アイスランドで一生分の花火を見て年越しカウントダウン

  • facebook page
  • twitter page
  • line page

年末にアイスランドに行くんだ、と友達に話したらオススメされたのがレイキャヴィークの年越しイベント。日本で年越しというと厳かな雰囲気だけど、アイスランドではお祭りムード満載なんだって。海外のカウントダウンも見てみたいと思いツアーに参加したよ。最初はかがり火が焚かれ、極寒の中、火の暖かさが身にしみたなぁ。そして、街が見渡せる高台へ移動。カウントダウンが近づいてくると、街中で無数の花火が上がってびっくり!しかも、これ一般家庭でそれぞれ上げていると聞いて更に驚愕。街中見える範囲全てから花火が上がって、これ一生分の花火を見たんじゃないかというぐらいの規模だった。最高の年越しになったよ!

このスポットの情報はこちら
年越しカウントダウン・イベント (季節限定ツアー) | アイスランドの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
アイスランドのお祭りムード満点の夜は、素晴らしい思い出となることでしょう♪澄んだ空気の中、数千発の花火はいっそう華やかに舞います。大切な方やご友人と一緒に、そしてお一人でも、花火に染まる空の下でシャンパンを片手に現地の人と新年を迎えましょう!
www.veltra.comで見る >

TRAVELERS REVIEW

みんなの体験談


街中、花火!

2018年12月31日限定!かがり火&年越しカウントダウン・イベント<シャンパン付/レイキャヴィーク発>
★★★★☆
投稿者:ちゃーとあご
参加日:2018/12/31
アイスランドでは日付が変わる時に街中で個人が花火を打ち上げると聞いたので、それが見たくてこのツアーに参加しました。
まずは大きなかがり火を見て、そのあとペルトランの丘の上に行って年越しの花火を見ました。花火はすごかったです!本当にあちこちで花火が上がっていて、特に日付が変わる15分くらい前から花火の数がどんどん増えて、どこを見ても花火があがっていました。みんなでカウントダウンとかはなかったのですが、それぞれが思い思いに楽しんでいる感じもよかったです。
ガイドさんはペルトランの丘の展望台にのぼれると言っていたのですが、手違い(?)で入ることができず、とても寒かったです。行かれる方はしっかり防寒することをお勧めします。

圧巻の一言につきます!

2018年12月31日限定!かがり火&年越しカウントダウン・イベント<シャンパン付/レイキャヴィーク発>
★★★★☆
投稿者:jns
かがり火は大型バスが何台もありましたが地元の人も沢山いて、アイスランドの大晦日の過ごし方を少し垣間見れた気がしました。またその時の花火は目の前で上がってど迫力!
そしてその後市内の高台から見た街中からあがる花火は圧巻でした!
あの光景はここでしか見れないのでは?

360度見渡す限りの打ち上げ花火

2018年12月31日限定!かがり火&年越しカウントダウン・イベント<シャンパン付/レイキャヴィーク発>
★★★★☆
投稿者:やすT
参加日:2018/12/31
レイキャビクの年越し花火の存在は、ラジオ番組「オードリーのオールナイトニッポン」における若林さんのトークにて初めて知りました。ラジオを聞いたのが2018年の正月、1年後の2018年末にこのツアーを利用して参加となります。

参加前は、「花火を見るだけ」という軽い気持ちで参加しましたが、小高い丘の上から街を見下ろし、360度どこを見ても打ち止まることがなく連続して打ち上がる花火には圧巻。カウントダウンと共に打ち上げられた無数の花火には感動すら覚えました。
日本の花火のように一発一発に命が込められているものではないのですが、質より数で圧倒されるまたとない経験でした。

個人的に気になった注意点
①かなり冷え込みますので、しっかりと防寒対策をしましょう
②地上では子供たちが手持ち花火を振り回しているので火に気を付けましょう
 ⇒子供が投げた手持ち花火が体にぶつかって怖い思いしました

最高です!!

2018年12月31日限定!かがり火&年越しカウントダウン・イベント<シャンパン付/レイキャヴィーク発>
★★★★★
投稿者:apple617
参加日:2017/12/31
前にBSの番組で見たこの花火イベントを見るために今回アイスランドに行きました。目で見えるすべての範囲で街中であがる花火は圧巻です!!
かがり火もセットでそんなに期待はしていませんでしたが、地元の人たち(家族連れ)の大晦日の雰囲気を味わえてなかなかよかったです。
ツアー利用者は想像以上、他社も合わせてかもしれませんが大型バス7台くらい出動していました。大晦日にたくさんの人が働いていてヨーロッパにしてはめずらしい。ありがたかったです。間違いなく心に残るカウントダウンでした。

  • facebook page
  • twitter page
  • line page