は思います
集合時間が朝7時半に変更になった際にはあらゆる手段で連絡をいただきしっかりした対応に大変安心いたしました

アフリカをプチ体験

ジブラルタル海峡を渡って行くモロッコ タンジール1日観光ツアー<マラガ/トレモリーノス発>
★★★★☆
投稿者:Mika
参加日:2017/05/05
マラガ滞在中にモロッコに日帰りで行けるということだったので参加しました。
以前からモロッコには興味があったのですが、治安面から諦めていました。しかしツアーだし1日だけだしという思いで参加。
参加人数は30人ほどでいろいろな国の人がいます。日本人は私たち夫婦だけ出た。
さて、マラガから参加しましたが集合時間は早いです。まだ暗いので心配な方はタクシーで集合場所まで向かってください。そこからバスで港まで移動。約10か所で人をピックアップして大体3時間半程度のドライブです。
朝早かったのでぐっすり寝ていたら途中で目がさめるような事実が。乗ろうと思っていた11時の船が欠航になったから12時の船になるとのこと。。港で2時間待機。。そしてそれに伴い帰りも遅れるということでした。天気は良くはないですがそこまで悪くないのに欠航って。まあこれがモロッコースペイン間の交通なのかなと諦めることにしました。
いよいよ、乗船です。出国審査はもめている人もいましたが私達は難なくクリア。船に乗るとすぐに入国審査です。しかし入国審査の列がすごく並んでいたのでちょっと空くまで座席で待っているとツアーガイドのおじさんが私たちを大声で探している。。行ってみると、すぐに入国審査をしなかったことで怒っている様子。しかしツアーガイドのおじさんパワーで列をすっ飛ばし一番前に入れてくれて無事出国審査完了。おじさん怖かったけど、助かった。こういうシステムがわからない時はやはりツアーがいいですね。
モロッコに着くと新しいガイドの方とバスで街中を巡ります。街の説明を聞きながら到着したのは小高い丘の上の公園。ここでは一人2ユーロでラクダに乗れます。乗って写真を釣るだけですが、2ユーロですし乗る価値はあるかと思います。
続いては旧市街のようなところ。広場に人が集まり国営のラジオ放送でしょうか、そうのようなものに聞き入っています。やはり王国だからか、こういう風習もあるのですね。
そこから歩いて市場散策。どうせ観光客ということもあり、店の人は相手にもしません。一通り狭い市場を散策したらようやくランチタイム。出航が遅れたのでランチも遅れています。
モロッコ伝統音楽のライブがおこなわれているレストランで食事です。内容はスープ、シシカバブ、クスクス、デザートとミントティーでした。別料金で飲み物を頼めます。ビールと赤ワインを注文しましたが普通に美味しかったです。食事も美味しかったですが、前に座っていたマダム3人組は口に合わないらしく、ほとんど手をつけていませんでした(後でツアーガイドに食事はオーマイゴッドだったと言っていました)。
食事を終えるといくつかお土産やさんに連れて行かれます。もちろん買わなくてもいいですが、割と強引に攻めてきます。はっきりNoと言いましょう。移動中もとにかく物売りがひっきりなしに話しかけてきます。無視しましょう。そして約20分間の自由時間の後、集合場所には大量の物売りが。そこでさらに20分ほど押し売りにあいます。それをカフェから見守るツアーガイド。こういうところでツアーと地元の関係が保たれているんだなーと感じました。
そしてようやく出発。もちろん私たちは何も買いませんでしたが、みんな色々買っている。。バッグやらカーペットやら家具やら。
そして夕方6時。スペインに戻る船に乗ります。乗船時間は50分ほどですが、なかなか出国審査が終わらないのか相当遅れます。そしてスペイン到着、帰路につくのは8時過ぎ。帰りもいろいろな所で人を降ろし、マラガ到着は11時近かったと思います。
長い一日でしたが、スペインとは違うアフリカの雰囲気を楽しめたし、貴重な体験ができたと思います。食事もツアーも船もついての金額なら結構お得な感じもありますし、日程と体力に余裕のある方にはオススメしたいと思います。
可愛いラクダに乗れます。
船は結構大きくてそんなに揺れません。
市場の靴屋さんはカラフル。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

ACTIVITIES

VELTRAのおすすめアクティビティ

RELEATED COLLECTIONS

関連する記事

  1. スペインのスパークリングワイン「カヴァ」のワイナリーへ
  2. クロアチア世界遺産、ドブロヴニクでジブリ映画の世界観を味わう
  3. クロアチアのプリトヴィッツェ湖群国立公園は最高の癒しスポット
  4. 気球に乗ってバルセロナ郊外の自然を満喫
  5. パリのセーヌ川でディナークルーズを楽しむ
  6. アジア最大級の夜のテーマパーク、プーケットファンタシーで壮大なショーを初体験!

DAILY RANKING

人気のコレクション

  1. 1 ニューヨークのクリスマスイルミネーションは夢の世界!
  2. 2 インディ・ジョーンズの舞台!ヨルダンのペトラ遺跡へ
  3. 3 パリのオルセー美術館をプライベートガイドと堪能
  4. 4 くせになりそう!グアムで過ごす年末年始
  5. 5 バルセロナで楽しむ世界遺産サグラダファミリアとバル巡り
  6. 6 効果は絶大!?本場韓国のコルギを体験!
  7. 7 冬に行ってよかった!幻想的なモンサンミッシェルの夜景
  8. 8 カンボジアの「天空の遺跡」プレアヴィヒア寺院
  9. 9 クォッカへ会いにオーストラリア・ロットネスト島へ
  10. 10 感動必至!ハワイでセスナ体験操縦をしてみたい