30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ③

30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ③

滞在2日目・怒るゾウ、間近のヒョウ、そして日が暮れる


サファリの朝は早い。
まだ日が昇らない5:30には、レンジャーがドアをノックして起こしてくれる。
昨晩からたしかに冷えていたが、朝はもっと寒く、日本なら真冬のような恰好だ。出発前にいただけるあったかいコーヒーがありがたい。

日の出と同時くらいに、2日目の朝のサファリが出発した。遠く東の空から少しずつ明るくなる空に、1日の始まりを実感する。本来は日本でも、僕の住む世田谷でも、こうして毎朝、朝日は昇っているはずだ。なのになぜ、ここで見る朝日は特別なんだろう。

冷たい空気を切って進むサファリは、太陽が高くなるまで正直、ガタガタ震える寒さだった。寒さ対策で配られた毛布と湯たんぽが本当にうれしい。

今回のサファリで、まず出会ったのは、サイの親子。水たまりの水を飲むお母さんと、その周りを駆け回る子供。無邪気なサイの子供は、今にもランドクルーザーに駆け寄って来そうだ。お母さんが満足するまで水を飲めたのか、僕らの車の目の前をゆっくり歩き、親子は茂みの中へ消えていった。

そろそろ日差しも高くなり、気温も上がってきた朝7:00頃に出会ったのはゾウの家族。彼らを挟んで反対側にいた別のサファリグループに子ゾウが近寄ってしまったらしい。子供なりの威嚇か、何度かパオーンと鳴いていた。そんな家族の姿を観察していると、子供の声に反応したのか、母親が僕らの車に近づいてきた。今にも突進しそうに怒る母ゾウの気迫。レンジャーは素早い判断でランドクルーザーをまっすぐ走らせ、母ゾウの視界から逃げ切った。おとなしいゾウがビッグ5と呼ばれる理由が、よくわかる出来事だった。レンジャーによれば、大きなランドクルーザーでも、ゾウのひと蹴りでぺしゃんこになってしまうそうだ。

そうこうしているうちに、朝の「サンダウナー」の時間。広大、壮大、としか表現できない自分の語彙力の無さが悔しいが、とにかく広いアフリカの大地を眺めながら、レンジャーの作ってくれるアマルーラコーヒーとスナックをいただく。朝8:00頃、既にこの時間は暑いくらいだ。出発前の凍える寒さが嘘のよう。

僕らのこぼしたスナックのかすを狙ってか、きれいな鳥たちが近寄ってきた。

帰りがけ、最後のビッグ5であるライオンの群れがいるとの情報がレンジャーに届いた。早速、行先をライオンへ変更。目の当たりにした野生のライオンたちは、昇りきった太陽を避けるように、木陰に横たわって寝静まっている。しぐさは本当に猫そのものだ。

獰猛なライオンのかわいい姿をそっと楽しんで、2回目のサファリを終える。なんと2回のサファリでビッグ5すべてと出会えたことに、クルーガーのポテンシャルの高さを感じずにいられない。

ホテルに戻ったら、朝食、ランチを挟み、夕方まで自由時間。思ったより冷たく気持ちの良いプールで泳いだり、早起きした分を取り戻すようにベッドで寝てみたり。2度のサファリの思い出を振り返る写真整理もこの時間だ。コーヒーを入れて外のテラスに座ると、夢のような時間を現実に過ごしていることに改めて感動する。そんな僕を笑うように木の上の猿が鳴いた。まるで、東京の生活の方が夢だったみたいだ。

15:30からハイティーを楽しみ、3回目のサファリへ出発する。ビッグ5を制覇した僕らの次のお目当てはキリンとカバ。「OK!OK‼」と言って運転をはじめ、すぐにキリンを見つけるあたり、レンジャーの技量の高さには感心するしかない。走っている車から、どうやってキリンの影を見つけられるんだろう。。

高いところの葉っぱをのんびり幸せそうに食べるキリンを眺めていると、こっちまで幸せな気分になってくる。

次はカバの予定だったが、木の上にヒョウがいるとの報告が無線で届く。昨日よりもっと近くヒョウが見られるらしい。
相談の結果、カバをあきらめてヒョウを目指すことに。なんという贅沢な選択。

たどり着いた先のヒョウは、木の上で気持ちよさそうに寝ていた。おなかが膨らんでいるから、きっと、インパラか何か、野生動物を食べた後なんだろう。



しばらく観察していたら、ヒョウが歩き始めた。僕らのランドクルーザーの真横を歩き去り、今晩の狩りへ向かうようだ。今立ち上がったらヒョウに噛まれて死ねる。そんなワイルドな恐怖を感じながら、なんとかカメラのシャッターを切る。

音もなく静かに歩くヒョウを追いかけていたら、いつの間にか暗くなっていた。

わずかな夕日と星空を楽しむサンダウナー。そして夢のような1日が終わっていった。

<  to be continued ... >

「30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~」のINDEX

おすすめコレクション

タスマニア島の1本道をドライブでのんびり観光@オーストラリア

タスマニア島の1本道をドライブでのんびり観光@オーストラリア

今回は🇦🇺オーストラリア・メルボルン滞在中に2泊3日で行ったタスマニアについてご紹介させていただきます。 語学学校に通っていた頃、3連休を利用して近く・安く・ひとりで行ける場所を探した結果、タスマニアの州都ホバートではなく、北部に位置するローンセストン行き…
Good Morning, CS!!
by Good Morning, CS!! @VELTRA
30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ④

30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ④

滞在3日目・最後のサファリ 雲が多い今朝は、昨日より少しぬるく温かい。 とは言え、防寒対策は必要な気温だ。同じく真冬の身支度を済ませ、まだ暗い中、慣れた手順でサファリへ出発する。 既にビッグ5を制覇した僕らだが、4回目、最後のサファリには今までと違…
しゅんぞう
by しゅんぞう @東京
温泉と素敵な宿で心も体もあったまる@大分

温泉と素敵な宿で心も体もあったまる@大分

本日は、去年行った大分旅行についてご紹介させていただきます。 初めての大分でしたので、ガッツリ定番コースのご紹介と、別府で泊まったお宿がとても素敵だったのでお伝えできればと思います。 ♨️別府♨️ まずは「地獄めぐり」ということで、7つ全ての地獄を1.…
ゆうゆ
by ゆうゆ @東京
30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ②

30歳手前の僕・原点回帰の旅 ~南アフリカ・クルーガー国立公園~ ②

滞在1日目・初めてのサファリに感動の連続 クルーガーの旅は、香港とヨハネスブルグを経由して、大草原のど真ん中に建つスククーザ空港から始まった。 ヨハネスブルグ発のフライトの時点で横3列のとても小さな飛行機。なかなか乗ることのないサイズの飛行機に搭乗前から気分…
しゅんぞう
by しゅんぞう @東京
人気のコレクション
海外から旅行者が殺到!?八戸の朝市

1

海外から旅行者が殺到!?八戸の朝市

先日、青森県八戸市にある祖母の家へ行ったのですが、そこでインバウンドや観光について学んだことがありました。題して 「SNSが海外から八戸に旅行客を呼び集めた!?日本最大級の朝市の真相」🔍 祖母の家は鮫町(サメまち)🐟にあります。Shark Townそのままですが、サ…
クォッカへ会いにオーストラリア・ロットネスト島へ

2

クォッカへ会いにオーストラリア・ロットネスト島へ

結婚してオーストラリアに住む友達へ会いにパースへ。面白いところがあるよって連れて行ってくれたのがロットネスト島。島全体が自然保護に指定されていて手つかずの自然が残っているのだそう。二人で話しながら島を歩いているとひょこっとかわいい子が。この島にしかいない「クォッカ」!もうとって…
感動必至!ハワイでセスナ体験操縦をしてみたい

3

感動必至!ハワイでセスナ体験操縦をしてみたい

ハワイに行った同僚が、セスナを自分で操縦してきたと言って写真を見せてくれた。パイロット免許を持っていない素人でも、セスナの操縦ができるなんて私もセスナ体験操縦をしてみたい!経験豊富な教官が丁寧に教えてくれるから、子供でも体験できるみたい。しかも、1時間飛行できるコースもあるし、…
人気のコレクションをもっと見る