ラオスといえば、どこの何が有名?

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

「世界で一番行きたい国」と称されるラオスで外せないのが古都・ルアンパバーン。世界遺産にも登録された歴史ある街並みが特徴で、仏教国であるラオスを象徴するような寺院が建ち、街では修行僧の托鉢が見られるの。中でも「ワット・シェントーン」は16世紀に建てられた寺院で、壁には黒地に金の装飾が施され、まさに絢爛豪華。他にも、プーシーの丘からは美しい夕日と街がオレンジ色に染まっていく様子が眺められて感動!ナイトマーケットでは可愛い雑貨もいっぱいで楽しめたし、魅力溢れる街だったよ!

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


ラオス ルアンパバーンの観光全てを凝縮!

パクオー洞窟とクアンシー滝<1日/昼食付/ルアンパバーン発>
★★★★★
投稿者:myjoke
参加日:2019/03/12
【行程】
8時集合→蚕・織り見学→サンコン村でお酒試飲→パクオー洞窟見学→船上ランチ→クァンシー滝で水浴び・飛び込み→モン族見学→5時半解散

【感想】
一人で回るには難しいところを、船・車で回ってくれ、さらにガイドさんの解説もあり、広く深くラオスについて知ることができました。
ラオラーオ(50度のお酒)の試飲は刺激的で面白かったです(笑)。パクオー洞窟も規模が大きく、行く価値あり。船上レストランはご飯・お酒・景色全てが最高でした。
一通り見た後はアクティビティとしてクァンシー滝で40分ほど遊びました。ここではインスタ映えな写真かなり撮れるのでオススメです!

【まとめ】
「聞く・見る・食べる・遊ぶ・寝る」の全てが揃ったこのツアーは行く価値ありです!
20000円でも行きますね(笑)。

ただ、船や車での移動時間は、それぞれ1時間超えることがありますが、フォトジェニックな写真をたくさん撮ったり、昼食後に昼寝したり、ガイドさんと会話してラオスのことを知ったりと、いくらでも充実させられます。
スタッフの方々ありがとうございました!
クァンシー滝にて

ラオスの魅力がぎっしりでした!

世界遺産ルアンパバーンで托鉢体験!早朝の風物詩と郊外の観光スポットを1日で巡るツアー<日本語ガイド/昼食付>
★★★★★
投稿者:やまもと
参加日:2019/05/04
托鉢大会、メコン川クルーズと洞窟、クワンシーの滝での川泳ぎと大満足の一日でした。ガイドさんは日本に五回行ったことがあるそうで本当に日本語上手でした!
素朴で優しいラオスの方々の国民性と、ゆる〜いラオスの雰囲気を感じてとてもいやされました。ゴールデンウィーク中にもかかわらず、1人参加になったので、追加料金がかかり、3万円にもなったのは少し厳しかったですが、本当に楽しめました!

充実した一日です!

パクオー洞窟とクアンシー滝<1日/昼食付/ルアンパバーン発>
★★★★★
投稿者:さとぎん
参加日:2019/06/06
朝8時にガイドさんが私たちをピックアップ。
そこからすぐに、紙すきをしている村へ見学に。
その後、メコン川クルーズへ。
メコン川クルーズは、のんびり、ぼんやり、ゆったりとした時間が過ごせます。トイレもきれいだし、揺れないし、緑の山々を見ながら心がのんびりできます。

うとうとしている頃に、
パクオ洞窟へ。
沢山の仏像に囲まれた不思議な洞窟です。
ガイドさんいわく、この洞窟では、仏様のお力で、蜘蛛の巣がはらないですよ!
とおしてくださいました。


その次は、お酒を造っている村に行きます。
そこで買うことをお勧めします!
ナイトバザールでも同じものをうっていますが3倍の値段してました。

クワンシ―滝は本当に美しい!
水しぶきが涼しく、某番組でイモトさんも泳がれたとか。
水は澄んでいて魚もたくさん泳いでいました。

その後、刺繍を生業としている村にいってホテルへ。

とてもゆったりした、のんびり旅で。本当にお勧めです!

充実した1日でした

パクオー洞窟とクアンシー滝<1日/昼食付/ルアンパバーン発>
★★★★☆
投稿者:TKO
参加日:2019/03/05
2泊3日という短い滞在中に効率よく観光するためこちらのツアーを利用しました。ガイドのSAOさんは日本に行った事がないそうですが分かり易い日本語で丁寧に色々教えてくださいました。
田舎ののんびりとした雰囲気を味わいながらメコン川をクルーズしたり、立ち寄った村でラオスの人達の素朴な生活も垣間見れて日々時間に追われて生活している自分を振り返るいい機会になりました。
ランチはラオス料理をいただきましたが、一人参加でしたので半分は残してしまいました。品数が多いのはいいですが、一人参加の場合前もって量を少なくオーダーしてもらえるとお料理を無駄にしなくていいと思いました。

象使いライセンスゲット!

象使いライセンス取得ツアー 象を自由に乗りこなそう!<日帰り/ルアンパバーン発/英語ガイド>
★★★★☆
投稿者:myjoke
参加日:2019/03/13
象使いライセンスを取得しに、このツアーへ参加しました。ガイドさんといろいろ話すと、このライセンスを取得しに来る日本人は年間約25人とのこと。激レア!ということでやる気アップ!

午前中は1時間の象乗りを2回、餌やり1回、象語を覚えるのを40分程度。昼食を頂き、午後からは餌やりと水浴びと30分散歩で一日終了。
1日かけてライセンスをもらうので、感覚としては実技(象乗り)と学科(象語を覚える講習)の原チャリ免許を取りに行くようでした。

とは言っても全てが新鮮で、のどかで、ゆっくりしながら楽しめました!

ただあまりにも、のどかでゆったりペースなので、刺激が欲しい人、また虫刺されや葉っぱに触れると腫れるという肌が弱い人には、あまりオススメできません。
僕自身、少し退屈になるときがあったり、葉っぱに触れて赤いポツポツが何個かできましたが、経験がライセンスという形として残るので、やる価値は十分にあると思いました!
スタッフの方々、ありがとうごじいました!

可愛いゾウ達がたくさんいます!

象使いライセンス取得ツアー  象を自由に乗りこなそう!<お手軽1泊or充実2泊プラン/ルアンパバーン発/英語ガイド>
★★★★☆
投稿者:ロン子
参加日:2019/01/02
1月上旬に1泊2日コースに夫婦二人(40代前後)で参加。
日帰りの家族連れ等々はいらっしゃいましたが、1泊2日以上は私達だけでした。
ここのゾウたちはとても人懐こく、他に無い体験が出来ました。
自分たちで刈ったバナナツリーを喜んで食べてくれる姿は、癒されます。
とても楽しい時間が過ごせました。


今後参加される方へ参考になれば…。
(全般)
1月上旬のラオスは11月中旬の日本の寒さ。
良く晴れた日の日中は半袖でもちょうどいいですが、
曇り空の日は終日トレーナーやセーターがある方が良いです。
(コースについて)
プランとしては、1)ゾウへの指示を学ぶ、2)象使いと一緒にゾウに乗って散歩・餌やり、
3)ゾウに乗り降りなどの練習、4)川遊び(頭からずぶ濡れになります)、5)ゾウを寝床(裏山の頂上近く)まで山を登って連れて行く、
6)翌朝、再度裏山に登りゾウを迎えに行く。
1泊2日は時間的余裕があり、
2日目のお昼前からTadSaeという所へ観光へ連れて行ってもらいました。
ゾウ体験のみで良いという方は、日帰りでも十分かもしれません。
また、寒くても「象との川遊び」は敢行されます。
→楽しいですが、さながら寒中水泳でした。
夏場ならさぞかし楽しかったかと…。
ゾウは夕方裏山のようなところで寝るそうで、川遊びが終わったらそこまで連れて行くことがプランに組まれていますが、
道無き道を登っていきます。
→長袖長ズボンは必須(枝で擦り傷切り傷が…)。
象使いたちは登り慣れてますが、私達はついて
行くのに必死でした。
(施設)
バンガローではなくホテルでしたが、
お部屋は十分な広さでした。
寒かったせいか、お湯はすぐ出なくなったりしますので注意してください。
テレビ、wi-fiはありません。
(ゾウ)
プーケットでも象散歩体験をしましたが、
ここのゾウたちの方がとても大人しく、また人に慣れていて可愛かったです。
ここからずぶ濡れになりますので、風邪をひかないように気を付けましょう。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page