こっそり教えるアイルランドのキラキラポイント3選!

こっそり教えるアイルランドのキラキラポイント3選!

アイルランドの主な観光地と言えば、トリニティ・カレッジ図書館、モハーの断崖、ギネス・ストアハウスなどをよく聞くけど、今日はアイルランドのキラキラするポイントを3つほどご紹介!

★キラキラポイント1:アイルランド音楽 (Irish Music)★
アイルランドと言えばケルト音楽!アイリッシュハープの癒しの音色も良いけど、オススメはやっぱり激しい曲!中心部のパブでは観光客向けに生演奏もやっているので、ダブリンに行ったらぜひ聴いてみたい音楽。運がよければタップダンスもやってくれます!

★キラキラポイント2:アイリッシュパブ (Irish Pub)★
アイリッシュはとにかくお酒が大好き!アイルランドの有名なお酒と言えば、ギネス・ベイリーズ・アイリッシュウイスキーあたり。パブに行けば日本ではめったにお目にかかれない、様々な銘柄のアイリッシュビールが飲めるのも魅力のひとつ!

★キラキラポイント3:エメラルドの島 (Emerald Isle)★
アイルランドは首都ダブリンにも緑がたくさん!フィヨルドやグランドキャニオンのような圧倒的な大自然ではなく、小さな自然がたくさんあるのもアイルランドのオススメポイント!

キラキラポイントを参考に、アイルランドを楽しんでもらえたら嬉しいです!

よい旅が出来ました。車窓からの風景がとても綺麗。

投稿者:カモメ
参加日:2018-08-18
6:40amに集合だったのですが、他の方のレビューに早めに行った方が良いと書いてあったので、20分頃に集合場所へ。すでに結構な人数が待っていました。30分くらいに係りの人が来て、バスまで誘導してくれました。
日本人は私含め4人ほど?ほとんどはヨーロッパの観光客だったと思います。
8:30頃にサービスエリアで15分位トイレ休憩と食料調達が出来ますが、小さなサービスエリアなので、レジが混み合います。
モハーの断崖、バレン国立公園、ゴールウェイと色々回りますが、個人的にはモハーの断崖ともう一ヶ所くらいで十分かなと。バレンは一部分に停車して自由時間15分で、巨人のテーブルには行きません。お昼は45分くらいでした。ドゥーリンは、町と言うよりも4、5件のお店が並んだ休憩所のような…?
ゴールウェイに至っては1時間だったので、街を探索するには微妙な時間です。バレンかゴールウェイか、どちらかを削ってもいいと思いました。
ただ、ダブリンから日帰りでモハーの断崖まで行けるのは本当に便利です。片道3時間弱は結構辛いですが。。
バスから見える景色は素晴らしかったです。海沿いのアイルランドの素朴な民家、風化した石垣、当たり前のようにいる牛や羊など、ダブリンシティでは見れない風景が見れて、「異国に来たんだなあ」と、感慨深いものがありました。
車内も、ドライバーさんが合間合間に見所など説明してくれたり、アイリッシュ音楽をかけてくれたりして、良い雰囲気でした。
集合時間もその都度ホワイトボードに書いてくれたので分かりやすかったです。
次回は是非ジャイアントコーズウェイのツアーに参加したいです。
  • モハーの断崖
  • モハーの断崖
  • バレン高原
  • ゴールウェイの街並み

絶景でした

投稿者:ゆみげん
参加日:2018-08-11
集合場所にはたくさんの人がいて、この日はバス3台に分乗する人気でした。途中、トイレ休憩を挟みながらモハーの断崖に到着。曇り空でしたが、絶景を楽しむことができました。
昼食の時間が短く、提携しているレストランでアイリッシュシチューを頂き(寒かったので)ゴールウェイへ移動する途中でバレン高原に下車観光。ゴールウェイは残念ながら自由時間が1時間で雨も降ってきたためあまり観光は出来ませんでした。
英語が全くわからず不安でしたが、運転手さんは割とゆっくり話していたりバスに戻る時間を何度も伝えてくれて助かりました。唯一失敗したのは、トイレ休憩のあとにバスを乗り間違えことです。同じバスも多いので(今回は3台)ナンバーを控えるなど気をつけて下さい。
はじめてのニュージーランドへひとり旅!

はじめてのニュージーランドへひとり旅!

転職活動の合格通知を受けて、新しい会社へ入社するまでに時間が出来た。思い切ってひとり旅でニュージーランドへ行ってみることに。今回の旅はオークランド(北島)からコロマンデル半島をぐるっと旅して、クイーンズタウン(南島)へ移動するプラン。 クーンズタウンはその名の通り「女...
グレートバリアリーフの真ん中でサンゴ礁に囲まれたい!

グレートバリアリーフの真ん中でサンゴ礁に囲まれたい!

一度は訪れたかった世界遺産の海。ケアンズから少し行ったところにある小さな島「ミコマスケイ」で体験した奇跡のような海の話をお届けします。 1. 白砂の島との出会い そこは1日に100人という入島制限のある星砂の島。サンゴのかけらが鳴らすカランコロンという音が印...