• facebook page
  • twitter page
  • line page

友人と二人でイギリスのロンドンへ。二人ともビートルズのファンだから、ロンドンからリバプールまで足を伸ばして聖地巡りをすることに。まずはビートルズ・ストーリー博物館をゆっくり見学した後は、4人が生まれ育った家や学校や「ストロベリー・フィールズ」などビートルズゆかりの地を巡るツアーに参加。この地でビートルズは生まれたんだな、と思うとなんだかすごく感動しちゃった。ビートルズに思いを馳せながらまわる旅は本当に楽しかった!

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


前期ビートルズの歴史が体験できるミュージアム

ザ・ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) 入場チケット☆事前購入で時間を節約!
★★★★★
投稿者:アキ坊
参加日:2019/02/05
リバプールと言えば、ビートルズ。ここが彼らの誕生から解散、ソロ活動までの歴史を紹介してくれます。小生が一番うれしかったのは、彼らが世界に飛び出す前のハンブルグやキャバンーンで活躍していた時代の展示や背景の解説が豊富なことです。逆にアメリカ進出以降の歴史はさらっと流していますが、それでいいと思います。なぜなら、ここはリバプール。ビートルズとリバプールの関係に十分にスペースを割くのは当然のことです。当時の様子を再現した部屋があり、1950年代後半から60年代前半のリバプールの文化が感じられます。関係者のインタビューが流れてきますが、日本語の解説音声が付きます。
見学終了後はカフェと、土産物販売スペースにルートがつながっています。この土産物店のアイテム数がすごい!多分世界一の品ぞろえかもしれません。財布と相談しながら、ショッピングを楽しんでください。
なおリバプールにはもう一つ、ビートルズ関係の展示館があります。元ドラマーだったピート・ベストの弟が経営する「ビートルズ・ミュージアム」で、こちらもお勧めです。こちらも一通り下積み時代から解散までの歴史を追っていますが、特にビートルズがメジャーデビューする前の(つまりピートベストがビートルズをクビにされる前の)展示が多く、彼もかつてはメンバーであったことを「証明」しています。
この二つをめぐると、あなたもビートルズ博士になれるかも?
館内に再現されたキャバーンのステージ
ピートベストの弟が経営する「ビートルズ・ミュージアム」

夢のリバプールへ

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>
★★★★☆
投稿者:Mejiro
参加日:2019/09/16
ビートルズファンには欠かせない巡礼の旅でした。
・ヴァージントレイン・・外国で列車に乗れるのか心配でしたが、全く簡単でした。送られてきたチケットのバーコードを検札するだけ。快適。
・リバプール・・向こうでは自力で行動しないといけないので、駅からキャバーンクラブ、アルバートドックまでの道のりはグーグルマップを使うと快適。時間があったのでリバプール大聖堂まで行ってしまった。
・ビートルズストーリー・・アルバートドックにあるビートルズ博物館。日本語ガイドもあったので楽しめました。
・マジカルミステリーツアー・・ほぼ白人高齢者で、東洋人の参加は私一人でした。日本語ガイドブックが1ポンドで購入できます。英語の聞き取りに自信がない人は写真をよく見ておくといいと思います。
メンディップス ジョン・レノンが育ったミミ伯母さんの家(車窓左側撮影)
ストロベリーフィールド(下車)
ペニーレーン床屋(車窓左側撮影)
ジョージ・ハリスン生家は12番ドア(下車)
ジョンとポールが出会った聖ピーターズ教会(車窓右側撮影)
リンゴ母の職場エンプレスパブ(車窓右側撮影)
ポールの家(下車)
ペニーレーン(下車)

50年来の夢、ビートルズ巡礼

ビートルズの軌跡を辿る!マジカルミステリーツアー<キャバンクラブ入場/リバプール発>
★★★★★
投稿者:johnpaul
参加日:2019/06/28
初リバプールです。
ファブ4の育った家や環境を見れて、彼らがどのように巡り合い、どのように毎日をこの街で、この環境で、この空気を吸い、過ごしてたのかを少しでも感じられたのは素晴らしい収穫です。

全く空気の違う日本で、本やDVDなどで想像していた世界とは違って、とてもリアリティがありました。
10代の彼らが街角から飛び出しそうな、そんな感動を覚えました。

唯一残念だったのは、ジョンとポールが出会った教会を素通りしたこと。
恐らく道が狭くて駐車出来なかったんでしょう。

それでもファンには十分価値があるツアーです。

ガイドの英語は聴き取り難しいので日本語パンフ必携

ビートルズの軌跡を辿る!マジカルミステリーツアー<キャバンクラブ入場/リバプール発>
★★★★☆
投稿者:栗コロッケ
参加日:2019/06/18
受付場所に日本語パンフを売ってるので買いましょう。
そうでないと訛りのキツイ早口の英語ガイドなので、よほど聴き取りに自信がある人でないと難しい。
でも、個人では行けそうにない、ビートルズ関連スポットを要領よく回ってくれるので、それは大変便利。
他の参加者は世界中から集まったビートルズファン、多くは年寄りで、バスの中が歌声喫茶と化して大合唱です。
ジョージの家
ポールの家

感動の一日でした。

ビートルズの故郷 リバプール日帰り観光&マジカルミステリーツアー<ロンドン発> by Evan Evans
★★★★☆
投稿者:Willたん
参加日:2020/01/04
EvanEvansの待ち合わせ場所がわからず焦りました。列車の席は隣同士し良かった良かった。程よい自由行動でマシュー・ストリートを探したりビートルズ・ストーリーを見学しました。マジカル・ミステリー・ツアーも1ポンド
で日本語のガイドブックを買いましたが英語が出来たならもっと楽しめた事でしょうね。その後もバスチケットについてた特典でキャバーン・クラブに入場しビールを飲みながらショーを見ました。感動感動 幸せな一日を過ごすことが出来て大変満足です。
マシュー・ストリートのジョンレノン

キャバーンクラブが忘れられない!!!

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>
★★★★★
投稿者:RUSHAR
参加日:2019/07/26
列車でロンドンからリバプールへ。田舎なんだろうなと勝手に想像していましたが、とても洗練された町でした。
ビートルズストーリーに入場する際、「バウチャーがないと入場できない」と言われ、確か印刷したはずとすべての印刷物を提示しましたが、そこにはビートルズストーリーのバウチャーがありませんでした。ベルトラへ電話して事情を説明し、入場口のスタッフとその電話で交渉してもらい、やっと入場できました。マジカルミステリーツアーも同様でした。

ベルトラスタッフ「バウチャーは、メールに添付して送信しているはずですが…」
私「届いていません」
ベルトラスタッフ「この度は、申し訳ございませんでした」
私「いいですよ」
そんなやり取りをして、キャバーンクラブへ。ここはあたり一帯がビートルズ一色です。観光客
がノリノリで、まるで初期のビートルズといっしょにいるみたいな感覚になります。一緒にツアーに参加した13才の娘も、「キャバーンクラブは最高」と言っていました。
感動冷めやらぬうちに帰宅して、改めてメールを確認したところ、なんとバウチャーが添付されたメールがありました。ベルトラスタッフの方、本当にごめんなさい。また、温かい対応をしていただき、心から感謝しています。
ビートルズとスタッフの対応が、キャバーンクラブを一生の思い出の場所にしてくれました。ありがとう!
キャバーンクラブのジョン

  • facebook page
  • twitter page
  • line page