ラオスといえば、どこの何が有名?

ラオスといえば、どこの何が有名?

「世界で一番行きたい国」と称されるラオスで外せないのが古都・ルアンパバーン。世界遺産にも登録された歴史ある街並みが特徴で、仏教国であるラオスを象徴するような寺院が建ち、街では修行僧の托鉢が見られるの。中でも「ワット・シェントーン」は16世紀に建てられた寺院で、壁には黒地に金の装飾が施され、まさに絢爛豪華。他にも、プーシーの丘からは美しい夕日と街がオレンジ色に染まっていく様子が眺められて感動!ナイトマーケットでは可愛い雑貨もいっぱいで楽しめたし、魅力溢れる街だったよ!

  • モン族の方がお家をみせてくれました。美人な女の子がたくさんいる村でした。

「この町で何をして過ごすか?」を決めるのにピッタリ

投稿者:Lee
参加日:2016-11-04
TukTukとの交渉がわずらわしくて、ツアーを使いました。
効率よくまわれたのでよかったです。

事前にナイトマーケットの商品をみておきました。
ガイドさんに相場の相談にのってもらったので、買い物で不安になることがなく、よかったです。

ネットの検索だけですと何をして過ごすか、決められませんでした。
ガイドさんとの会話から「この町で何をして過ごすか?」を決めました。

のんびりしたいい街でした。

トウありがとう

投稿者:Stk
参加日:2017-03-26
ツアーに参加していなかったら、ただお寺の外観を見て、綺麗だな、で終わっていたと思う。ツアーに参加したおかげで、たくさんの寺の歴史をそれぞれ知ることができて、とてもおもしろかった。
クァンシーの滝の前に食べたラオス料理も、私ひとりでは何が美味しいか分からなかったけど、ツアー担当のトウのおかげで、日本人の口に合うラオス料理を選んでくれて、最高なひとときを過ごせました!
モン族の村でも、私はラオス語が話せないから、トウに通訳してもらって、話をすることができて楽しかったです!
ひとり旅だったので、中々自分の写真を撮ることはないけど、トウがたくさん撮ってくれたので思い出が増えました( ◠‿◠ )
本当にトウには何から何まで感謝です!ありがとうございました!!

サウナで地元の人と交流

投稿者:シショウ
参加日:2017-12-10
早朝のビエンチャン発で朝に到着、午後からひとりで観光。
町自体が小さく、ほぼガイドさんと歩いて観光も2時間で終了。
ガイドさんに教えてもらった地元の人が行くサウナで余った時間を過ごしましたが、サウナが一時的に温度が上がらず30分復帰待ちの間に地元の人と裸で交流。片言の英語でしたがみんな気さくでとても親切でした。
有名な滝も観光コースに入れてもらえればさらに充実したツアーになると思います。

結構おすすめです

投稿者:よっちゃん
参加日:2018-04-15
ラオス人の友人と二人で予約しましたが、貸切でした。
パクオー洞窟へは雄大なメコン川の船旅、紙すきの村からは車に乗り換えてクアンシーの滝への移動です。
船は途中で酒造りの村で休憩(試飲も出来ます、美味しかったので小瓶を3種類買ってしましました)。
ガイドさんは友達にラオ語でも説明してくれていました。
パクオーの洞窟は懐中電灯を持っていった方が良いと書いていましたが、我々は少人数だったためか洞窟の入り口で貸してもらえました。
洞窟見学の後、川の反対側で昼食をとりますが結構美味しかったです。
クアンシーの滝はソンクラン休暇中のためか観光客が多かったように思いますが、綺麗で行く価値はあると思います。
料金は少し高いかなと思いましたが、貸切だったし個別で船とトゥクトゥクをお願いするより良かったかなと思います。
ルアンパバーンもそうですが、ラオスは全体的に居心地が良いです。
ガイドさん、船頭さん、ドライバー全員フレンドリーでした。
  • 村にて
  • クアンシー滝

満足できました

投稿者:一旅人
参加日:2018-01-06
クアンシー滝、大変魅力的な美しさで大満足。景色を楽しむ者にとっては水浴びをする人は邪魔でしたが。
ところで、今回、私一人だけのツアーとなりました。実は、前日の現地到着が昼頃だったので街歩きをしているうちに多くのところを回ってしまっていたことを話したところ、代わりにメコン川を渡って対岸の古い村並みを案内していただくことができ、ラオスの伝統的な暮らしを目の当たりにできました。本当に良い経験をすることができました。

トム・クルーズのアドベンチャー?

投稿者:たにやん
参加日:2016-10-30
前期高齢者3人(家内と実の弟)で参加。約束通り朝8時前にホテルフロントへガイドが来ました。ガイドさんはラオスの日本語学校卒業のテーさん(自分の手を指して私の名前はテーですと自己紹介)ドライバー付きのトヨタの12人乗り位のワゴン車でのお迎えです。快適!
紙漉や手織りの絹織物の村を見学した後、メコン川を遡りパクオー洞窟に向かいます。船は画像のようにガイドさんと4人では余裕ありすぎ。トイレついています。きれいでした。洋式ですからビール飲んでも心配ないです。パクオー洞窟観光とお参りを済ませて、対岸のレストランで昼食。メコンの魚料理とてもおいしかった。もちろんラオビール最高でした。
この後ラオ焼酎と手織りの村を訪ねて再びワゴンのお迎えでセー滝(この時期はクアンシー滝とセー滝どちらかを選べます)へ。セー滝まで小さなボートで行くのですがこれがトム・クルーズ的。セー滝は中国の黄龍を小さくした印象でした。こんな世界遺産的なところで水浴出来るなんてねー!!
ホテルに帰ってから一休みして、ナイトショッピングや屋台案内となっていましたが、私たちのホテルはそのど真ん中だったので、夜の部はなしにしてもらいました。料金には反映しませんよ!
写真参照

マイナスイオンいっぱい~~

投稿者:トビー
参加日:2017-07-30
朝、約束の時間より少し早くガイドのトーさんがホテルに迎えに来てくださいました。私と友達の2人きり。まずはサンコー村でシルクを織っているところを見学させてもらい、私はきれいなテーブルランナーを購入。町中でもよく似たのを見ましたが、村で買った方が織が丁寧で値段もずっと安かったです。その後焼酎作りの村を訪れたあとボートでパクオー洞窟へ。このクルーズがとても気持ちよくて最高でした!!パクオー洞窟は神秘的な雰囲気。その後美味しいラオス料理のランチをいただいた後、クアンシーの滝へ。ここは水着必携!!水が冷たくて気持ちよく、癒されました。帰りにモン族の村に寄り、かわいい子供たちと記念写真を撮ってホテルに帰りました。美しい花、あふれる緑、ガイドさんも運転手さんもとても親切で、本当にいい思い出になりました。

楽しすぎました!

投稿者:kobu
参加日:2017-12-28
ラオスのツアー全体に言えたのですが、時間の感覚がのんびりなのか、40分遅れでピックアップに来たので、最初はかなりハラハラしました。
アクティビティ自体は本当に楽しかったです!
それほど人がいなかったのもあり、自分のペースに合わせてスケジューリングしてくださり、宿も本当に綺麗で過ごしやすく、WiFiも使えて過ごしやすかったです。
個人的にはもっと象と触れ合いたかったとも感じましたが、普段使わない筋肉を使ったりすることを考えると、ちょうど良かったのかなと思います。
  • 水浴びで背中にかけられたらびしょ濡れだろうね!
  • 貴女、寄り道好きね。でも、急ぐ旅ではござんませんからどうぞ。

象乗り+モン族村観光ツアー+クアンシー滝

投稿者:ようさん
参加日:2018-03-03
ガイドさんの日本語力は問題なく、さい先が良い感じでスタートしました。
象乗りは先客のあとで二週目でしたので、立ち止まりや寄り道が多かったですが、それが余計に楽しく感じられました。皆さんの口コミ通りたっぷり一時間周遊して写真もたくさん撮っていただきました。

モン族村観光や土産物屋は人が少なかったので、じっくり見ながら交渉してどれも約3割引くらいの値引きができました。あとでガイドブックをよく見たら、ラオスはふっかけるような値付けはしていないから1割くらいが妥当らしいとのこと。でも、価格は需要と供給のバランスで決まるからこれで良いですよね。

昼食は中韓団体客が来る前に着いたので、静かなテラスで気持ちよく頂きました。日本語を話せる支配人だか店長は愛想は良いけれど、ビールの追加オーダーをすぐに忘れて他の仕事にかかるのはご愛嬌か。いずれにしても他の東南アジア諸国と比べておおらかでガツガツと物を売りつけようとしない国民性はとても居心地が良いです。

クアンシー滝は日本のどの滝よりも素晴らしいと思いました。泳いでいたのは欧州人だけでしたが、老いも若きもヒモビキニで人の目を気にしないで十分楽しんでいる姿はうらやましい!
地元の人たちが飲食物を持ち込んで宴会をやっていましたが、こんな素晴らしい環境で年中飲み食いができるなんて本当に幸せなことでしょう。

きれいな滝でした

投稿者:Yuta
参加日:2018-04-01
ルアンパバーンの街はコンパクトで観光に時間がかからないこともあり、郊外に足を運ぶべくこのツアーに参加しました。クアンシー滝は非常に美しく、参加した甲斐がありました。モン族の村は生活の様子がわかりそれはそれとして興味深かったです。私は日曜日に参加したので子供達の学校が休みだったこともあり、民族衣装を着た女の子達をたくさん目にすることができました。一方で大人は普通の格好だったため、平日に参加すると民族衣装を着た方々に会えるのかどうかちょっと心配になりました。